smart(スマート)

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest
  • Youtube

smart 最新号

“鼻筋が美しすぎる”イケメン俳優・濱 正悟が民放連続ドラマ初主演!主演ドラマ『何かおかしい』が“何かおかしい”ワケ

“鼻筋が美しすぎる”イケメン俳優・濱 正悟が民放連続ドラマ初主演!主演ドラマ『何かおかしい』が“何かおかしい”ワケ


smart 最新号を見る

閉じる

“鼻筋が美しすぎる”イケメン俳優・濱 正悟が民放連続ドラマ初主演!主演ドラマ『何かおかしい』が“何かおかしい”ワケ

現在、テレビ東京ほかで放送中のドラマ『何かおかしい』が、何かおかしい。ホラー作家、YouTuberとして活躍する雨穴(うけつ)さん原案の作品で、ラジオ番組の放送中に毎回、なにか不可解な出来事が巻き起こっていく1話完結型の物語。テレビ放送前から先行配信されているYouTubeやParavi(パラビ)の再生回数も日に日に増えており、テレビ視聴者だけでなく、ネットでも大きな話題となっている。今回は、民放連続ドラマ初主演で構成作家・花岡役を演じる濱 正悟さんに作品の魅力を語っていただきました。

濱正悟

衣装はすべてスタイリスト私物

ラジオ番組が配信している動画を
観る感覚でドラマを楽しんでいただけたら

――民放ドラマ「何かおかしい」で主演の「オビナマワイド」構成作家・花岡役を演じた濱正悟さん。主演に決まったときの感想は?

「驚きました。自分としては(主演は)まだかなという感じだったので。嬉しい気持ちもありましたが、責任感の重さのほうが大きかったかもしれません」

――ドラマが「リアルタイム進行形型ヒューマンホラー・サスペンス」ということですが、これはどういった意味なんでしょう?

「物語がラジオ番組中のラジオブースの中で進んでいくんですが、ドラマって通常、何かが起こると、次の日に切り替わったりして進んでいくじゃないですか? でもこのドラマはラジオの1回のオンエア中に何かが起こって完結するんです。なので、1本のラジオを視聴しているようなリアルな感覚でドラマを楽しんでいただけるのが大きな特徴です。今はラジオ番組の中で、動画も配信したりしているので、その感覚で見ていただけたらより臨場感があるのではないかと思います」

――構成作家・花岡役の濱さんやスタッフさん以外のラジオMCの方々はご本人役で登場されています。ご本人役の方と演技をするところに難しさはありましたか?

「今回は、小手伸也さん以外は皆さん初めて共演する方ばかりだったんです。だから、特にご本人役と意識せずにスッと作品の中に入り込むことができた気がします。ただ、僕が一視聴者として作品を観たときは、ちょっと不思議な感覚になりましたね」

――公式ホームページでは今井隆文さんが「何かおかしいと思うくらい撮影が早かった」とおっしゃっていましたが、撮影中のエピソードを教えて下さい。

「(作品に入る前は)スタッフさんも含め俳優も勝手がわからなかったので、長めに作品のために時間を空けていたのですが、撮影中は10台以上のカメラでの長回しをしていて、一発で決まればそれで終わるので、予定よりも早めに終わる日もあったりしましたね。撮影に入るまでは、どうなるんだろうっていう不安もありましたけど、リアルタイムで順番通りに撮っていくからすごくやりやすかったし、集中もできたと思います。そのリアルタイムで順番に撮っていくというやり方も、生っぽい感じというか作り込みすぎていないリアル感が出る要因になったんじゃないかと思いますね」

――今回、構成作家という役柄的にカメラのレンズを見ながらのシーンが多かったと思うのですが、それも通常のドラマではあまりないことですよね?

「そうですね。ずっと撮られていましたし、スマホの動画機能でゲストの方々を撮ってもいましたね。カメラがたくさんあった分、逆に撮られているという感覚はなかったのも良かったと思います」

――出演者の方々は、小手さん以外は初めましての方々ばかりだったそうですが?

「豪華でしたね。『僕としては芸能人に会えた』みたいな感覚でした。役も構成作家だったし、現場もラジオブースだったので、MCをやっていただく芸能人の方々をお迎えする感覚でしたね。ヒャダインさんや藤森(慎吾)さんなど、ラジオ番組を持っていらっしゃる方ばかりだったので、ラジオMCの部分はみなさんの得意分野でもあり、すんなりと進んでいった印象があります。ラジオ放送シーンに差し込むロケの部分は、撮影時にまだできていなかったので想像で演じていたんですが、皆さん、臨機応変に対応していたのも印象的でした。現場に『いいものを作ろう』みたいな空気があって、皆さんの人間力やチームワークでスムーズに進んだのかなと思います」

濱正悟

裏方の生き抜く強さも持ちつつ
人間的に黒い部分も併せ持つ役柄

――印象に残った共演者の方はいらっしゃいますか?

「ミキサー役の今井(隆文)さんと松尾(諭)さんは2〜3日間、ご一緒したので、昼休憩のときなんかにお弁当を食べながら他愛のない話をしたりしました。あとは皆さん撮影が1日に詰まっていたので、ゆっくりお話する機会がなかったのが残念でしたね」

――藤森さんの“モテ力”を学ぶ暇もなかったですか?

「藤森さんの営業妨害になるかもしれないですが(笑)、すごく礼儀正しくてその場の空気を読む方だなと思いました。その場の雰囲気に合わせて自分のあり方を変えつつ、現場を回してくださって、すごく素敵な方だなと思いました」

――全6話完結型で、それぞれにハッピーエンドではない終わり方が、心に何かを残していくストーリーが魅力ですが、演じてみていかがでしたか?

「綺麗事(きれいごと)っぽくない感じが良いのかなと思いましたね。あとは、YouTubeのような動画の特性を上手くドラマに落とし込んで作るっていうのがいいなと思って。今回は6話でしたが、続いてほしいなと思うし、まだまだ題材はいっぱいあるんじゃないかと思います」

――濱さん演じる構成作家の花岡は、事件が巻き起こった後に笑っていますよね?

「そういう人柄なんですね。構成作家で、ラジオ局側の人間ではないので、番組が面白くなればそれでいいと思っているところがある。事件が起こっても『美味しいな』って感覚なんですよね」

――あの笑顔の裏側にあるものは何なんでしょう?

「すべて見ていただくとわかるんですが、後半に向けて花岡は精神的に崩壊していきます。それまでの感情の変化があの笑顔の部分の表現になっている感じです」

――花岡も「何かおかしい」人なんですね? 花岡を演じた上でこだわった部分は?

「衣装合わせの際に、監督とお話をさせていただく機会があって、監督が実際に会った放送作家の方のエピソードなんかを話していただいたんですね。具体的な例を出していただいて、その人がベースになっているんだとか、そういった話をしていただいたんです。その上で、裏方の生き抜く強さも持ちつつ、人間的に黒い部分だったりを徐々に出していくという部分のグラデーションを丁寧に出していけたらと思っていました」

――濱さんもすでに完成した作品を観ていらっしゃると思いますが、これから見る方々に感じて欲しいことは?

「どう感じるかはそれぞれだし、何かメッセージ性があるストーリーではないんですが、実際に起こった話ではないけど、現実をちょっと突きつけられた感じになるんじゃないかなと思います。自分自身で感じたのは、人や物事を見極めることって大切だなということ。やはり善悪のあり方を決めるのも人なので、自分自身できちんと考えることが大切だなと思いましたね」

濱正悟

共演者に初めて会ったのに
初めての感覚がしないのが
「何かおかしい」

――後味がスッキリしないというのも大きな特徴です。

「勧善懲悪(かんぜんちょうあく)モノではあるんですけどね。悪いことをした人が法の裁(さば)きも受けず、のうのうと暮らしているのを、ラジオ番組を利用してその放送中に制裁を下す。ただ、何年もその計画を練ってきた、その執念であったりブラックな感じが後味の悪さにつながるのかもしれません。また、ネットを使えば、誰かの罪を簡単に暴くこともできるし、自分が暴かれる側になるかもしれないという怖さもある。フィクションではあるんだけど、今の時代を反映した怖さみたいなのも根底にはあると思います」

――今回のドラマの原案は、著書『変な家』が原作の映画も大ヒットしたホラー作家、雨穴さんですが、雨穴さんのことは以前から知っていましたか? また、どんな印象を持っていましたか? 雨穴さんのYouTubeを観たことがあるかも合わせてお伺いさせてください。

「今回の作品で初めて知ったのですが、お会いする機会がなかったのが残念です。主演が決まってから雨穴さんの作品はいくつか拝見させていただいたんですが、独特の世界観があって、どういうふうに発想を飛ばすとこういう展開を思いつくんだろうって思いました。現場の休憩時間に(共演者の)藤森(慎吾)さんと一緒に動画を観ていたんですが、『結局、雨穴さんは何がしたいんだろう』っていう話になりまして。最終、答えは出ませんでした(笑)。このドラマもそうなんですが、つかみどころがない感じが他にはない作品で、だからこそ心に引っかかる感じがありますよね。『何だったんだ?』って気になるから繰り返し観てしまうとか、ちょっと中毒性のある面白さが雨穴さんの作品の特徴だと思います」

――作品のラストに流れる雨穴さんのダンスも不気味可愛いです。最初、主演の濱さんが踊っていらっしゃるのかと思いました。

「僕ではないです(笑)。あの踊りは雨穴さん自作の振り付けらしいです。可愛いけどちょっと不気味な感じが雨穴ならではですね。作品を見終わったあとに、あのダンスが流れるのも、なんか心にグッときますよね」

――濱さん自身が撮影中に「何かおかしい」と感じたことはありますか?

「新しい現場で、初めてご一緒する共演者の方にお会いした瞬間、初めてなのにすごく親しい感じで接してしまって『何かおかしい』と感じたことがあります。現場に入る前から、作品の台本を読み込んでいったり、作品について想像を膨らましていくので、それこそ共演者の方が夢に出てきたりすることもあるんです。だから、自分の中では、もうその前にあったことがある気がしてしまって、初対面じゃない感じで接してしまったことがありました」

――それって“俳優あるある”なんですか?

「いえ、僕もこないだ初めて経験しました(笑)」

――今回はご自身が主演でしたが、今まで様々な現場の主役のあり方を見てこられて、参考にした方などはいらっしゃいましたか?

「皆さんいろんなタイプがいらっしゃいましたが、僕自身もそうだし作品のテイスト的にも、熱い情熱でみんなをまとめるという感じではないなと思っていました。今回の現場では、芸歴でも芝居経験でも自分よりも先輩ばかりだったということもあります。そういう意味では通常通り“そこにいる”という感じが自分に合っているかなと思っていましたね。今までご一緒させていただいた『下町ロケット』の阿部寛さんや『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の鈴木亮平さんなど、現場のみんなを引っ張っていく姿がすごく印象的だったんです。僕もああいう姿勢に憧れるけど、まだまだかなという気がしています」

――最後に、「この夏楽しみにしていること」を伺って締めとさせてください。

「ありがたいことに仕事が入っているんですが、2日前からとある作品の撮影が始まりまして、夏はその現場三昧の日々になりそうです。始まる前は、ちょっと不安だったりするんです。でもいざ現場に入ると毎日がすごく楽しいんです」

(了)

Profile/濱正悟
はま・しょうご●1994年8月22日生まれ、東京都出身。ドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』、 『恋せぬふたり』  、映画『ナポレオンと私』などに出演。現在、映画『辻占恋慕』が公開中のほか、料理紀行番組「屋台メシ部、はじめましたSeason2」が7月9日より毎週土曜23:30~BS日テレにて放送。
濱正悟公式Instagram
濱正悟公式Twitter

「何かおかしい」
テレビ東京ほか(毎週火曜深夜24:30〜放送中)
Paraviにて全話配信中YouTubeでは前半3話配信中何かおかしい

何かおかしい

©テレビ東京

一番怖いのは人間だった……。生放送中のラジオでリスナーのお便りにスタッフは違和感を抱くが放送を続けると、とんでもない事件に巻き込まれていく。リアルタイム進行型ヒューマンサスペンス。

写真_田中利幸
スタイリング_船橋翔大[DRAGON FRUIT]
ヘアメイク_横山雷志郎[Yolken]
インタビュー&文_佐藤玲美

この記事をシェアする

15

20:00

smart の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS