smart(スマート)

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest
  • Youtube

smart 最新号

smart2022年6月号 通常号

smart2022年6月号 通常号

2022年4月25日(月)発売
特別価格¥1,190(税込)

smart 最新号を見る

閉じる

モモコグミカンパニーがBiSHを通して得た哲学「自分をまっすぐに見てくれている人が多い環境が、その人にとっての“居場所”」

昨年末には悲願であった紅白歌合戦に出場するなど、人気絶頂にありながら2023年をもって解散することが決まっているBiSH。その中にあって、エッセイ集を2冊上梓し、グループの作詞も担当するなど、“書くこと”においても才能を発揮してきたのが「あまのじゃく担当」のモモコグミカンパニーだ。今年3月、彼女が待望の長編小説「御伽(おとぎ)の国のみくる」を発表。そんな彼女が、小説を通して伝えたかった思いとは――。15000字を超える“小説家”モモコグミカンパニーのインタビュー後編をお届けする。

BiSHモモコグミカンバニーインタビュー前編を読む>>>BiSHモモコグミカンパニーが今、“小説家”になって思うこと「書いているときのほうが本当に生きている実感があるし、自分らしいなぁって思う」

モモコグミカンパニー

アイドルを目指すことは
自分を大切にする行為の
延長みたいなところにある

――ちなみに、モモコさんの大学時代の卒論テーマは『アイドルと演じること、ひとりの人間に見る虚像と実像』だったとか。ここにも、今回の小説と通じる部分がありますね。

モモコグミカンパニー:自分が演者側に行ったときに、モモコグミカンパニーと自分の関係性って何なんだろうって思って、そのテーマにしました。メンバーにインタビューをしたりとかして。フィールドワークをしなくても、アイドルは自分がいる環境だから(笑)、書きやすいなと思いながら書いていました。元々、大学の学科を選ぶ際も、アイドルとかそういうものにすごく興味があったからというのもあって。

――卒論は母校の教材にもなったそうですね。

モモコグミカンパニー:なんかしてくれたみたいですね。

――その卒論、読んでみたいなと思いました。普段の自分と、モモコグミカンパニーとして見られている自分、どっちが本当の自分なんだろうってことを、卒論を通して深く考えたんですね。

モモコグミカンパニー:そうですね。普段から「美しさと醜さ」とか、「光と闇」とか、「虚像と実像」とか、「本当と嘘」とか、そういう“一対”のものにすごく興味があって。そこは今回の小説にも反映されていると思うし、やっぱり虚像と実像というのは自分の中ですごくテーマとして大きいというか。

――なるほど。でもこのぐらい BiSHとしてのキャリアを重ねてきて、BiSH 中心の生活を日々されていると思うんですけど。毎日24時間のうち、 “BiSHのモモコグミカンパニー”として過ごす時間のほうが長かったりするわけじゃないですか、きっと。だからもう、BiSHのモモコグミカンパニーのときの自分のほうが、本当の自分みたいになってしまわないですか?

モモコグミカンパニー:うーん、私は本当にその2つを分けていなくて。その“分けてなさ”がモモコグミカンパニーらしさだなと思っている部分があります。

――大変だともそんなに思わないという感じですか?

モモコグミカンパニー:そうですね。本当に、そのまま出ちゃってるんで。だからそうですね……この小説に出てくるリリアとかみくるみたいに、そんなに使い分けてはいないのかなと。

――先程話に出た、モモコさんはちょっとドジなところとかも含めて、ファンの方に受け入れられているみたいな話がありましたけど、そういう風にファンの方々が認めてくれるから、そんなに肩に力を入れずにモモコでいられるという部分はありますか?

モモコグミカンパニー:そうですね。周りのメンバーがいるっていうのもあると思うんですけど、そういうドジな部分って、私には元々ある部分だと思うんですけど(笑)。やっぱり社会人になって、普通の仕事だったらそういうのって誰からも喜ばれないし、むしろ隠したほうがいい点だと思うんですけど。こういう仕事をしてるからこそ、出せる部分だし、むしろプラスに働くのかなとは思いますね。背が低いのも昔から嫌だったんですけど、この仕事をしているからこそ、個性になったりもするので。うん、自分のあまり好きじゃない部分を好きって言ってくれる人がいるのは、すごくありがたい仕事だなと思っています。

――作中に「アイドルは存在するだけで愛される」という表現がありましたけど、まさにアイドルにはそういう部分がありますよね。

モモコグミカンパニー:私が元々 BiSHのオーディションを受けたのも、アイドルになりたかったというか、いろんなオーディションが毎年あって、何千人もの女の子が受けるわけじゃないですか? 「なんでみんなそんなに受けるの?」ってすごく疑問だったし、アイドルに憧れるっていう気持ちは私もわかるけど、それにしても、こんなにたくさん受ける子がいるのはすごいなと思って。そのオーディション現場に一回行ってみたいなっていう気持ちから、 BiSHのオーディションを受けたっていうのが一番最初にあったので。この問いというか、「何でこんなに女の子はキラキラしたものに憧れるのか?」っていう、そういう女の子の儚いものへの憧れを自分の中で追求したいなと思っていたので、小説を書く中で、まぁまぁその答えが出たんじゃないかな……と思っています。

――その答えというのは何でしたか?

モモコグミカンパニー:小説を読んでいただいた方に感じてほしいんですけど、やっぱり人の目に映ることの意味とか、若い身体とかそういうのもすぐどこかに消えていってしまうし……。そういう自分の消費される先を、アイドルを夢見る女の子たちは必死に探しているんじゃないかな?っていうのが私の答えで。アイドルって、自分の身体を売り物にすることなので。自分の今の身体を無駄にしないとか、今のきれいな顔を無駄にしないとかそういう部分があるのかなって思います。だから、アイドルを目指すことは、自分を大切にする行為の延長みたいなところもあるのかな。ただ、私はこの仕事をしているからこそ思うんですけど、キラキラした部分ばかりを見ている女の子もたくさんいる。

――そうですね。

モモコグミカンパニー:だからみんながあんなにオーディションを受けるんだと思うし、でもそこだけが道じゃないんだなっていう。友美も結局挫折して違う道を選ぶけど、女の子が輝ける場所はたくさんあるんだよっていうのを伝えたかったんです。

――確かに傍(はた)から見たらキラキラして見えるけど、実際は泥臭いことって結構多いじゃないですか。例えば僕は編集者ですけど、編集者ってドラマの題材とかにもなりやすくて、例えば「ファーストクラス」のようにファッション誌の編集部も結構舞台になったりします。実際はキラキラしているっていうより、めちゃくちゃ泥臭い仕事が多いよな、みたいな。その“理想と現実”が違うっていうのは、やっぱりありますよね。

モモコグミカンパニー

自分をまっすぐに
見てくれている人が多い環境が
その人にとっての“居場所”

――続いて、具体的な作品内容についてです。ひろやんが友美に注ぐ真っ直ぐな愛情が印象的に書かれていますけど、 “ひろやんが友美にぶつけるような思い”をモモコさんが実際にファンの方から与えられた経験はやっぱり多いものですか?

モモコグミカンパニー:ひろやんみたいにダイレクトに思いをぶつけられたことはないです。結構ファンレターとかもいただくんですけど、そこまでダイレクトに心境を書く人とかはあんまりいないので。私のファンでいてくださる方がたくさんいる中で、誰が題材・モデルとかは本当にないんですよ。自分もひろやんの立場や、生きるのがつらいという気持ちもすごくわかるから、自分の気持ちも反映させましたし。

――ひろやんが友美にぶつけた愛情って、「自分がファンからこう思われたら嬉しい」みたいな部分も反映されているんですか?

モモコグミカンパニー:いやぁ~、それはないかもしれない(笑)。自分はこう思われたいとか、私はあんまりなくて。でも書いていてすごく思ったのが、アイドルとファン、メイドとお客さん―友美とひろやん-って、全然違うけど似ているところもあって。どっちも基本、自分のことしか考えていない。ひろやんは“自分の理想”をみくるに押し付けていて、みくるもみくるで、ひろやんに何を言われても「そんなこと関係ないし」みたいな感じのスタンスでいる。どっちも相手のことを思いやっている関係性のようでいて、自分のことを受け入れてもらいたいっていう者同士で、自分のことしか考えてないっていうのは、すごくもどかしい部分で。

――なるほど、確かにそうですね。究極、人生を生きるっていうのはそういうことなのかもしれないですよね。人のために役立ちたいと思っても、それは回り回って、自分のためになることをしたいと思うのが人間かなと……。

モモコグミカンパニー:そうですね。例えば好きなアイドルのスキャンダルが出たときとか、本当にその子のことを考えていたら、日常生活が潤ってよかったねって言いたいじゃないですか(笑)。

――本当にそうですよね。本当は素直に祝福できるはず。

モモコグミカンパニー:だけどそこで、自分の想像していたものが、ずたずたにされたって乱心してしまうのは、やっぱり自分のことを一番に考えているっていうことで、そういう部分もどっちもすごくわかるので、もどかしいなぁっていう気持ちがあります。

――そうですね。確かにスキャンダルが出たときに、こうあってほしいって姿が崩れたっていう、こうあってほしいって姿を相手に押し付けていたものが崩れたに過ぎないっていうか。

モモコグミカンパニー:そう、お互いがお互いに夢を見させ合ってるっていうか。アイドルのほうも、ファンに夢を見てるところもあると思うし、なんでも受け入れてくれるでしょ?みたいな。夢を見ているのはファンだけじゃないと思うんですよね。

――確かにそうですね。

モモコグミカンパニー:そういう部分を感じましたね、書いていて。

――あと、友美にとっての翔也だったりとか、ひろやんにとっての友美、圭にとってのリリアとか、「私がいないと彼、彼女は存在できない」と思っている登場人物が多く描かれています。それが表に出るか出ないか別として、そういう思いも人は少なからず持っているよなぁと、読みながら思ったんですよね。

モモコグミカンパニー:最近すごく思うのが、“自分の居場所”っていうのは、組織に所属してるという事実ではなくて、「どれだけ自分のことをまっすぐに見てくれている人が多いか」が、居場所っていう本当の心の安心感につながっているような気がしていて。自分のことをまっすぐに瞳に映してくれる人を、登場人物はみんな探していて、その過程でその思いが憎しみに変わったりもしてしまう。

――僕がめちゃくちゃ好きだったフレーズが「私のことをいつも瞳いっぱいに映してくれるような人でした。たぶん私、その人が瞳に接写する自分の姿に救われていたんです』っていうエピローグにあった言葉で。

モモコグミカンパニー:私も喫茶店でそのエピローグを書いていたときに、「あ、自分はこういうことが言いたかったんだ」って、タイピングした後に思って。ふと友美の口から出てきた言葉だったんですけど、この小説を書いてよかったな、この言葉に出会えてよかったなって、一番思えた瞬間かもしれないですね。

――自分をちゃんと瞳に映してくれる人が周りにいる環境であれば、そこはその人にとっての居場所なんですよね。

モモコグミカンパニー:そうですね、でもその環境って当たり前じゃないんですよね。そこにいるけど、誰にも知られなかったら自分は消えちゃうんじゃないかとか、思ったこともあるし。そういう“心の置きどころ”みたいなものって、人生においてすごく大切だと思うし、アイドルとファンの関係性もそういう部分をはらんでいるような気がしていて。

――先程、タイピングしながら出てきたフレーズというお話がありました。僕も仕事柄、文章を書く機会が多いですけど、タイピングしながら意図せず奇跡的に出てくるフレーズとか言葉ってありますよね。

モモコグミカンパニー:そうですね、小説を書いてるときはそれが一番楽しかったかもしれない。本当に行き当たりばったりで書いたっていうのもありますけど、「あ、こんな子が出てきたとか、こんなキャラクターが出てきた」っていうのも面白かったし。あまりがちがちに決め込まなかったからこそ、書く楽しさみたいなのはあったんですよね。

――そういった意味では、書きながら“奇跡の瞬間”は多かったですか?

モモコグミカンパニー:小説の書き方としたら悪いかもしれないんですけど、登場人物も全員を最初から決めていなくて、だからこそ「出てきた瞬間に出会えた」っていう感じがして、それが楽しかったです。

――すごいですね。“書きながら出会う”。そういう意味では、エッセイがいわゆる顕在化されている意識を文字にしたものだとすると、小説を書くっていう行為は、潜在意識が表れてくるものですかね?

モモコグミカンパニー:出てきた登場人物のセリフとかも、そういうことだと思うんですよね。元々自分の中にあったものだけど、ふとそれが言葉になって表れて出会えるもの。やっぱり小説は自分のものだとはあまり思っていなくて、もがいている女の子たちにも読んでもらいたいし、誰かを推している人とかにも、ぜひ読んでもらいたいなと思います。

――小説となって完成した時点で、自分のものではなくなっている、もう自分の手から離れたっていう感覚があるんですね。

モモコグミカンパニー:もう離れていますね。だから今は、読んだ人の感想を何でも聞きたいなっていうモードで。

―普段から、SNS上にあるファンの声は自分から集めに行くほうですか?

モモコグミカンパニー:エッセイを書いたときなんかは、いろんなレビューを見に行きましたね(笑)。

――それが小説となると、これまでの人生で一番エゴサーチをする日がもうすぐ来るかもしれませんね(笑)。

モモコグミカンパニー:それは怖いですけどね。この小説の初回特典で、本に付いている往復はがきに感想を書いて送ってもらって、それに私が返事を返すっていう取り組みをするんですよ。いただいたはがき全部に!(笑)

――モモコさんとの往復書簡。それはすごいですね。

モモコグミカンパニー:ファンレターもたくさんいただくんですけど、これまではそれにお返事を書くということはなかったので。だからこそ今回、私がやりたいって言ったんです。でも、どういう声が届くか少し怖さもあります。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

この小説が誰かにとっての
お守りになればいいな

――今日の取材の衣装についても聞きたいです。普段のモモコさんの衣装からすると珍しいですよね。

モモコグミカンパニー:そうなんです。スタイリストさんが表紙の世界観に合わせて選んでくれて。

――小説って、装丁も大事じゃないですか。

モモコグミカンパニー:大事ですね。

――小説の装丁も、写真もあれば、イラストもあるし。こういう風にしたいっていう希望は伝えたんですか。

モモコグミカンパニー:そうですね。『御伽の国のみくる』っていう題名が決まってから、すごく可愛い小説だって思われそうだなって。

――甘々なお話、みたいな。

モモコグミカンパニー:そうそう。だから、ちょっと毒のある感じでという希望を伝えたら、真っ黒にしてくださって。

――なるほど。あと聞きたかったのが、この物語ってサクセスストーリーではないじゃないですか。どちらかというと報われない物語で。サクセスストーリーを書こうとは思わなかったですか?

モモコグミカンパニー:それは思わなかったですね(笑)。思わなかったし、書いているうちに、流れ的にもそうなっちゃったんですよね。友美は目指すところに行けなかったかもしれないけど、彼女のように闇を見た人間こそ、光が見えるということもあると思うので。結果的に、友美も幸せになれたんじゃないかなと私は思うんですけど……。

――読後感として、確かにそう思えたかもしれません友美もいろいろあった末に、ある境地まで辿り着いた感じがありました。

モモコグミカンパニー:そうですね。最後、物語は穏やかに終われてよかったなぁとは思います。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

モモコグミカンパニー:自分にとってお守りになる小説ができたって、さっきも言ったんですけど、本当に「誰かにとってのお守りになればいいな」と思っているので、ぜひともお手に取ってください!

(了)

モモコグミカンパニー

おまけとして……
モモコグミカンパニーに一問一答

Q1.生まれて初めて読んだ小説は?

モモコグミカンパニー:梨木香歩(なしき・かほ)さんの『西の魔女が死んだ』。小5ぐらいのときに読んですごく感動して泣きました。

Q2.好きな小説家とその理由は?

モモコグミカンパニー:窪美澄(くぼ・みすみ)さん。女性の身体とかについて書いている方で、私も今回の小説で身体について書いた箇所がありますけど、結構影響受けてるのかな?って思いますね。

Q3.人生の“マイベスト小説”とその理由は?

モモコグミカンパニー:森絵都(もり・えと)さんの『カラフル』。自殺した少年が、また自分に生まれ変わって人生を生き直す話なんですけど。読むまでは小説を読んで人生が変わることはないと思っていたんですが、中学生ぐらいの頃に読んだときに、見える景色がガラっと変わったんです。自分も生き直そうって思えて、人生を変えてくれた一冊です。

Q4.執筆のゴールデンタイムは何時から何時でしたか?

モモコグミカンパニー:朝の4時から6時ぐらいです。夜はちゃんと寝るようにしていて、早朝に起きて書いていました。早朝ってLINEとかも来ないし静かだし、頭もクリアですごく集中できて。その時間が好きだったのもあって、仕事に行く前に書いていました。

Q5.執筆が一番捗(はかど)った場所は?

モモコグミカンパニー:カフェにはめっちゃ行っていました。家で書いていると煮詰まっちゃうときがあって、そういうときも散歩がてら外に出てカフェで書いていました。

Q6.好きな書店とその理由は?

モモコグミカンパニー:新宿の紀伊國屋書店が好きです。大学時代、ふらふらしていたときによく本屋に行っていて、新宿の紀伊國屋によく行っていたんです。そんなとき、オーディション雑誌を手に取ってBiSHのオーディションを見つけたのも紀伊國屋でした。当時はSNSとかもあまり活発にはやっていなくて、その雑誌でBiSHとか渡辺(淳之介)さんとかを知った感じなので、私的に紀伊國屋書店は割と運命の場所でもあるんですよね。

Q7.どのようなシチュエーションで読書するのが一番好き?

モモコグミカンパニー:夜、寝る前にキャンドルを焚いて雰囲気を出して、ちょっと暗めにしてクラシック音楽を流しながら読書をする時間が好きです。

Q8.モモコさんの親友はどんな性格の人?

モモコグミカンパニー:私より声がでかい人です(笑)。「私、全然ダメだ」とか、 BiSHの話とかを電話で聞いてもらっていた時期もあるんですけど、「いや、モモコはそう言うけど絶対大丈夫だから」って、私のすべてを持ち上げてくれるめっちゃいい子です(笑)。

Q9.人生で一番好きになったアイドルグループは?

モモコグミカンパニー:私は秋元(康)さんの作詞がすごく好きなので、48グループとか、乃木坂(46)さんとかが好きです。一つのアイドルグループにがっつりのめり込んだという経験は、本当に一回もなくて。もう解散してしまったんですけど、昔よく対バンしていたBELLRING(ベルリン)少女ハートっていうグループは本当に好きでした。あんまり言わなかったけど。

Q10.これまで見聞きした中で、一番可愛いと思ったメイドネームは?

モモコグミカンパニー:えーわかんない!(笑)。取材したときも、名前とかはあまり気にしなかったですね。お店のメニューとか、メイドの子のルックスとか雰囲気とかは気になりましたけどね。

Q11.小説を書くにあたって、一番参考になったアドバイスは?

モモコグミカンパニー:芥川賞を取った遠野遥(とおの・はるか)さんと対談をしたときに、書くことについて結構語り合ったんですけど、その時に「結構いろんな人を参考にして、僕は書いています」って遠野さんはおっしゃっていて。芥川賞を取った人でも、他の人のことを参考にするんだ!って思って、自分も書くことに対して自信はないけど、いろいろと参考にして書いてみようと思えた助言でしたね。

Q12.『御伽の国のみくる』を読む際のBGMにぴったりなBiSHの曲は?

モモコグミカンパニー:BiSHの曲は合わないなぁ(笑)。BiSH以外だと、舞台が秋葉原の小説ということもあるので、秋葉原に流れていそうなアニソンとかは合うかもしれません。

Q13. 『御伽の国のみくる』を読んでの渡辺(淳之介)さんからのリアクションは?

モモコグミカンパニー:ざっと読んでくれたのかな? でも特に何も言われなかったですね(笑)。メンバーも、本を読んでるメンバーってアイナ以外あまり知らないから、ちょっと不安なところがあります。ちゃんと読んでくれるかな?

モモコグミカンパニー

レイヤーしたニットのワンピース(上)¥132,000、レイヤーした ジャカードのワンピース(下)¥54,450、エプロン¥63,800、メリージェーン¥49,500/以上すべてrurumu:(rurumu: ✉contact@rurumu.jp)、イヤリング 参考商品、リング 参考商品/以上すべてMalcolm Guerre(Malcolm Guerre  www.malcolmguerre.com) 、その他/スタイリスト私物

Profile/モモコグミカンパニー
“楽器を持たないパンクパンド”BiSHのメンバーで、「あまのじゃく担当」。これまで『目を合わせるということ』『きみが夢にでてきたよ』という2冊のエッセイ集を上梓。今回、長編小説『御伽の国のみくる』で待望の小説家デビューを果たした。グループとしては、2022年12カ月連続リリース発売中で、第5弾シングル「LiE LiE LiE」が5月11日に発売となる。また、BiSH初の主演オムニバス映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK’N’ROLL』も6月10日より全国公開される。
モモコグミカンパニー公式Twitter
モモコグミカンパニー公式Instagram

御伽の国のみくる

『御伽の国のみくる』(河出書房新社)¥1,375/発売中
アイドルの夢破れ、メイド喫茶でバイトの日々。裏切り、妬み、失望の果てに、友美が見つけた答えとは? 大人気グループBiSHのモモコグミカンパニーが贈る、感動の小説デビュー作!

写真_高橋 葉
スタイリング_庄司洋介
インタビュー&文_熊谷洋平

この記事をシェアする

04

08:00

smart の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS