smart Web

【美味すぎる筋肉メシ】ボディビルダー・横川尚隆が料理家りなてぃとつくる、簡単で栄養たっぷりの「とりマヨ蓮根」

執筆者:

普段から自炊をしない横川尚隆が、りなてぃにサポートしてもらって料理に挑戦する新連載!第一弾となる今回は、食感がよく、食べ応えのあるとりマヨ蓮根を作ってみます。

この記事の画像一覧を見る(7枚)

料理家のりなてぃさんとボディビルダーの横川尚隆さん

りなてぃさんと横川尚隆さん

PROFILE/りなてぃ(写真左)
料理家としてSNSやテレビでレシピを発信。監修した料理本『2品だからうまくいく! #りなてぃ流2品献立』(小社刊)が現在発売中。

PROFILE/横川尚隆(よこかわ・なおたか)(写真右)
今人気のボディビルダー。持ち前の天然キャラが話題となりタレントとしても活躍中。筋トレを中心に紹介するYouTubeチャンネルは必見。

今回のメニューは「とりマヨ蓮根&坦々春雨スープ」

『#りなてぃ流2品献立』の中から、横川さんが作るのはとりマヨ蓮根。しっとり柔らかな鶏肉とシャキッと食感の蓮根が美味!

材料( 2人分)

・鶏むね肉…1枚(300g) 
・蓮根…1節(160g)

・【A】
      酒…小さじ2
  しょうゆ…小さじ1
      鶏ガラスープの素…小さじ1/4
      にんにくチューブ…2~3cm
      しょうがチューブ…2~3cm
      塩こしょう…適量

・片栗粉…大さじ4
・サラダ油…大さじ4

・【B】
     マヨネーズ…大さじ3
     粒マスタード…小さじ2
     砂糖…小さじ2
     酢…小さじ1
    しょうゆ…小さじ1/2

・万能ねぎ…適量

1.蓮根はやや太めに切って
食感のアクセントをプラス

とりマヨ蓮根のつくり方

まずは食材のカットから。ひと口ほどの大きさにそぎ切りした鶏むね肉と、1cm幅の半月切りにした蓮根をポリ袋に入れる。蓮根の食感を楽しめるように、少し太めに切るのがポイント。

2.ポリ袋を揉み込んで
ジューシーな鶏むね肉に

とりマヨ蓮根のつくり方

鶏むね肉と蓮根を入れたポリ袋に【A】を投入。下味とともに水分を含ませることで、鶏むね肉がジューシーに! 最後に片栗粉を入れてなじませ、袋の上から揉んで、下味を染み込ませる。

3.下味をつけた鶏肉と蓮根を
こんがりと揚げ焼き

とりマヨ蓮根のつくり方

サラダ油を入れたフライパンに2.を加えて、揚げ焼きに。火が通ったものから揚げ物バットに取り出す。「にんにくの香りで、もうおいしい!」と、食べる前からおいしさを確信する横川さん。

4.焼き上がった鶏肉と蓮根を
特製マヨソースで和える

とりマヨ蓮根のつくり方

ボウルで【B】を混ぜ合わせ、マヨソースを作る。そこに焼き上がった3.と万能ねぎを入れて、よく和えれば完成!横川さんは「本当に簡単で、僕ひとりでも作れるレシピです」と太鼓判!

完成!

完成したとりマヨ蓮根

マヨネーズと粒マスタードのソースが食欲をそそる!しっかりと食べ応えのある、がっつりメニュー。「ごはんが欲しくなる、大好きな味。マジでおいしい!」と横川さんも大満足!

坦々春雨スープのレシピ詳細はりなてぃ著書をチェック!

2品だからうまくいく!
#りなてぃ流 2品献立

『2品だからうまくいく!#りなてぃ流 2品献立』
発売中 979円(小社刊)

2品だからうまくいく! #りなてぃ流2品献立 (TJMOOK)

2品だからうまくいく! #りなてぃ流2品献立 (TJMOOK)

RINATY
979円(06/13 21:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

Photography_SATOSHI OMURA
Text_SHOGO KOMATSU

この記事は2023年smart10月号に掲載した記事を再編集したもので、記載した情報もその時点のものです。

この記事の画像一覧
  • りなてぃさんと横川尚隆さん
  • とりマヨ蓮根のつくり方
  • とりマヨ蓮根のつくり方
  • とりマヨ蓮根のつくり方
  • とりマヨ蓮根のつくり方
  • 完成したとりマヨ蓮根
  • 2品だからうまくいく! #りなてぃ流 2品献立

この記事の画像一覧を見る(7枚)

この記事を書いた人

コマツ ショウゴ

コマツ ショウゴ

フリーランスのエディター・ライターとして、雑誌やウェブメディアの企画を手掛ける。ファッション、カルチャー、アウトドアのジャンルを中心に、幅広く活動中。

この記事をシェアする

この記事のタグ

09

09:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS