smart Web

注目の現代アーティスト三浦大地、大規模アート展を開催!肩書きに捉われない“DIALETHEISM”な作品群について想いを語る

執筆者:

現代アーティスト三浦大地、大規模アート展を開催

この記事の画像一覧を見る(16枚)

様々な肩書をこえて多岐に活動する現代アーティスト・三浦大地。丸いサングラスに、ぽってりとした真っ赤な唇がトレードマークの「Josie」を代表的な作品としており、根強い人気を誇っていますよね。そんな三浦大地氏の大規模アート展が、東京・伊勢丹新宿店 本館6階 催物場にて現在開催中とのこと。同会場でのアート個展の開催は、2022年7月の自身初のアート個展以来、約1年半ぶり2回目なんです。

今回は、この大規模アート展「DIALETHEISM(ダイアレジイズム)」に行ってみました。三浦大地氏本人が語る作品への想いも伺ったので、ぜひチェックしてみてください。

200点以上の新作が登場する大規模アート展

本展のメインテーマは、「DIALETHEISM(ダイアレジイズム)」

本展のメインテーマは、「DIALETHEISM(ダイアレジイズム)」。これは、真矛盾主義と訳され、真なる矛盾が存在するという哲学上の立場のことを意味しています。善と悪、物質社会と精神世界、ポップなイラストレーション作品と自然から生まれたクリスタル作品……このように、一見すると相反して矛盾するような事柄も、実は合わせ鏡のようにつながっている―。矛盾に満ちた世界を肯定することで生まれたアート作品群が、来場者に新たな“気付き”を与えてくれそうです。

237点もの新作も登場!

代表的なファッションアイコンイラストレーション「Josie’s RUNWAY」やクリスタル作品をはじめ、237点もの新作が展示されています。エネルギー溢れるアート作品群を観ていると、体の奥底からパワーがわいてくるよう。真っすぐな力強さを感じます……!なんとこの作品たちは、購入することも可能でした。気に入った作品があれば、ぜひお部屋に飾りたいものですね。

この記事を書いた人

黒川すい

黒川すい

アパレル業界に勤めた後、フリーライターに。ファッションはもちろん、グルメ、エンタメ、お出かけ情報など幅広いジャンルの執筆経験あり。ウェブを中心に活動中。趣味はアートトイの収集や喫茶店巡り、読書。

Instagram:@mercredi_7.pm

この記事をシェアする

この記事のタグ

01

19:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

【アイナ・ジ・エンドも出演】プールが会場!?ライブアート”通底縁劇・通底音劇”「不思議な愛な富津岬」が新感覚すぎた

【村上隆】主宰ギャラリーで個展開催!ディオールとのコラボにも登場した大谷工作室のオリジナルキャラクター怪獣『タニラ』の魅力に迫る

【村上隆】主宰のギャラリーで好評だったナカザワショーコの個展。幼少期に魅せられた生き物たちの共存、調和を描く

「セクシーロボット」が鎮座するトートバッグがインパクト大。ステラマッカートニー×空山基のコラボコレクション

村上隆がサンフランシスコで“壮大な”個展を開催中!コロナ禍や自我がテーマ

【村上隆14年ぶりの版画展をレポート】版画やプリントED作品のみを展示!ハイクオリティ作品群に注目

smart(スマート)公式SNS