smart Web

【M!LK】佐野勇斗が着こなす、人気ブランド2023年秋冬の最新ルック

執筆者:

INTERVIEW
夢はドームツアー
メンバー全員でリハ会場に
高級車で乗り付けます!

――今回初の表紙を飾っていただきました。撮影はいかがでしたか?

「ここまでファッションっぽい撮影は普段あまりしないので、すごく楽しかったです。前髪を上げることもほぼしないんですが、やってみたら新鮮で。めちゃめちゃ新しい自分を発見できた気がします。しかも洋服も全部好きなテイストで、そのまま購入させていただいたアイテムが何着かあります(笑)」

――それは嬉しい! 佐野さんはファッション好きのイメージがあって、今日の私服も素敵でした。

「ありがとうございます。可愛くてお洒落な格好も大好きなんですが、面倒くさがりということもありラクを求めがちで、実はジャージのセットアップをよく着ているんですよ。この夏はワントーンコーデにブランドのロゴやちょっとしたカラーをポイントで入れたりするスタイルもよくしていました」

――この夏、買ってよかったものは?

「麦わら帽子です! 麦わら帽子って、とある漫画のイメージがあるじゃないですか?でも僕が買ったのはあまり見たことがないバケットハットのような形で、ショップで見て一目惚れしたんです。とにかく気に入っていて、よくかぶっています!」

――普段買い物はショップですることが多いんでしょうか?

「オンラインのほうが多いです。でもオンラインで買っても、半分くらいはサイズとか失敗しちゃうんですよね(笑)。昨日届いたものも案の定サイズが小さくて、そういうものはすべて弟にあげています」

――この秋にしたい格好は?

「スニーカーを履きたいです。スニーカー大好きで、いっぱい持っているんですけど、靴下を履くのが面倒くさくて、いつも12月くらいまでサンダルで過ごしてるんですよ。仕事場と家の往復で、下手したら1時間くらいだけ履いた靴下を洗うっていうのが効率悪く感じちゃって……。でもせっかくたくさん持っているんだから、今年こそは秋から履きたいです」

――10月22日には「M!LK(ミルク)」初となる横浜アリーナでのライブを控えていますね。

「ひとつの目標であったアリーナでのライブが決まって嬉しいです。今、メンバーの(塩﨑)太智が演出家さんと一緒にライブのセットリストなどを考案してくれていて、すでにリハは始まっています。横アリは広いから遠くて寂しいとよく言われると聞いたのですが、僕らはファンの方々を楽しませたいという気持ちが本当に強いので、いろいろな仕掛けを準備しています。メンバーとも定期的に会議をしていて、グループの空気感はとてもいい状態ですね」

――11月24日には結成9周年となる「M!LK」ですが、現在役者だけでなくさまざまなフィールドで活躍する佐野さんにとってどのような場所ですか?

「結構深い意味で、“頑張れる場所”です。今『いただいたお仕事は全部やりたいです』って言って、結果、過密スケジュールになっているんですが、正直M!LKがなかったら、ここまではやれていないです。配信は好きだからやっていますが、基本的に僕は面倒くさがりだし、外出も好きじゃないし、ここまで頑張れていないと思います。でもM!LKとしてドームツアーをすることがいちばんの目標なので、いかに僕を知ってもらって、M!LKに繋げるかってことしか考えていないです。それはM!LKもそうだし、M!LKを応援してくれるファンの皆さんのためといったら恩着せがましくなっちゃうんですが、『ドームツアーをする』と言ってからグループとしてもいろいろなことがあって、それでも変わらず応援してくれていることへの感謝の気持ちが原動力として大きいです」

――逆にいろいろあったからこそファンの皆さんとの絆も深まったということもあるのでは?

「ファンのみなさんとの距離感は本当に近いと思います。いつも包み隠さず素直に全部言っちゃう。僕らメンバー5人は血の繋がっていない家族みたいな感じで、裏切ることはしないし、もし裏切られたとしても、もし家族だったらどっかで繋がってたりするじゃないですか。そういう関係なのかもしれないです。だから、自分一人だけでお金を稼いで売れたいとは思わないんです。メンバー内ではよく、“5人で高級車5台買って、リハ会場に全員で乗り付けたいね!”って夢を話しています(笑)」

――本当に仲がいいんですね。

「過去にメンバーが卒業してしまったとき、“本気でやばいな”と感じて、自分の中でスイッチの切り替えがあったんです。自分がこのグループを引っ張っていかないと!って強く思って、物事をめちゃくちゃはっきり言うようになりました。それまでは何か思うことがあっても、仲悪くなりたくないし……とうやむやにしたりしていたんですが、ただ仲よしのままでいてもドームへは行けないなと。今のメンバーは、僕がはっきり言ったところで崩れる関係性でもないので、これからドームツアー実現に向けてさらに気合いを入れていきたいと思います」

――今後について、佐野さん個人としての目標はありますか?

「車を買って運転することです! 今教習所に通っているんですが、マニュアルで取ろうとしていて、結構難しいんですよね……。この間ようやく仮免許が取れたんですが、まだ先は長そうです。小学生の頃から乗ると決めていた車があるので、来年買えたらいいなぁ。実はその車は燃費が悪すぎて、この間アメリカで絶対買わないほうがいい車ランキング上位になっていたんですが(笑)、小学生の頃の自分に“将来この車買えるから”って言いたいので、必ず実現させます!」

(了)

INFORMATION
佐野勇斗がプロデュース!
アクセサリーブランド
「G-9(ガク)」

佐野勇斗の“好き”を詰め込んだジェンダーレスアクセサリーブランド「G-9(ガク)」がこの夏デビュー。特集内で着用していたイヤカフやリングも「G-9」のもの。詳細はG-9公式サイトにて。

Profile/佐野勇斗(さの・はやと)
1998年3月23日生まれ、愛知県出身。2014年に結成された、ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバー。俳優としても数々のドラマや映画作品に出演し、7月クールのドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系金曜ドラマ)では、Snow Man目黒蓮とのバディ役が話題に。公式インスタグラム @sanohayato_milk でのライブ配信も人気。

Starring_HAYATO SANO
Photography_TATSUYA YAMANAKA
Styling_SHOGO ITO
Hair & Make-up_HIKARU MOCHIZUKI
Interview & Text_MIHOKO SAITO

smart(スマート) 2023年11月号

smart(スマート) 2023年11月号

889円(04/18 13:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
この記事の画像一覧
  • TOGA(トーガ)を着こなすM!LKの佐野勇斗
  • TOGA(トーガ)を着こなすM!LKの佐野勇斗
  • WACKO MARIA(ワコマリア)を着こなすM!LKの佐野勇斗
  • WACKO MARIA(ワコマリア)を着こなすM!LKの佐野勇斗
  • NEEDLES(ニードルズ)を着こなすM!LKの佐野勇斗
  • WILLY CHAVARRIA(ウィリー チャバリア)を着こなすM!LKの佐野勇斗

この記事の画像一覧を見る(6枚)

123

この記事を書いた人

齊藤美穂子

齊藤美穂子

出版社でファッション誌の編集を経て、フリーエディター兼ライターに。現在は雑誌や書籍、Webなどをメインに、幅広いジャンルで記事を制作。 趣味は陶芸と金継ぎ、料理、旅。 2020年に移住し、湘南暮らしを満喫中。

Instagram:@hana0910

この記事をシェアする

この記事のタグ

23

08:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

DJ Licaxxxの私服Mixコーデがかわいい!韓国の人気セレクトショップbalansaとの関係性とは?

【OKAMOTO’S】オカモトレイジが「世界観が俺と一緒」と語るSOUND SHOP balansaの着こなし術

松本伊代が語る息子との関係性とZ世代の強み Night Tempoの新曲コラボは「若い世代や海外の方も聴いてほしい」

【アイナ・ジ・エンドも出演】プールが会場!?ライブアート”通底縁劇・通底音劇”「不思議な愛な富津岬」が新感覚すぎた

【PSYCHIC FEVER】JP THE WAVYが見出した新境地!YouTube再生回数1100万回超えの話題曲も

【INI 田島将吾&西 洸人インタビュー】2024年のINIのテーマは“開放”。楽曲制作にも携わる二人が2ndアルバム『MATCH UP』を経て思うこと

smart(スマート)公式SNS