smart Web

【お尻が疲れないオートバイクッション】ゲル内蔵で圧力を分散、緩和。「エフェックス ゲルザブ シリーズ」が2023年度グッドデザイン賞も受賞

執筆者:

ゲルザブR

この記事の画像一覧を見る(4枚)

自動車向けのギアを展開するプロトが販売している、オートバイ用シートクッションの「エフェックス ゲルザブ シリーズ」が「2023年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」を受賞しました。

ゲルザブR

ゲルザブR ¥11,880(税込)

バイクでのツーリングは長時間の着座がお尻の血管を圧迫することで痛みが発生します。これをゲル内蔵のバイク用シートクッション ゲルザブが圧力を分散、緩和することで、もっと遠くへ快適なツーリングを可能にします。

ゲルザブR

クッション材に使用されているのは、厚さが薄くても十分にクッション性のある素材で、医療用にも用いられる「エクスジェル」。この素材は従来のゴム(形状回復性)とゲル(流動性)を併せ持つ特殊柔軟ゴムです。ウレタンフォームなどに比べて5~10倍の衝撃吸収力を持ち、荷重によってゆっくり沈んで包み込み、ゆっくりと回復します。

ゲルザブR

さらにエクスジェルは車体からの微振動をも軽減するので、同時に快適性も向上させることができます。また、ゲルのみだとグニュグニュとした座り心地になるため、数千キロに及ぶ走行テストの結果ウレタンとの配合を決定し、適度な固さとクッション性のバランスを考え、バイクライディングに最適な座り心地を提供します。

詳細は株式会社プロトHPをチェック!

この記事の画像一覧
  • オートバイ用シートクッションの「エフェックス ゲルザブ シリーズ」が「2023年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」を受賞
  • ゲルザブR ¥11,880(税込)
  • ゲルザブRのクッション材に使用されているのは、厚さが薄くても十分にクッション性のある素材で、医療用にも用いられる「エクスジェル」
  • ゲルザブRはゲルとウレタンとの配合を決定し、適度な固さとクッション性のバランスを考え、バイクライディングに最適な座り心地を提供します。

この記事の画像一覧を見る(4枚)

この記事を書いた人

本間 新

本間 新

スニーカーとアメ車、CODを愛するエディター/ライター。年間約500足のスニーカーを取材し、約400本のスニーカー記事を執筆。

Twitter:@homart01

Instagram:@homart01

この記事をシェアする

この記事のタグ

16

19:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS