smart Web

今年の“帰省のお供”におすすめのお菓子5選。注目度No.1おかしメディアが47都道府県から選抜

おかし,手みやげ,おみやげ,あんトースト最中,名古屋,スイーツ,花桔梗

本連載は日本中のおかしを食し、SNSで情報を発信している「47おかし」のみなさんが毎回テーマに沿ったおかしを紹介。第2回の今回は「帰省のお供にぴったりなおかし」。帰省をする際のおみやげにも、帰省先からUターンする際のおみやげにもぴったりな全国の美味しいお菓子を紹介します。

 

47おかしおすすめ「帰省のお供にしたいおかし」1品目
日本橋錦豊琳「かりんとう」

おかし,手みやげ,おみやげ,かりんとう,日本橋錦豊琳,パッケージ

おかし,手みやげ,おみやげ,かりんとう,日本橋錦豊琳

東京・日本橋から日本伝統の味わいを現代のものとして生まれ変わらせ、新しいおかし文化を発信している日本橋錦豊琳(にしきほうりん)。その代名詞ともいうべきお菓子のかりんとうは、カリッとした軽やかな食感が特徴です。

おかし,手みやげ,おみやげ,かりんとう,日本橋錦豊琳,中身

すみれさん「日本橋錦豊琳のかりんとうは、かりんとうの概念が覆されるような商品。甘いものだけでなく、しょっぱいものもあり、家族や友人などが集まったときでも、好みのものを選ぶことができます。個包装されているので、配りやすいというところもポイントです」 

アンリさん「常温で保存可能なので、帰省の移動にも最適。小伝馬町の本店で購入すると、組み合わせや個数を自由に選べるので、お店に行ける方はぜひ行ってみてください」

47おかしおすすめ「帰省のお供にしたいおかし」2品目
壺屋「き花」

おかし,手みやげ,おみやげ,き花,壺屋,パッケージ

おかし,手みやげ,おみやげ,き花,壺屋,中身

 

クーベルチュールホワイトチョコをアーモンドガレットで包んだおかしは、歌人が北国のダイヤモンドダストを「霧華(きばな)」と詠んだことから、霧華をイメージして作られた北海道の銘菓。モンドセレクションで35年連続金賞を受賞する人気商品で、スイートな味わいを楽しむことができます。

おかし,手みやげ,おみやげ,き花,壺屋,中身,アーモンドガレット,クッキー

すみれさん「アーモンドを使った生地のクッキーで、ザクザクっとした食感とちょうどいい甘さで、ほかでは出会ったことのないおかしです。北海道には有名なお菓子がたくさんありますが、定番品とは異なるものを選びたい方にもおすすめです」

アンリさん「パッケージも雪やダイヤモンドダストをイメージしたキラキラしたデザインになっていて、冬らしさのある商品です」

47おかしおすすめ「帰省のお供にしたいおかし」3品目
花桔梗「あんトースト最中」

おかし,手みやげ,おみやげ,花桔梗,あんトースト最中,パッケージ

おかし,手みやげ,おみやげ,花桔梗,あんトースト最中,パッケージ,箱詰め

名古屋の有名なあんトーストを最中として再現した和菓子。香ばしい厚焼き最中皮をパントーストに見立てて、つぶあん、つぶあんバターの2種類をサンドして食べるというもの。食べる直前にあんをサンドすることで、パリッとした食感の最中を味わうことができます。

おかし,手みやげ,おみやげ,あんトースト最中,名古屋,スイーツ,花桔梗

すみれさん「中のあんが、つぶあんとつぶあんバターの2種類があり、最中の味を変えながら楽しめるおかし。最中らしく皮で挟んだり、小倉トーストのように皮の上にのせたりしながら食べることができます」

アンリさん「帰省のときには、ご両親への手みやげとしておかしを購入するという方も多いと思いますが、最中はさまざまな世代の方が食べやすいアイテムだと思います。あんだけでなく、皮もプレーンと抹茶があるので、あんと皮のいろいろなく組み合わせを楽しめます」

47おかしおすすめ「帰省のお供にしたいおかし」4品目
梅月堂「ラムドラ」

おかし,手みやげ,おみやげ,梅月堂,ラムドラ,パッケージ

マイヤーズのダークラムを100%使用し、ラム酒をたっぷり染み込ませたレーズンにより、芳醇な香りが口いっぱいに広がるどら焼き。北海道大納言小豆を使用し、自家製のどら餡を1枚1枚手焼きの薄皮で包んでいます。ご両親も楽しめる大人向けのおかしです。

おかし,手みやげ,おみやげ,梅月堂,ラムドラ,ラム酒,ラムレーズン

すみれさん「1個400円程度で、高級感のある大人のどら焼き。ラム酒がたっぷり染み込んだレーズンが入っているので、大人の方も楽しめる商品になっています」

アンリさん「ラム酒とレーズンのアクセントがとても美味しい一品で、普通のどら焼きとは少し異なるおかしなので、帰省の際にも喜ばれると思います」

47おかしおすすめ「帰省のお供にしたいおかし」5品目
瓢月堂「たこパティエ」

おかし,手みやげ,おみやげ,瓢月堂,たこパティエ,

おかし,手みやげ,おみやげ,瓢月堂,たこパティエ,パッケージ

「大阪名物のたこ焼きと美味しいパイを組み合わせたら最強にうまい!」というパティシエの思いつきを実現したおかし。一流パティシエが作ったサクサクのパイに、北海道産のたこ、料亭でも使うような香り高い国産青海苔などを使用し、大阪みやげとしても高い人気を誇っています。

おかし,手みやげ,おみやげ,瓢月堂,たこパティエ,たこ焼き,パイ生地

すみれさん「甘いパイ生地の上に、たこ焼きソースやマヨネーズなどを組み合わせていて、甘い&しょっぱいのかけ合わせで止まらなくなってしまいます。見た目もたこ焼きのような雰囲気で、おもしろいのに美味しいおかしです」

アンリさん「大阪感あふれるおかしで、小分けになっているので会社や学校で配りやすいと思います」

Profile/47おかし

47おかし

日本全国の人気お菓子や旅情報を発信するメディア。47おかしメンバーによる“食レポ”が最大の魅力。旅行・出張のおみやげや、取引先への手みやげを選ぶ際にもチェックしておきたい。今回答えてくれたのは、すみれさん&アンリさんのお二人。
47おかしInstagram

47おかしWEBサイト

文=相馬香織

相馬香織

相馬香織

映画配給会社を経て、出版社で企画立ち上げ、海外取材などを数々こなし編集長に就任。現在はベトナム・ハノイを拠点に、日本、韓国を飛び回りフリーランスの編集者として活動中。趣味はアクセサリー製作。インスタではベトナム情報をメインに発信中。

Instagram:@____kaori.soma

この記事をシェアする

25

17:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS