smart Web

連載スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

執筆者:

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

この記事の画像一覧を見る

あいみょん、Awich、RADWIMPS、BiSHなどの人気アーティストや有名俳優のスタイリングを多数手掛け、ファッション業界ではその名を知らぬ者がいない男、服部昌孝。2022年1月某日、スタイリスト・服部昌孝は、36歳にして人生初の普通自動車運転免許を取得した。「え、今まで車を持ってなかったの?」「っていうか、30代に見えない!」なんて思った人、後者はさておき、はいその通り。スタイリストという職業は、都内を車でぐるぐると回り、洋服をリースしてなんぼみたいなイメージがあるでしょう。しかし、この服部昌孝という男は、苦難も多いアシスタント時代を文字通り“自力”(免許ないからチャリンコ)で乗り越え、独立後から押し寄せた仕事という数々の荒波をクレバーに(免許ないからタクシーやロケバス、アシスタントが運転するレンタカーで)ぶん回し……失礼。乗りこなしてきた側の人間なわけです。

そんな男が、なぜ今さら運転免許を? それは「コロナ禍で良くも悪くもようやく時間が空いた」から。はい、シンプルなアンサーがもらえたところで、いよいよ本編へ。この企画は免許取得直後からどっぷりと“マシン沼”にハマってしまった服部昌孝が、乗り物に対して深い愛情を注ぐ方々に話を聞いていく連載です。第二回のお相手は自身のYouTubeチャンネルでバイク愛を発信するお笑い芸人。そう、俺だよ俺、ハンバーグだよぉ! のハンバーグ師匠です。

スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2
服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

あ、そうそう、言い忘れました。去年1月に若葉マークの仲間入りを果たした服部昌孝ですが、その後3月には普通自動二輪、5月には大型自動二輪、と続けざまに免許を取得。なんやかんや、諸々あって、現時点で車5台とバイク3台のオーナーです。「人生初の趣味ができた」と子どものように車両と触れ合う服部氏(ミニカー集めじゃねぇのよ)、今後は車やバイクの話だけじゃなく、別の乗り物にも発展していくかも? なんて、そのあたりの沼具合にも乞うご期待ってことで。

【服部昌孝の所有マシンリスト】
自動車
・マツダ・サバンナRX-7(1983年式)
・フォード・エクスプローラー(2011年式)
・スズキ・ジムニー(2022年式)
・ルノー・ルノー4(1973年式)
・トヨタ・マークⅡワゴン(1990年式)

バイク
・スズキ・GSX400インパルス タイプS(1996年式)
・スズキ・GSX750S3カタナ(1984年式)
・ホンダ・スーパーカブ C125(2022年式・タイ製)

服部昌孝(以下、服部) 今日乗ってきてくれた師匠のCBカスタム、めちゃくちゃいいですね。実は、師匠があのバイクを組んだ「ウェッジモーターサイクル(WedgeMotorcycle)」で俺もこれからバイクを組むんです。だから、ちょっとお話してみたくて。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠 この間、中尾(明慶)くんに会ったときに彼から聞きました。服部さんは何を組むんですか?

服部 BMW K100です。

ハンバーグ師匠 おぉ~いいですね。じゃあ、カウルとか全部とっぱらって乗る感じ?

服部 ですね。あのバコンとしたエンジンの見た目がたまらなくて。ただ、今年に入って組み始められそうっていう話だったんですが、師匠と俺の間にまだ待ちの人がいるようで全く手がつけられない状態みたいです。

ハンバーグ師匠 組み出しちゃえば2、3カ月くらいなんですけどね。俺も待ちの期間を入れると、CBが完成するまでに1年近くかかったかな。

服部 そうなると、俺は去年の夏に頼んだから完成は今年の夏ですね。

ハンバーグ師匠 え、去年の夏? 俺、5月スタート(笑)。危うく仕上がる順番が逆になるところだった。

服部 ちょっとの差だったんですね(笑)。師匠ってそもそもバイクに乗り始めたのはいつ頃からですか?

ハンバーグ師匠 中型二輪の免許を取ったのがまだ名古屋にいた頃で、22、3歳くらいのときです。ただ、俺の場合は当時からバイクにすごくこだわっていたわけではなくて、完全に足代わりとして乗っていたタイプです。実際、ハーレーに乗るまでは中免までだったし。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

写真=森屋聖司

服部 確かにあのハーレーがきっかけでハンバーグ師匠=バイク乗りのイメージは一気に広がった印象です。

ハンバーグ師匠 そうなんですよ。それこそ『アメトーーク!』であいつはバイク乗りだとかイジられ出したことで、みんなからそういうイメージを持たれて。過去にヤンチャをしていたり、正直根っからのバイカーってほどでもないから、そんなに語れることも多くないんだけど。

服部 この企画はバイク愛さえあれば大丈夫なので。今さらなんですが、師匠のハーレーってなんであのピンクなんですか?

ハンバーグ師匠 あれは俺が色を塗り変えたわけではなくて、元々のエンジンタンクの色なんです。あのハーレーに乗ることになったのは、友人のハーレー乗りが「一緒にハーレーを見に行きましょう」とディーラーに誘ってくれたのがきっかけです。そのときの俺は大型二輪の免許もないし、そんなに乗る気はありませんでした。

服部 なるほど。ハーレー自体にそれほど興味がなかったところから、今や”ソープランドピンク”と呼ばれるほどに師匠独自の色になっているのはすごいですね。

ハンバーグ師匠 買うつもりはなかったのに実際に見たらすごくかっこよくて、その勢いのまま購入してカスタムして乗ったらイジられた、という流れです(笑)。実は最初、「このハーレーは売り物じゃないんです」って言われたんですよ。話を聞いてみたら、あれはディーラー各店舗でコンセプトカーを持ち寄って行われる大会の出展車両らしくて。それで店内に展示してあったみたいです。でも、こちらも欲しくなってしまった手前、どうにか売ってもらえないかとお願いして売ってもらえることになりました。カスタムに関しては、特にローライダー(※)に乗りたかったわけでも、ハーレーに関する知識がさほどあったわけでもないから、そこのディーラーの人たちに意見をもらいつつ、自分でもアイディアを出して完成させました。

※ローライダー……ハンバーグ師匠が乗っているハーレー「FXDLローライダー」のこと。

服部 実は俺、師匠のハーレーがあそこまでイジられるのが正直よくわからなくて。普通にかっこよくないですか?

ハンバーグ師匠 嬉しいですね~!ありがとうございます。あのときってジュニアさん(千原ジュニア)やコバさん(ケンドーコバヤシ)、矢作さん(矢作兼・おぎやはぎ)たちがいて、旧車乗りが多かったんですよ。その中で俺のバイクだけやたらギラギラとしていて。ジュニアさんに「日本の不良がいる学校にアメリカからヤンキーが転校してきたら、そりゃあ浮くしイジるやろ」と言われて、確かにそうだなと。それで、“バイカー・井戸田”と“お笑い芸人・井戸田”の戦いは最終的にお笑いが勝って、「笑ってもらえるならいいか」と思うようになって。でも、番組が放送されたあと、昼間にハーレーに乗っているとすれ違う人や信号で隣り合わせになる人からも笑われたりして。その当時はちょっとハートが弱ってきて、昼間に乗るのはやめて夜だけにした時期もありました。

服部 そうだったんですね。それは傷つくなぁ……。今はもう平気ですか?

ハンバーグ師匠 もう、全然!あのハーレーは今や“演者”で、俺が所有しているタレントさんですから(笑)。

服部 YouTubeで観ている限り、乗り物を買うときはけっこう粘るタイプですか? 車のとき(井戸田潤がBMW(E46)330ci カブリオレを購入する回)も粘っていましたよね。

ハンバーグ師匠 もしかするとそうなのかも。動画内でも話していますが、330ciは12、3年くらい前に欲しくて一度購入手続きまでしたことがある車なんです。ただ当時、相方の小沢(一敬)さんがBMW Z4に乗っていて。コンビ揃ってBMWのオープンカーに乗っていたらさすがに向こうも恥ずかしかったり嫌かもなとか、いろいろと考えた結果、乗るのをやめました。それで結局そのときはクライスラー 300Cに乗ることにしたんですけど、YouTubeの撮影で元々乗りたかった330ciと再会したのでどうしても欲しくなって。あと、連れて行ってもらったカーショップの「オートロマン(AutoRoman)」に置かれている車がすごすぎたっていうのもあります。

服部 オートロマンはヤバいですよね。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠 あそこで舞い上がりすぎちゃって。「原価400万円」を俺はずっと勘違いして、400万円なら買いますって。バカでしょ?(笑)。「そもそも売り物じゃないし、そういうことじゃなくて……」というカーショップ内に流れる空気を読み取れず、ひたすらゴリ押してましたからね。

服部 ただゴネてる人になってましたよ(笑)。

ハンバーグ師匠 そうだよね(笑)。

服部 師匠って名古屋出身じゃないですか? 俺は浜名湖寄りの浜松出身なんですけど、ああやってちょっと強引に行く気質は土地柄的なところもあってなんか共感できたんですよね。

ハンバーグ師匠 お!じゃあ結構生まれが近いですね。ってそれ、東海地方出身と関係あるの?

服部 わかりませんが、おそらく(笑)。

ハンバーグ師匠 浜松かぁ。じゃあ、ドラゴンズの鈴木ですね。鈴木翔太選手。

服部 俺と同郷なんですか?ドラゴンズの鈴木違いで、鈴木考政投手なら知っています。うちの親父がドラゴンズファンで、俺の名前「昌孝」は鈴木考政投手からきているらしくて。他の候補は竜也(ドラゴンズの「竜」から)でした。

ハンバーグ師匠 お父さん、ずいぶんと熱烈なドラゴンズファンなようですね。

服部 そうみたいです。東海トークをもっとしたいところですが、マシンの話題に戻しますね。最近、ガレージを探されているみたいですけど目星ってつきましたか?

ハンバーグ師匠 候補はあるけどまだ迷っているところですね。ガレージにするか、倉庫のようなところをDIYするのか……。

服部 何で探されていますか?ガレージは俺も常にチェックしていて、不動産物件サイトとかも見ています。

ハンバーグ師匠 へぇ~! そういうのも見るんだ。

服部 情報更新が早いので結構おすすめですよ。あとはガレージ専門の不動産サイトとかもあります。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠 ほうほぅ。……それ、あとで教えてください(笑)。

服部 もちろんです(笑)。俺はバイク用にガレージを借りていて、家からガレージまでカブで行って乗り換える感じにしています。

ハンバーグ師匠 今のところ俺もそうなるかな。ハーレーとCBをガレージに入れて、ハンターカブが移動用。

服部 あれ?所有バイクって3台ですか?赤坂さんのバイクは結局もらわなかったんですね。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠 もらいませんでした。置き場のことを考えると現実的にちょっと難しくて。この先ガレージを借りて、置き場を確保した状態で必要になったらこちらからお願いしに行こうかなと。乗りやすかったし。

服部 あのカスタムしたフュージョン、乗りやすそうでした。自分の乗り物が他の人と被るのって苦手ですか?

ハンバーグ師匠 そんなことはないと思うんですが……結果的にそう見えていますよね(笑)。

服部 はい(笑)。俺はみんなが乗ってないものに手を出したくなるタイプです。次に狙っているバイクとかは?

ハンバーグ師匠 今までカワサキに乗ったことがなくて。なのでZシリーズ、特に角Zとかは気になりますね。でもまだCBを組み上げたばかりだしなぁ。

服部 あのCBの色って誰のアイディアですか?

ハンバーグ師匠 紆余曲折ありましたが、茶色にしようと決めたのは自分からです。

服部 CBのカスタム動画で二平さん(ウェッジモーターサイクル代表)とせめぎ合ってましたよね。やっぱピンクでしょって。

ハンバーグ師匠 そこもお笑い芸人としての顔がどうしても出てきたというか。「ハンバーグ師匠ならピンクでしょ」とか、ご意見もいただいたりしましたが、CBをピンクにしたらダサいっていう正常な感覚は一応ですが俺の中にもあったみたいで……(笑)。

服部 あのブラウンとガンメタのコンビ、めちゃくちゃ渋いです。動画を観ていて、自分のバイクもどうなるのかがすごく楽しみになりました。

ハンバーグ師匠 嬉しいな。そうなんです。本当に色が良くてすごく気に入っています。でも、ウェッジでBMWを組むのってちょっと意外な感じがしますね。

服部 二平さんと話していくうちに、キワモノ扱いされるような車種やカウルのついているモデルが自分の好みだとわかってくれて「K100なんかどうですか?」と提案してくれたんです。二平さん的にもK100のカスタムをやってみたかったらしくて、それで話が進んでいきました。

ハンバーグ師匠 そうだったんだ。BMWのバイクって一見マニアックですけど、あれが好きだっていう人も結構いますよね。うちのYouTubeの制作スタッフにもBMW乗りがいます。

服部 いいですね、その方と気が合いそうです。結局、あのCBカスタムは全部でいくらくらいかかりましたか?

ハンバーグ師匠 車体が170万円、カスタムが380万円で合計550万円です。ハーレーのときが全部で450万円でしたが、まさかその金額を超えるとは思ってもみなかった。CBはフルオーダーだったからカスタムしているうちにどんどん欲が出てきてしまって、結局当初の想定から大きく上回ったって感じです。

服部 まさに“沼”ですね。

ハンバーグ師匠 本当にそう!

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

服部 バイクの好みはありますか?国産車と外国車のどちらがいい、とか。

ハンバーグ師匠 そういうのは特になくて、極論ですがキャブ車(※)ではなくインジェクション(※)でも全然平気です。もちろん、ハーレーに乗るならナックル(※)やショベル(※)への興味はあるので選択肢のひとつとして考えていますけど、走っている途中でトラブルが多いと気が滅入(めい)ってきてしまうタイプなのでどうかなと。

※キャブ車……キャブレター車。燃料を気化する装置を搭載している自動車やオートバイのこと。1980年代までの車の多くはキャブレターによる燃料供給が主流だった。
※インジェクション……フューエルインジェクションの略で、電子制御式燃料噴射システムのこと。 電子制御により無駄な燃料消費を極限まで省くことができる。
※ナックル、ショベル……「ナックルヘッド」と「ショベルヘッド」。ここでは旧車のハーレーを指す愛称として使用。

服部 旧車にトラブルはつきものですからね。ちなみにこれまで乗ってきたバイクは?

ハンバーグ師匠 ガンマ、モンキー、フリーウェイ、ハーレー、CBですね。

服部 スズキのガンマ、いいですね。ガンマの400ccか500ccに乗りたいです。

ハンバーグ師匠 あ~なるほど。なんとなく好みがわかってきました。今日もカタナ乗ってきてますもんね。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

服部 ご理解いただいてありがとうございます(笑)。

ハンバーグ師匠 好みというほどではないかもしれないけど、運転している感がある乗り物は好きですね。330ciもマニュアル車ですし。

服部 自分も基本マニュアル派なのでその気持ちはすごくわかります。マニュアル車の「自分で操作している感覚」がいいですよね。今所有している車のうち、3台がマニュアルです。ルノー4のコラムシフトがまた乗っていて楽しいんですよ。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠 ルノーはフランス車ですよね。コラムシフトの操作性にクセとかは?

服部 かなりありますよ。自分の体の横に棒がみょーんと伸びてくる感じです。

ハンバーグ師匠 乗りづらくはない?

服部 慣れたらこれが一番運転しやすいまであります。

ハンバーグ師匠 本当に?その運転しやすさ、こっちに全然伝わってこないんだけど(笑)。あとは何に乗ってるんでしたっけ(服部所有車両のリストを見ながら)……おぉ!マークⅡがある。この車、好きなんですよ。学生のころ、ツートーンとか木目パネルが流行っていて。いいですね、俺も乗りたいな。

服部 いいですよね。これは友人から買った車で、ボディは青いんですけど。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠 俺の330ciもこんな色ですよ。ラッピングして色を変えたんです。

服部 へぇ~!購入したときのシルバーだと思っていました。今度見てみたいです。

ハンバーグ師匠 ぜひ。しかしこれだけ台数があると、乗り分けってどうしてるんですか?

服部 家族で出かけたり遠出するときはエクスプローラーが中心ですけど、そのときの気分もありますね。ただ、洋服のリースをするときはジムニーで都内をひたすら回ります。1件終わったらすぐ次に移動、みたいな動き方だから車にも負荷がかかってしまうので機動性重視です。師匠の足代わりはハンターカブですよね?

ハンバーグ師匠 基本はそうですね。でもCBの機動力が思った以上に高くて街乗りしやすいので、もしかするとハンターカブを手放すときが来るかもしれないです。

服部 それは寂しいですね。今の状態からカスタムはしないんですか?

ハンバーグ師匠 もういいかな(笑)。もしやるなら次はスーパーカブでやってみたいかも。

服部 俺のスーパーカブはタイ製の純正なんですけど、見た目はカスタムされたバイクみたいじゃないですか?

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ハンバーグ師匠 かっこいいですね!イジる必要なさそう。どこか「ケー スピード(K-SPEED)」っぽさがありますね。

服部 そうなんです。カブをカスタムしている人は結構いますけど、これならイジらなくても普通に乗れるなと思って。いろいろなバイク屋があるけど、どこも人気で予約が取れなかったりしますし。俺が乗り物に興味を持ったタイミングが悪かったのかな……(笑)。値段も上がりまくってるし、もっと早く免許取っておけばよかったと後悔しています。今日はいろいろと話が聞けて楽しかったです。ありがとうございました!

ハンバーグ師匠 いえいえ、こちらこそありがとうございました。

ハンバーグ師匠のバイク遍歴とバイク愛の行方。次に狙う一台は? | スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

Profile/ハンバーグ師匠(井戸田潤)
はんばーぐししょう(いとだ・じゅん)●1972年生まれ。愛知県小牧市出身。ホリプロコムに所属するお笑いコンビ・スピードワゴンのツッコミ担当。ハンバーグ師匠の名義でピン芸人として活動、YouTubeチャンネル「ハンバーグ師匠チャンネル」を開設している。
ハンバーグ師匠チャンネル
スピードワゴン井戸田とハンバーグ師匠公式ツイッター
ハンバーグ師匠と井戸田潤公式インスタグラム

Profile服部昌孝
はっとり・まさたか●1985年、静岡県浜松市生まれ。2012年に独立。あいみょん、Awich、RADWIMPS、BiSHなどの人気アーティストや、有名俳優のスタイリングを多数手掛ける。2020年に制作プロダクション「株式会社服部プロ」を発足。雑誌ディレクションやテレビCM、ミュージックビデオ制作など、多岐に渡り活動を展開している。
服部昌孝インスタグラム
服部のマシン愛インスタグラム

写真=宇佐美直人
インタビュー=服部昌孝
構成・文=本田圭佑
編集=熊谷洋平

衣装はすべて本人私物

この記事の画像一覧
  • スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2 「服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。」
  • スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2 「服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。」
  • ハンバーグ師匠の愛車「CBカスタム」
  • スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2 「服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。」
  • スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2 「服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。」
  • スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2 「服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。」
  • 服部昌孝の愛車「スズキ・GSX750S3カタナ(1984年式)」
  • スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2 「服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。」
  • スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.2 「服部昌孝とハンバーグ師匠とマシン沼。」
  • 服部昌孝の愛車「ルノー・ルノー4(1973年式)」
  • 服部昌孝の愛車「トヨタ・マークⅡワゴン(1990年式)」
  • 服部昌孝の愛車「ホンダ・スーパーカブ C125(2022年式・タイ製)」
  • ハンバーグ師匠の愛車「ハーレー」(写真=森屋聖司)

この記事の画像一覧を見る

この記事を書いた人

本田圭佑

本田圭佑

インタビュアー/ライター/編集者

この記事をシェアする

この記事の連載

この記事のタグ

12

08:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS