smart(スマート)

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest
  • Youtube

smart 最新号

smart2022年11月号

smart2022年11月号

2022年9月24日(土)発売
特別定価¥790(税込)

smart 最新号を見る

閉じる

後藤真希「ザ・マスクド・シンガー」優勝秘話「久々に勝負に挑んでたんだなぁ」

Prime Videoで配信され、シーズン1に引き続き大きな話題を集めた「ザ・マスクド・シンガー」シーズン2。今回出演したパフォーマーの中で最後まで勝ち残り、見事ゴールデンマスクを手にした後藤真希さんに、この番組に挑んだ思いや出演を通して得られたもの、そして現在開催中のツアーの見どころについて話していただきました。

※下記にはシーズン1、2のネタバレを一部含みます。

後藤真希

ボイトレ必須だった「Go! Go! Heaven」

――「ザ・マスクド・シンガー」シーズン2の優勝おめでとうございます! 出演オファーがきたときはどう思われましたか?

後藤真希(以下、後藤) オファーを受けた段階では「えっ?私?なんで?」という感じでした。まずトーナメントみたいな感じで勝ち負けが決まっていく番組に出たことがないし、なんかちょっとドキドキしちゃうじゃないですか。だから本当に「え、どうしよう。私でいいの?」みたいな、そんな気持ちだったんです。実際に出演することになって、リハーサルや曲決めの段階に進んでいくにつれてドキドキした気持ちもあったんですけど、モーニング娘。の後藤真希というイメージではなく、後藤真希としてのパフォーマンスや歌声を聴いてもらえると考えたら、すごくいい機会だなと思いました。

――今回のステージは、これまでのソロやモーニング娘。としてのパフォーマンスとは全然タイプが違いましたよね。

後藤 違いますね。見せ方もそうですし、ハロー!プロジェクトと比べてしまうと、アイドルという感じのステージではないので、より自分がやりたいことに近づいたステージになっていますね。

――選曲や演出には後藤さんの意見が反映されているんですか?

後藤 物語調にしていくという案がプロデューサーさん側であったので、そこにはめていく曲決めとかはこちら側で決めさせてもらいましたね。

――最後に披露したSPEEDさんの「Go! Go! Heaven」を選んだのは「初めて買ったCDだから」とおっしゃっていましたが、他の楽曲はどういった理由で選んだのでしょうか?

後藤 「Hide & Seek」は、単純に好き。安室(奈美恵)さんが好きだし、あの曲は特にカッコいいから、マスクを被ってパフォーマンスを見せるのが面白そうだなと思いました。「タマシイレボリューション」(Superfly)は初めて歌う曲だったんですけど、マネージャーさんが「この曲、真希さんにいいんじゃない?」と勧(すす)めてくれて、チャレンジという気持ちもあったり、「Hide & Seek」からの流れでまったく違うジャンルなのでありかなと考えたりとか。「be alive」は優しさがありつつ、最後に爆発するような熱唱系の曲が自分のソロ曲の中ではなかったので、やってみたいなと思って選ばせてもらって。「fragile」は昔からカラオケとかでも歌う好きな曲で、これもありだろうという感じで、浜崎(あゆみ)さんの「Rule」はやっぱりステージを派手にしたいという気持ちがあったので、この曲でバキバキにパフォーマンスをしたらパンチが効いてカッコいいかもしれないというイメージがあって決めましたね。「Go! Go! Heaven」は初めて買ったCDだから歌わせてもらったんですけど、本当にキーが高いのでボイトレは必須でした(笑)。

後藤真希 後藤真希

撮影中はもう本当に魂が抜けそうなぐらいの期間でした(笑)

――今回は後藤さんとしてではなく、ヴィーナスとしてステージに立っていましたが、その面白さや難しさを感じたことはありますか?

後藤 マスクをしていたら何をやってもいいなぁという感じなんですよね、自分の中で。だから割と自由な気持ちでやれてはいました。ただあの衣装は身動きが取りづらくて、すごく痛いんですよ(笑)。衣装を脱ぐと、だいたい腰の骨のところが真っ赤になっているくらい、重くて大変なんです。でも気持ち的には自由で、やりたいようにやらせてもらっているような気分。ただ不安もあったので、必死に本番のステージに立っていた気がします。

――どういった不安があったのでしょうか?

後藤 視界がすごく悪いので足元がふらついちゃってマイナスにならないかなとか、見せ切ったのはいいとして、誰がマスクオフするの?と考えると不安になったりとか。ただリハーサルでは不安のほうが勝っていたんですけど、本番になるとスイッチが急に入るのか、リハよりも動いていて(笑)。見せることに一心になって、パフォーマンスしているようなイメージでしたね。いろんなプレッシャーで気力が吸い取られていく、もう本当に魂が抜けそうなぐらいの期間でした(笑)。

――どのぐらいの期間をかけて撮影したのですか?

後藤 撮影前にレッスンはあったんですけど、2月の間に全部収録は終わっていたし、始まってからはすごく短かったんです。最後の2曲はダンサーさんと合わせることができたのは1時間半くらいと短くて(笑)、だからもう自主練は必須でした。家でも空いた時間があったら頭の中で曲を流して踊っていましたもん。

――ヴィーナスとしてMCの大泉洋さんやパネリストのみなさんと話す姿も印象的でした。

後藤 ファンの方たちも「トークがかわいかった!」「面白かった」と盛り上がってくれましたね。普段テレビとかでするようなトークだと、もう顔がバレてるからちょっと遠慮しちゃう部分もあるんですけど、仮面を被っているから割と自由にトークができて楽しかったです。

――早い段階でPerfumeのあ〜ちゃんさんが「後藤さんじゃないか」と話していて、ファンの方も予想していましたよね。

後藤 そうですね、割とすぐに当てていましたね。Twitterを見ていると、一曲目から当てている人も結構いました。

――それはどんな思いで見ていたんですか?

後藤 世の中の人たちの目と耳、すごくないですか? 普段からいろんな観察をして生きているんですかね?と思うくらいすぐだったから、「へ〜、私でもバレるんだ〜!」と思いました。声で分かってくれたのは嬉しいですけどね。

次ページ>>モー娘。時代の快挙で周りが喜んでいた意味がようやく分かった

12

この記事をシェアする

13

20:00

smart の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

佐藤友祐

モモコグミカンパニー

那須川天心

武尊

smart(スマート)公式SNS