smart Web

【最新プリクラ事情】平成ギャル文化が再び!女子高生に大人気の最新プリ機piemoで遊んでみた

執筆者:

昨今、若年層を中心にブームになっている「Y2K(ワイツーケー)」。端的に説明すると、Y2Kとは2000年前後に流行ったファッションやカルチャーのリバイバルブームを表す。いわゆる平成ギャルファッションを象徴するミニスカートや厚底ブーツ、ルーズソックス、派手にデコレーションした小物やアクセサリーなどが特徴として挙げられる。

この記事の画像一覧を見る(7枚)

2024年2月に登場した『piemo(ピエモ)』がY2Kプリクラだった

こうしたY2Kのブームは、いまプリントシール機にも伝播(でんぱ)している。それが2024年2月上旬にリリースされた『piemo(ピエモ)』だ。この筐体(きょうたい)には、ヒョウ柄やゼブラ柄を盛り込んだ背景や、当時流行ったレインボーやラメ感のある落書き機能を搭載。派手でギラギラ感のある平成ギャル文化の特徴を、より分かりやすく今風にアレンジして、令和の女子高生の心を掴んでいる。

ガラケーを持参して撮影する文化も

2024年2月にリリースされた『piemo(ピエモ)』

2024年2月にリリースされた『piemo(ピエモ)』

ピエモをリリースしたフリュー広報部の疋田裕貴さんは、開発経緯をこう語る。

フリュー広報部・疋田さん「ここ数年のプリントシール機の傾向としては、背景が無地のシンプルなテイストが人気でした。しかし近年、平成レトロブームにより『当時のような派手なプリを撮ってみたい』というニーズが高まり、piemoのリリースにいたりました。

ここ最近の傾向では、ミニスカやルーズソックスなど制服にアレンジを加えたり、ガラケーをメルカリで購入してアイテムとともに撮影を楽しむ傾向も見られます。こうしたトレンドを意識しながら、当時の筐体をいまっぽくアレンジしました」

ゼブラやヒョウ柄に、レインボー色のタッチペン

では実際に、ピエモのY2Kらしい部分はどこなのか。疋田さんと一緒に撮影しながら聞いてみた。

まず背景画面から、いきなりY2Kらしさ満載だ。ゼブラやヒョウ柄、ハート柄、星などが散りばめられた背景が盛り沢山。色もピンクや紫、薄茶色などカラフルな配色を用意されており、背景の組み合わせは計100パターン以上にのぼるという。

ゼブラやヒョウ柄、ハート柄など、派手でギラギラした背景が盛り沢山

ゼブラやヒョウ柄、ハート柄など、派手でギラギラした背景が盛り沢山

色味もカラフルで選びやすい

色味もカラフルで選びやすい

ブースに入りいざ撮影という瞬間も、平成らしさが垣間見えた。小顔ポーズなどの定番に加え、「ギャルピース」「ラジャー」といった懐かしのポーズ見本も盛り込まれていたのだ。アラサーの筆者にとってはどこか懐かしいポーズも、イマドキの女子高生にとっては新鮮で好評なのだという。

恥ずかしさを感じながらのギャルピース……

恥ずかしさを感じながらのギャルピース……

撮影が終わると、落書きブースに移動。疋田さんが落書きしながら、ポイントを説明してくれた。

フリュー広報部・疋田さん「ペンの色は通常に加えて、レインボーやラメなどキラキラした光沢感のある仕様を搭載しています。しかもピエモで落書きするタッチペンは、実際に当社で2000年代に搭載していたものを復刻しているんです。当時プリを撮っていた人からしたら懐かしいアイテムかもしれません(笑)」

また落書きの仕方も、平成当時のような派手な落書きをワンタッチで加工できる「一発落書き」を採用。当時を知らない人でも、簡単にアレンジできるよう工夫した。

加工画面。画面右下のタッチペンにはレインボーなどの配色が用意されている

加工画面。画面右下のタッチペンにはレインボーなどの配色が用意されている

加工が完成。背景や色味がどこか平成っぽい

加工が完成。背景や色味がどこか平成っぽい

この記事を書いた人

佐藤隼秀

佐藤隼秀

1995年生まれ。大学卒業後、競馬関係の編集部に勤め、その後2021年頃から本格的にフリーライターに。Webメディアを中心に、マネー、芸能、ノンフィクションなどを執筆。趣味は飲み歩き、競馬、読書。好きなお酒はキンミヤのソーダ割り。

Twitter:@plzmdiv

Instagram:@h_sato_0824

この記事をシェアする

この記事のタグ

06

09:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS