smart Web

【ヨックモック】55周年記念ショップ「クッキーのアトリエ」が新感覚の芸術体験だった……SNS映えも間違いなし♡

執筆者:

五感で味わう新感覚の芸術体験……ヨックモックのポップアップショップ「クッキーのアトリエ」に行ってみた!

スウェーデンの北部・森と湖に囲まれた⼩さな町「JOKKMOKK」が、ブランド名の由来になっているヨックモック。今年の8月8日でなんと設立55周年を迎えるそう。長きに渡って愛され続ける美味しさの秘密は、このスウェーデンにある町のような優しさや素朴さ、そして温かさが、お菓子にたっぷり詰まっているからかもしれませんね。

さて、そんなヨックモックですが、これからもより一層、世界中の⼈を笑顔にするプレミアムクッキーブランドへと進化していくために、以前ご紹介した6つの企画が続々と始動しているのだとか……。今回は、5月17日(金)~6月6日(木)の期間限定で原宿・表参道にオープンしている「クッキーのアトリエ」を訪れました。

まるで美術館のようなポップアップショップ

5月17日(金)~6月6日(木)の期間限定で原宿・表参道にオープンしている「クッキーのアトリエ」

こちらが現在開催中のポップアップショップ「クッキーのアトリエ」です。外観にもあしらわれているのは、アートエージェンシー「ヘラルボニー」の小林覚さんが今回のために描き下ろしたオリジナル作品。もちろん内装にもこの作品が随所にあしらわれているのですが、お店に入る前から既に世界観がしっかり伝わってきてワクワクします!2階に灯る丸い照明の数々も幻想的ですね。

入店するとすぐ目に入る、小林さんの作品の原画

入店するとすぐ目に入る、小林さんの作品の原画。これらの作品には、なんと文字が隠れています。ヨックモック55周年のテーマ、「クッキーのアトリエ」のコンセプトそれぞれの文字をぜひ探してみてください!

焼きたてクッキーの香ばしい匂いが店内にふんわりと漂っていて、癒やされる

1階部分が販売スペースとなっているようです。焼きたてクッキーの香ばしい匂いが店内にふんわりと漂っていて、癒やされる……。色鮮やかなクッキーパレットも見ていて楽しい気持ちにさせてくれます。嗅覚的にも、視覚的にもうっとり。

ここに並ぶクッキーパレット3種についてはテイクアウトも可能

2階にイートインスペースがあるため、注文してそのまま食べていけるのが嬉しいですね!ここに並ぶクッキーパレット3種についてはテイクアウトも可能なので、お土産用・ピクニック用に買っていくのもいいでしょう。

、「クッキーのアトリエ」と書かれた柱が鏡になっているのもお洒落。映り込みを活用して、SNSに投稿したくなる記念写真を撮ってみては!?

2階に上がってきました。先ほど外観で見えた丸い照明が可愛らしい。窓も大きくて、外からの光が差し込んでくるため、気持ちいいです。クッキーを綺麗に撮影するのにもぴったりな空間だと思いました。

また、「クッキーのアトリエ」と書かれた柱が鏡になっているのもお洒落。映り込みを活用して、SNSに投稿したくなる記念写真を撮ってみては!?

小林さんの作品をもっと感じたい人には、大きなウォールアートが目の前に広がる席もおすすめ

小林さんの作品をもっと感じたい人には、大きなウォールアートが目の前に広がる席もおすすめ。

この記事を書いた人

黒川すい

黒川すい

アパレル業界に勤めた後、フリーライターに。ファッションはもちろん、グルメ、エンタメ、お出かけ情報など幅広いジャンルの執筆経験あり。ウェブを中心に活動中。趣味はアートトイの収集や喫茶店巡り、読書。

Instagram:@mercredi_7.pm

この記事をシェアする

この記事のタグ

26

08:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

チーズ好き歓喜!「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の“コクうま新作ドーナツ”をグルメライターが食べ比べ

ファミマのチョコミントフェアが極上スイーツだらけだった!グルメライターが特に推す4商品は?【実食レポート】

【3000円以下で買える絶品お菓子3選】お菓子マニアが厳選!手土産にも最適

大人気「森のビアガーデン」が教える美味しいビールの注ぎ方、レコード屋のようなドーナツショップほか【グルメの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

ヨックモック55周年を記念した6つの企画がすごい、コメダ珈琲の絶品“腹パンメニュー”3選 ほか【グルメの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

レコード屋のようなドーナツショップが渋谷に誕生!18種類のドーナツを楽しめる「Donuts Jockey」

smart(スマート)公式SNS