smart Web

  • facebook
  • X
  • Instagram
  • Pinterest
  • Youtube
  • LINE

smart 最新号

smart2024年8月・9月合併号

smart2024年8月・9月合併号

2024年6月25日(火)
特別価格¥1,690(税込)

smart 最新号を見る

閉じる

「椅子に座ったイケメン」でバズったメンバーは…? 日本シングル「誓い(CHIKAI)」をリリースしたTXTと過ごすロマンチックな夏がスタート

執筆者:

韓国の5人組ボーイグループ、TOMORROW X TOGETHER(トゥモロー・バイ・トゥギャザー/TXT)が7月4日(木)、都内にて日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースを開催。会場に集まったMOA(ファンの呼称)に、日本オリジナル曲「ひとつの誓い (We’ll Never Change)」(ウィル ネバ― チェンジ)と「Deja Vu [Japanese Ver.]」 (デジャヴ ジャパニーズバージョン)を披露。さらに開催が迫る日本4大ドームツアーへの意気込みを語った。

この記事の画像一覧を見る(4枚)

日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースの模様をレポート

7月4日(木)に東京都内にて、日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースを開催した韓国の5人組ボーイグループ、TOMORROW X TOGETHER

音楽番組での「椅子に座っているイケメン」姿がSNSで話題に

TXTは、SOOBIN(スビン)、YEONJUN(ヨンジュン)、BEOMGYU(ボムギュ)、TAEHYUN(テヒョン)、HUENINGKAI(ヒュニンカイ)からなる5人組ボーイグループ。全員がセンター級の国宝ビジュアル、爽やかで幻想的なパフォーマンスが人気を呼び、米ビルボード200で1位を獲得、海外の大型フェスにヘッドライナーとして招待されるなど、世界中にその影響力を拡大している。

当日の会場は野外ステージ。夕方とはいえ、暑さと期待で開演前からMOAの熱気は最高潮。その熱気を察してかMCの古家正亨氏が先んじて登場し、「メンバーを待つあいだに応援を練習してみましょう」と「誓い(CHIKAI)」の掛け声を一緒に練習。「SNSでここのタイミングが難しいという声を見ました! やってみましょう」とさすがの心遣いを見せ、MOAも感嘆の表情に。

メンバーが登場すると、声出し練習の成果か割れんばかりの歓声が! 白を貴重にした衣装に身を包んだ彼らは、見ているだけで涼しくなるような爽やかさ。脚を怪我しているBEOMGYUは椅子に座っての参加となり、心配そうなMOAに応えるように笑顔を見せていた。数日前に放送された音楽番組で「椅子に座っているイケメン」としてSNSをざわつかせたBEOMGYUだが、それも納得の輝くビジュアル。フォトセッション中、メンバーがハートをしたり手を振ったりするなか、虫が飛んできたのか、びっくりするYEONJUNを目撃。MOAから「猫ちゃん」として愛されているYEONJUNだが、驚く仕草があまりにも猫だったことをMOAのみなさんにご報告します(笑)。

そして韓国6th Mini Album『minisode3: TOMORROW』のタイトル曲「Deja Vu」を日本語バージョンでパフォーマンス。歌いだし後すぐ、TAEHYUNが座っているBEOMGYUの肩をポンポンと叩き、まるでファイティン!するような2人の仕草に会場からは歓声が。美しくパフォーマンスする4人を応援するようにハンズアップして会場をあおるBEOMGYU、それに応えるようにMOAからも大きな掛け声があがり、YEONJUNの見せ場である回し蹴りダンスや祈りのポーズも華やかに決まる。「何度めぐっても未来は君」と切なく歌う5人に、会場もしっとりしたムードに。SOOBINが「切なさとエネルギーが感じられる曲なので、日本語でも歌詞の意味など楽しんでもらえたらうれしいです」と語る通り、原曲のリズムにフィットした美しい歌詞にも注目。

7月4日(木)に東京都内にて、日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースを開催した韓国の5人組ボーイグループ、TOMORROW X TOGETHER

トークコーナーで語った「誓い(CHIKAI)」というタイトルに込めた思い

改めて自己紹介をして、MCとのトークコーナーがスタート。

SOOBIN「みなさん、こんばんはSOOBINです! 今日はお集まりいただきありがとうございます」

HUENINGKAI「こんばんはHUENINGKAIです。今日ここで会えるのを楽しみにしていました。一緒に盛り上がりましょう♡」

YEONJUN「こんばんはYEONJUNです。みなさん元気でしたか? 今日は楽しみましょうね〜」

TAEHYUN「こんばんはTAEHYUNです。またここでMOAのみなさんに会えてうれしいです。今日はよろしくお願いします」

BEOMGYU「こんばんはBEOMGYUです。MOAのみなさん会いたかったです!」

古屋氏から「約1年ぶりのショーケースですが、元気でしたか?」と聞かれたBEOMGYUは「元気でした! みなさんの応援をいつも感じながら活動していましたが、久しぶりにこうしてMOAのみなさんと一緒に時間を過ごすことができるので、幸せです」と、MOAとの再会を喜んだ。

そして日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」の話題へ。「誓い(CHIKAI)」というタイトルについてYEONJUNが「君と僕が変わっても、永遠に一緒にいる誓いは変わらないというメッセージが込められています。これはMOAと僕たちの永遠の誓いでもあります。そうですよね?」と問いかけると会場からは「もちろん!」の思いを込めた大きな歓声が。また、タイトル曲である「ひとつの誓い (We’ll Never Change)」については「僕たちはお互いに違うし変わっていくけど、永遠に一緒にいるということだけは変わらないようにしようという誓いが込められたミドルバラードです。MOAと僕たちも変わったとしても、一緒にいることは変わらないという気持ちを込めました」とTAEHYUNが語った。

そして「きっとずっと(Kitto Zutto)」の話題を振られるとHUENINGKAIは意味ありげな笑顔に。「大切な君との永遠の絆と、どんなときもずっとそばにいる決意を歌ったJ-ROCKスタイルのアップテンポな曲です。僕も制作に参加していて、MOAのことを思いながら作りました」と話すように、HUENINGKAIがプロデュースに参加。夏にぴったりな清涼系の曲で、「MOAと一緒に踊れたら楽しそう!」と後日の配信で振り付けのネタバレをしてくれた。MCから「やっぱりミュージシャンですね!」と言われ「そうですね! ありがとうございます!」と得意げな表情を見せるとMOAからも温かな声援が送られた。

K-POPアーティスト史上最速での日本4大ドームツアーへの意気込みは?

今年5月からスタートした自身3度目となるワールドツアーについては「たくさんのMOAに会えて本当にうれしかったですし、たくさんの方がTXTを愛してくださることに感謝しました。MOAとの絆もより深まったツアーになったと思います」とYEONJUNが笑顔を見せ、ソウル、アメリカと全14公演を成功させたことで、大きな手応えを感じているよう。そして7月10日(水)の東京ドームを皮切りに、いよいよ日本ツアーが開始。このツアーにより、TXTはK-POPアーティスト史上最速で日本4大ドームツアーを実現させたアーティストとなる。

HUENINGKAIは「MOAのみなさん、ありがとうございます。ドームツアーは僕たちの夢でしたし、実現できるのはずっと応援してくださっているMOAのみなさんのおかげです。とても楽しみにしています!」と公演を待ち切れない様子を見せた。MCから「初東京ドームコンサートに行くよっていう人、どれくらいいますか?」と問いかけられ、会場のほとんどが手を挙げたのを見て「全部!? 全部ですね!」とメンバーもうれしそうにはしゃいでいた。SOOBINが「僕たちの夢が一つ叶って、本当にうれしいです。みなさんの期待に応えられるような素晴らしいステージを準備していますから、ぜひ期待してください。そして、この夢を叶えてくれたMOAのみなさんにもう一度感謝を伝えます。次はドームでお会いしましょう!」と意気込みを語ると、TXTと何度もステージを共にしているMCも「次はドームでお会いしましょう、鳥肌ですね! メンバーからこの言葉が聞けてうれしいですよね」と喜びを分かち合った。

そして「ひとつの誓い (We’ll Never Change)」のステージへ。切ない歌詞と甘いメロディーが感性を刺激する、どこか懐かしさを感じさせる曲だ。また、リボンを使った特徴的な振り付けが話題を呼んでおり、さっそくMOAから「紐ダンス」と呼ばれ愛されている。メロディーに合わせ、ハープの弦のように指先で弾く動きがなんとも美しく、TXTらしい幻想的な世界観へ会場を引き込んだ。パフォーマンスの合間でSOOBINとTAEHYUNが笑い合うなどメンバーの仲の良さまでのぞかせ、会場も笑顔に。冒頭で練習した応援の掛け声もばっちり決まり、きっとメンバーの耳にも届いていたことだろう。

7月4日(木)に東京都内にて、日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースを開催した韓国の5人組ボーイグループ、TOMORROW X TOGETHER

最後に、会場に集まったMOAにメンバーから温かなメッセージが送られた。

BEOMGYUは「今日はありがとうございました。僕たちの新曲、たくさん聴いてくださいね。愛してる!」と、可愛らしくハートポーズ。TAEHYUNはファイティン!のポーズを添えて「短い時間でしたが、MOAのみなさんと一緒に過ごせて幸せな時間でした。一緒に楽しい夏にしましょうね!」と話し、YEONJUNは「MOA楽しかったですか〜? 僕もとても楽しかったです。ドームでは、もっと長い時間を一緒に過ごしましょう。大好きです」と投げキス。HUENINGKAIは「新曲どうでしたか? (MOAから「最高!」の歓声) ありがとう♡ 僕たちの気持ちがMOAのみなさんに伝わったらうれしいです。今日はありがとうございました」と末っ子らしくペコリと頭を下げながら感謝を伝えた。最後にリーダーのSOOBINが「みなさん、今日はきて下さりありがとうございました。次はドームで会いましょう! 気をつけて帰ってね!」と笑顔で締めくくった。会場の端から端まで目に焼き付けるように目線を送り、ファンサをするメンバーだったが、背中を見ると汗でびっしょり。まったく暑さを感じさせない美しい顔とのギャップに驚きつつ、優雅なパフォーマンスの裏にある彼らの努力を感じさせる瞬間だった。

日本4thシングル「誓い (CHIKAI)」は発売初日に30万枚以上を売り上げ、7月3日(水)に発表されたオリコンデイリーシングルランキングにて1位を獲得。自身の日本シングル初日販売枚数の最高記録を更新し、TXT旋風がさらに盛り上がっていることを示した。また、ワールドツアーがついに日本にも上陸し、K-POPアーティスト史上最速となる日本4大ドームツアーも迫っている。僕たちとMOAが永遠に一緒にいるというただひとつの<誓い>は変わることがない、そんな彼らのメッセージが込められた「TXTと過ごす夏」はまだ始まったばかりだ。

TOMORROW X TOGETHER日本4thシングル「誓い (CHIKAI)」

リリース情報

TOMORROW X TOGETHER日本4thシングル「誓い (CHIKAI)」

■発売日:2024年7月3日(水)
■全10形態発売
【CD収録曲】
01 ひとつの誓い (We’ll Never Change)
02 Deja Vu [Japanese Ver.]
03 きっとずっと (Kitto Zutto)

ライブ情報

『TOMORROW X TOGETHER WORLD TOUR <ACT : PROMISE> IN JAPAN』開催日程・会場

【東京】東京ドーム
2024年7月10日(水)
2024年7月11日(木)

【大阪】京セラドーム大阪
2024年7月27日(土)
2024年7月28日(日)

【愛知】バンテリンドーム ナゴヤ
2024年8月4日(日)
2024年8月5日(月)

【福岡】みずほPayPayドーム福岡
2024年9月14日(土)
2024年9月15日(日)

Profile/TOMORROW X TOGETHER
SOOBIN、YEONJUN、BEOMGYU、TAEHYUN、HUENINGKAIの5人で結成されたTOMORROW X TOGETHERは、2019年3月にデビュー。5th Mini Album『The Name Chapter: TEMPTATION』では、自身初となる‘ビルボード200’で1位を獲得。日本では2020年5月に発売した2nd Mini Album『The Dream Chapter: ETERNITY』を皮切りに、6th Mini Album『minisode 3: TOMORROW』まで、10作連続でオリコン週間ランキング1位を獲得。10作連続でオリコン週間アルバムランキングのトップに立った海外アーティストは、TOMORROW X TOGETHERが単独となっている。

(P)&(C) BIGHIT MUSIC

この記事の画像一覧
  • 7月4日(木)に東京都内にて、日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースを開催した韓国の5人組ボーイグループ、TOMORROW X TOGETHER
  • 7月4日(木)に東京都内にて、日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースを開催した韓国の5人組ボーイグループ、TOMORROW X TOGETHER
  • 7月4日(木)に東京都内にて、日本4thシングル「誓い(CHIKAI)」のリリース記念ショーケースを開催した韓国の5人組ボーイグループ、TOMORROW X TOGETHER
  • TOMORROW X TOGETHER日本4thシングル「誓い (CHIKAI)」

この記事の画像一覧を見る(4枚)

この記事を書いた人

西野暁代

西野暁代

女性誌編集部にて8年間勤務後、フリーの編集者・ライターに転身。現在は主にメイク、ヘアアレンジ、ティーンカルチャーなどの記事を担当。得意なジャンルはインタビュー、美容、コスメ、音楽(とくにK-POP)。ジャンルを問わず、足を運ぶライブは年間30本ほど。

この記事をシェアする

この記事のタグ

10

19:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS