smart Web

【ボカロPの作曲・編曲方法は?】“ボカコレNo.1”r-906がサカナクション山口一郎の影響を受けるまで

執筆者:

活動の始まりは一台のスマホから。ダンサブルな楽曲が人気のボカロP「r-906」さんの表現は、音楽制作アプリの拡張とともに広がった!?

この記事の画像一覧を見る(4枚)

この記事は2023年smart6月号に掲載した記事を再編集したもので、記載した情報もその時点のものです。

リスナーの反応を知り、
音楽の幅を広げる。
ドラムンベース+ボカロの可能性を追求!

ボカロP「r-906」

――ボカロPとして活躍しているr-906さん。ボカロ楽曲との出会いはどんなタイミングでしたか。

r-906 私がボーカロイド楽曲を聴き始めたのは高校に入って、スマートフォンとインターネットを手に入れたことがきっかけでした。最初に聴いたのはkemuさんの「人生リセットボタン」です。

――ボカロPとして活動するまでに音楽活動経験はあったんでしょうか。

r-906 中学時代にベースギターを弾きたいなと思って、高校で軽音楽部に入ってバンドをやっていました。フレデリックやKEYTALK(キートーク)、サカナクションが好きで、中でもサカナクションの山口一郎さんの常に新しいことに挑む姿勢には強く影響を受けていると思います。

――ボカロPとして活動を始めたのは何がきっかけだったんですか?

r-906 軽音楽部で活動をしていたときにオリジナル楽曲をやってみたいなという欲求があって、実際に何曲か作っていたんですけど、やっぱり不完全燃焼だったんです。そのあとに「GarageBand」とスマホ版のボーカロイド「Mobile VOCALOID Editor」の存在を知って、この2つがあれば曲を作れるんじゃないかと思いました。それでスマホで曲を作ってみて、2018年4月に楽曲を発表してみたんです。

――それがデビュー曲の「夢遊病ダンサー」。スマホだけで楽曲を作るというスタイルだったんですね。ニコニコ動画でのリアクションはどうでしたか。

r-906  名前も誰も知らない状況でしたし、200回再生ぐらいされたらいいなと思ったら、実際にはもっと少ない再生数でした。やっぱり甘くないなと、ニコニコ動画の洗礼を受けた感じがありました。

――その後も様々な楽曲を発表されていますが、これまでで手ごたえを感じた楽曲は?

r-906 ニコニコ動画で殿堂入りをした「パノプティコン」ですね。この曲を作るときにGarageBandの機能が強化されて、いろいろな電子音が使えるようになったんですね。そこで、この電子音で楽曲を作ってみたんです。そうして発表してみたら、リスナーさんから「これはドラムンベースの楽曲」だとご指摘をいただきまして、ドラムンベースというジャンルを初めて知りました。

――r-906さんが打ち込み系の曲を作るようになったのは、そんな背景があったんですね。

r-906 そうですね。あまり音楽ジャンルに詳しいわけではなかったんです。初期はバンドをやっていたこともあって、ロック調の曲を作ることが多かったんですが、楽曲を作り、リスナーの反応を知ることで、自分の音楽の幅を広げていった感覚があります。

―― ボカコレ2022春(The VOCALOID Collection spring)TOP100ランキングでは「まにまに」がファン投票により一位を受賞されました。この曲にはどんな思いがありますか。

r-906 僕は勝負事が苦手なのですが、だからといって参加しないのも違うなと思い直し、参加するなら全身全霊でやってみようと思って制作に臨んだんです。結果、完成した「まにまに」は予想以上の反響をいただきまして、ありがたいことにそれを機にいろいろな作曲依頼をいただくようになったんですね。それで一度、自分の活動を音楽に集中させようと方向転換をしました。自分の人生を変える大きな決断をしたんです。

――それで数々の依頼の楽曲や、今回のEP「Lunar Calendar」のリリースに繋がったんですね。最後に、今後の活動の目標があればお聞かせください。

r-906 短期的な目標でいうと、アルバムを出したいなと思っています。2021年に「in my hands」というアルバムを出したのですが、それ以降に作った楽曲が増えてきたのでセカンドフルアルバムを作りたいです。長期的な目標でいうと、ドラムンベースをさらに追求して、ドラムンベースのDJとしての活動を広げていきたいと思っています。あと、長く愛される楽曲をたくさん作っていきたいというのも目標にあります。20年後に自分が聴いても恥ずかしくない楽曲を、これからも作っていきたいですね。

[まにまに]
【ボカロPの作曲・編曲方法は?】“ボカコレNo.1”r-906がサカナクション山口一郎の影響を受けるまで

ボカコレ2022春で1位を獲得した楽曲。ニコニコ動画でミリオン(100万回)再生を記録。「自分が創作する意味は何だろうと自問自答したことを歌詞にしています」(r-906)

[三日月ステップ]【ボカロPの作曲・編曲方法は?】“ボカコレNo.1”r-906がサカナクション山口一郎の影響を受けるまで

10作目の楽曲。初音ミクが歌唱。自身2曲目となるミリオン達成を果たした。「『LunarCalendar』の収録曲の中で一番最初にできあがった楽曲です」(r-906)

PROFILE/r-906
2018年からボカロPとして活動。これまでに8曲がニコニコ動画の殿堂入り(10万再生)を果たした。Geroのアルバムに楽曲提供するなど活動の幅を広げている。これまでにフルアルバムを1枚リリースしている。

INFORMATION
r-906さんの待望のEP
「Lunar Calendar」好評発売中!

【ボカロPの作曲・編曲方法は?】“ボカコレNo.1”r-906がサカナクション山口一郎の影響を受けるまで

月をテーマにしたEP。「三日月ステップ」などの人気楽曲に加え、新進気鋭のクリエイターが手がけた特別なリミックスも収録。美しいメロディーとリズムが描く、浮遊感のあるサウンドスケープを堪能できる。「もともと宇宙が好きなので、月をテーマにしたEPを作りました。『ムーンライトダンサー』は高校生のころに作ったオリジナル曲がモチーフになっています。」(r-906)

 「Lunar Calendar」商品ページURL https://link.equall.jp/tree/LC_EP

Interview&Text_HIDEKUNI SHIDA

この記事の画像一覧
  • ボカロP「r-906」
  • r-906「まにまに」
  • r-906「三日月ステップ」
  • r-906「Lunar Calender」

この記事の画像一覧を見る(4枚)

この記事を書いた人

志田英邦

志田英邦

ライター、編集者。ゲームを作ったり、小説を書いたり、本を作るお手伝いなどいろいろ。日々さまざまな制作現場にお邪魔して面白いことを探しております。美味しいカレーと極上のうどんを探し求めつつ。

Twitter:@shidaill

Instagram:@hidekunishida

この記事をシェアする

この記事のタグ

08

20:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS