smart Web

【三崎優太インタビュー】逮捕というどん底から這い上がった“青汁王子”の成り上がり人生

執筆者:

【三崎優太インタビュー】逮捕というどん底から這い上がった“青汁王子”の成り上がり人生 【三崎優太インタビュー】逮捕というどん底から這い上がった“青汁王子”の成り上がり人生

今年の春、自身のブランド
「ラ・コネクションブルー」を
ローンチ⁉

――三崎さんのファッション遍歴を教えて下さい。

三崎 基本的にはファッションにそんなに興味はないです。ですが、昔に比べると高級志向ではなくなったかもしれません。逮捕されるまでは六本木に住んでいて、毎晩のように付き合いで飲みに行っていたので、服だけでなく時計やジュエリーも含め、わかりやすくハイブランドで身を固めるというようなギラついたスタイルが多かったかもしれません。今は、海外に行くことも増えたので、ハイブランドというよりもシンプルなものを選ぶことが多くなっていると思います。

――今、大切にしているモノはありますか?

三崎 そのモノに対して忘れられないエピソードがあったり、想いがあるものだけは残してあります。実はモノにあまり執着はないんです。ただファンの方にいただいたぬいぐるみとかは大切にしていて、自宅の仕事部屋に飾ってあります。

――今日の撮影で着用していたのはご自身のブランドだそうですね。

三崎 自分のライフスタイルが変わったことで、洋服に対する考え方も変わってきました。今は海外に行くことが多いので、着心地や素材感を最重要視します。長時間のフライトでも疲れないことは、現地に着いてからの行動に直結するので。そして、あまりハイブランドのロゴが全面に出ているようなデザインのものを着用すると、お金を持っていると思われて狙われやすくなる(笑)。ただ、やっぱりハイブランドの上質な素材感や極上の着心地に慣れてしまうと、なかなか満足のいく洋服に巡りあえなくて。だったら作っちゃうか、ということで、ほぼ自分のためだけに作ってしまったブランドというわけです。

――今回着用したのはすべてご自身のブランドですか?

三崎 今回着用したジャケット以外、シャツとパンツは、ラ・コネクションブルーです。とにかく上質な素材感と着心地にこだわって作りました。ライフスタイルの変化といえば、ここ数年でオンラインミーティングも主流になってきたので、ONにもOFFにも様々なシーンに寄り添うカジュアルスタイルが提案できたらいいかなと。シャツやパンツの他、Tシャツやスウェットやフーディなどがあります。

――このタイミングでブランドを立ち上げた理由は?

三崎 ブランドを立ち上げるというか、自分が今着たい服、今のライフスタイルに合う服を探し求めたけれど、思うようなものに巡りあえなかったので作ってみた、という感じです。これまで生配信をやっている中でも【今日の服どこのですか?】って聞かれることが多くて。だけど、これまではハイブランドばかり身に着けていたので、着用している服を紹介したところで結局は【高すぎて買えないです】【青汁王子の私服はスタイリングの参考にならない】といったコメントが来ることが多かった。だから、自分でブランドを作ってしまえば、最高の品質にこだわって、ハイブランドのような着心地を追求した服を、誰もが手にできる価格で実現できるんじゃないかって思ったんです。

――ご自身が服を選ぶポイントは?

三崎 シンプルで上質なものが好きですが、シャツでもTシャツでもネックの開き具合は気になるパーツかもしれません。顔の表情にも影響があるので、ネック周りの肌見せの分量にはこだわっています。

――一番好きなブランドは?

三崎 ディオール・オムですかね。特に体を鍛えてからは自分になじむ感じが気に入っています。普段、服を買うのはスタイリストさんや百貨店の外商さんが持ってきてくれた中から選ぶことが多いので、あまりショップに足を運ぶ機会はないですね。スタイリストさんは撮影のときはもちろんですが、プライベートでも、こういったアイテムが欲しいと伝えて自宅に持ってきてもらったりすることもあります。買い物に出る時間が取れないのでパーソナルスタイリストに相談することが多いですね。この間久しぶりにルイ・ヴィトンのショップに立ち寄った際には、草間彌生さんとのコラボラインのウォレットを購入しました。今、使っているウォレットです。

――海外旅行で使用していた旅行バッグは?

三崎 世界を一緒に回ったのはRIMOWAです。ハンドル部分がイエローレザーはカスタムです。

本で語っている言葉とは裏腹に実際にお会いした三崎優太さんはとても素直でナチュラル。YouTubeで見せている顔とは違う三崎さんに引き込まれました。この本が集大成と語る三崎さんの今までがギュッと詰まったこの本からも、新たな三崎さんの素顔を発見できると思います。『青汁王子』の名前を返上する三崎さんの今後の動向からも目が離せなくなりそうです。

この記事を書いた人

佐藤玲美

佐藤玲美

東京在住のライター・エディター。『smart』『sweet』『steady.』『InRed』など、ウィメンズ、メンズを問わず様々なファッション誌やファッション関連のwebでライター&編集者として活動中。写真集やスタイルブック、料理本、恋愛心理、インテリア関連、メンタル&ヘルスケアなどの本の編集にも携わる。独身。ネコ好き。得意ジャンルはファッション、ビューティー、インテリア、サブカル、音楽、ペット、料理、お酒、カフェ、旅、暮らし、雑貨など。

Instagram:@remisatoh

この記事をシェアする

この記事のタグ

19

18:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS