smart Web

【美容クリニック vs エステ、どっちに行くべき?】スマートな男性のための美容施術トレンドと効果的なケア

執筆者:

smart読者の中では、美容クリニックに来院したことがないという方も多いはず。ファッションをはじめ、遊びや趣味にお金を使いたいお年頃の20代=smart男子が多数を占めるでしょう。「美肌治療」や「脱毛」はまだまだ先でいいと考えているかもしれませんが、コツコツ努力を重ねることで、何年先も何十年先もなりたい自分でいられるとあれば、始めない手はありません! ちょっと敷居が高く感じる美容クリニックですが、何から、どう始めればいいのか。今、smart男子が知っておくべき美容クリニックについて、東京美容クリニック山村菜実先生に教えていただきました!

この記事の画像一覧を見る(5枚)

【美容クリニック vs エステ、どっちに行くべき?】スマートな男性のための美容施術トレンドと効果的なケア

Profile/東京美容クリニック理事長・山村菜実先生

産婦人科専門医と抗加齢医学会専門医を取得した後に美容皮膚科・美容外科・美容婦人科を行う東京美容クリニックを開設。当院ではお肌のお悩みから女性特有のお悩みまで女性のトータルケアをしている。

ぜひ試してほしい次世代ピーリング
ハイドラフェイシャル』!

——今日は、美容クリニックを利用したことがないという初心者のメンズに向けたお話をお伺いしたいと思います。まずは初歩的な質問ですが、「エステ」と「美容クリニック」の違いとは何なのでしょうか?

山村菜実(以下、山村)「エステも美容クリニックも美容が目的で施術内容も似ているように見えますが、治療・改善を目的としているのが美容クリニックで、現状維持やリラクゼーションを目的としているのがエステサロンと考えるとわかりやすいかと思います。美容クリニックは専門的な知識を学び、医師免許や看護師免許を持っている医師や看護師が施術にあたるので、美容クリニックとエステサロンでは、使える機器も違うんです。もちろん私もエステは利用していて、毎回行くたびにリフレッシュしています。なので、ご自身が今、何を求めているのかで使い分けることが大切かと思います」

——クリニックを利用しているsmart読者世代だと、どういった悩みで来院される方が多いのでしょうか?

山村「20代の方は、お顔まわりだとシミで悩んでいる人はまだ少ないので、フェイスケアだとニキビや毛穴汚れなどの悩みが中心です。ボディケアだと、脱毛が中心ですね」

——まずはお顔まわりの治療が先決ということですね。夏の終わりから秋口にかけては、肌トラブルが多い時期と聞くのですが、今、おすすめのメニューはありますか?

山村「夏は汗や皮脂の分泌が多くなるため、どうしても毛穴の開きや毛穴の黒ずみが気になる時期です。そこで美容成分を含んだ水流による次世代ピーリングとして注目を集めている『ハイドラフェイシャル』がおすすめです。保湿しながらピーリングができ、毛穴の洗浄まで一緒に行えるので、余分な皮脂や角質を剥離(はくり)しながら、毛穴の奥の汚れを洗い出します。施術後、使用した液剤を見ることができるのですが、私も先日受けた時に、看護師さんに『だいぶ取れましたよ』と見せてもらって『こんなに汚れていたのか」とショックを受けるほどでした(笑)。普段から肌ケアをしている女性でもそう思うということは、初めてのメンズならなおさら驚いてもらえるはず(笑)。肌の質感はもちろん、目でも効果を実感しやすいので、初心者さんにはおすすめです」

——実感できるのはやりがいがありますね。

山村「その後に、美容成分を肌に入れていくことが大切なので、イオン導入の20倍の成分浸透率があると言われている『エレクトロポレーション』も一緒に行うといいですね。肌のコンディションに合わせた成長因子やトラネキサム酸、ビタミンCなどの美容成分が導入できます」

脱毛は半年から1年かけて行うもの。
今の時期から始めて来年、ツルピカを目指そう!

——ほかに20代の男性に人気の施術はありますか?

山村「シミやシワはまだない世代ですが、おでこや眉間のシワを気にされてボトックスを打たれる方は増えてきています。表情のクセによっては深く刻まれてしまうので、早めに対処したほうがいいかなと思います」

——ボトックスは汗を止める効果もあると聞いたことがあります。

山村「そうですね。モデルを生業としている方をはじめ、脇汗をかきたくないという方には脇のボトックス注射もあって、暑い季節は人気があります。効果は注射を打ってからだいたい3カ月程度。最近は9月、10月まで暑いので、6月に打たれた方は9月くらいに再度行う方もいらっしゃいます」

——ボディケアで多い脱毛の施術ですと、膝下あたりが多いのでしょうか?

山村「膝下が多いですね、特に夏は短パンを穿く機会も多いので、夏に照準を合わせて来院される方が多いです。ただ、最近は、ヒゲやVIOなど、全身の脱毛を希望される方も多いです。ただ、毛が濃ければ濃いほど、痛みも大きくなりますので、笑気(しょうき)麻酔(※1)を使って痛みを軽減することもできます」

※1……鎮静、睡眠、鎮痛作用を持つ笑気を吸入することで、リラックスした状態になり、痛みを感じにくくなる吸入麻酔薬の一種

——男性の場合、女性よりも毛が太かったり密集していたりすることが多いので、キレイに脱毛する場合には女性より時間がかかったりするのでしょうか?

山村「髪の毛と同じように、体の毛は周期ごとに生え変わっています。なので、1度脱毛を行ったら、2,3カ月の間隔を空けて、再度脱毛を行うことが必要なんですね。それは女性も一緒なのですが、男性の場合は毛根部を完全になくすまでには女性よりも時間がかかる場合が多いんです。毛量によっても個人差は出るのですが、夏に間に合わせるのであれば、夏に初来院されても遅いので、今から始めるなら、来年の夏に照準を合わせて徐々に始めていくことをおすすめします」

——今は8月ですが、これから始めても今年の夏はもう間に合わないということですね?

山村「もちろん、ツルツルとまではいかなくても、1回の照射で少しずつ薄くなってくるので、効果はあると思います。脱毛を行われる方でも、ツルツルにしたい方もいれば、毛の量や毛の太さを調整したいという方もいますので、それぞれの希望に合わせて施術プランをご提案しています」

——ヒゲの脱毛をする方も多いとのことですが、ヒゲ脱毛でどのような効果があるのでしょうか?

山村「働いている方は特に、毎日のようにヒゲのケアをされていると思いますが、毎日のケアでやはり顔周りの肌に負担をかける原因になるので、肌トラブルも起こってきます。ヒゲを脱毛することで、そういった肌トラブルも軽減したり、毎朝のケアの時間も軽減できるのはいいことだと思います。また、毛量を減らしたり、毛の太さを細くしたり、パーツで残したりということも可能なので、どのようにしたいのかカウンセリングでお話を伺い、それぞれに合ったプランをご提案しています」

——毛が濃い方だと、首の方まで毛が生えてケアをしなければいけない方もいますよね?

山村「そうですね。首周りになるとどうしても剃り残しが多くなるので、毎日のケアが大変ということで首周りも含めて脱毛される方も多いです」

——今は、お母様が高校生の息子の脱毛のために一緒に来院されることも多いと聞きます。

山村「やはり、肌は傷つけてしまうとなかなか元の状態に戻すのは大変なので、まだカミソリ負けなどをしていない肌が健康な状態で早めに処置をすることも大切だと思います」

——高校生とかですと、青春のシンボルであるニキビも気になりますよね。

山村「そうですね。ただ、この時期だからあって当たり前と処置を怠ると、ニキビ跡が残ってしまう場合もあるので、素人判断で考えず、専門医に相談することをおすすめします」

——あとは、暑い季節はムレなどによる「体臭」も気になるところです。

山村「そうですね。メンズはやっぱり体臭が強いので、その原因となるムレを防ぐのにも脱毛は効果的です。なので、VIOや脇の脱毛などは、ニオイ対策としてもおすすめです。脱毛をしておけば、消臭スプレーやワックスなどもしっかり肌につけることができるのでいいかと思います。また、VIOに関して言えば、『毛ジラミ』の予防になったりもするので、そういった意味でもおすすめです」

美容クリニックではスキンケアの相談や
ドクターズコスメの購入も可能!

——女性の先生だと躊躇(ちゅうちょ)してしまうメンズもいるかもしれませんが、女性の先生を選ぶ利点はありますか?

山村「私は、ヘアサロンに行く時に男性のスタイリストさんにお願いすることが多いんです。それは、やはり女性側だけでなく、男性側の意見も取り入れてヘアスタイルを決めたいから。それと同じように美容クリニックでも、女性の意見を参考にできることが利点なのかなと思います。例えば、ヒゲをパーツで残す場合も、女性はどういうヒゲなら受け入れられるのかとか、VIOやすね毛にしてもツルツルではなくどのくらい残せば、女性に清潔感のある印象を持ってもらえるのかであったり、女性の立場からもアドバイスができるのが利点なのかなと思います」

——フェイスケアに関して、暑い時期のおすすめを挙げていただきましたが、自分の外見をどうにかしたいけど、何から始めていいのかわからないという人も多いと思うのですが、そういう人はどうすればよいでしょうか?

山村「肌トラブルが気になっているのであれば、予約の際に今の状況をお伝えいただくのがいいかと思いますし、何をすればいいのか分からなければ、とりあえず来ていただいて必要な施術をご提案することもできます。あとは、特に若い世代なので美容に使える予算もあると思うんです。その場合は、このくらいの予算でどう変わりたいのかをお伝えいただくことも大切かなと思います。その中で、何ができるのかはこちらからご提案ができます。最近はスキンケアのアドバイスが欲しいと来院される方もいらっしゃいます」

——確かに、自分の肌に合うスキンケアを探すのはなかなか大変です。ドクターズコスメも憧れですが、どう選んでいいのかわからないのが本音です。

山村「診察料はかかりますが、こちらで予算にあったスキンケアアイテムをおすすめすることも可能です。自分の肌を自己判断せずに、一度プロの診察を受けることで、自分の肌に合ったスキンケアを日常で取り入れることもこれから長く付き合う肌にとっては大切なことだと思います」

——東京美容クリニックで扱っているスキンケアアイテムをフルラインで購入するとなると、ご予算はいかほどになるのでしょうか?

山村「フルラインだと3〜5万円くらいになりますが、今使っているスキンケアに加え、プラスアルファで取り入れてほしいものだけをご提案することもできます。その場合は1万円台でご提案できるスキンケアの方法もありますよ」

——先ほど、自分が美容に使える予算を先にお伝えすることも大切というお話がありましたが、最低の予算としてどのくらいだと思っていれば大丈夫でしょうか?

山村「施術の種類によって金額は違いますが……。診察料なども込みで2〜3万円の予算があれば、美容クリニックで施術をお試しすることは可能だと思います。あとは、時期によって、色々な方にお試しいただきたい施術の割引キャンペーンをしている場合もあるので、そういった情報もマメにチェックしていただきたいです。敷居が高いなと感じている方も一度来ていただいたら、雰囲気がわかると思うのでぜひ、キャンペーンなどをきっかけにいらしていただけたらと思います」

メンズにオススメの“2ステップ”スキンケア

【美容クリニック vs エステ、どっちに行くべき?】スマートな男性のための美容施術トレンドと効果的なケア

ゼオスキン

世界的に高い評価を受けるゼイン・オバジ医師の35年以上に渡る研究に基づき、開発されたスキンケアプログラム。「ドクターズコスメ初心者のメンズは『汚れを落とす』ことと『保湿する』ことに重点を置いた2ステップから始めるのもおすすめ」(山村先生)

左:ゼオスキン バランサートナー/7,040円
右:ゼオスキン ジェントルクレンザー/6,160円

【美容クリニック vs エステ、どっちに行くべき?】スマートな男性のための美容施術トレンドと効果的なケア

プラスリストア

25年以上に渡りレーザー・光治療に携わってきたジェイメック社が開発したスキンケアシリーズ。「スキンケアを始めUVケアなどもする季節は、一日の終わりにしっかり汚れを落とすことが大切。余分な角質を落とすピールケアも取り入れて、保湿しやすい肌作りをしましょう。泡で出てくるタイプの洗顔のため、摩擦が少なく肌への負担も少ないので使い勝手がいいですね」(山村先生)

左:プラスリストア クレンジングソープ泡 ホームケア/3,850円
右:プラスリストア クレンジングソープ泡 ピールケア/3,960円

美容クリニックはヘアサロンと
同じ用に月イチペースで

——美容クリニックはどのくらいの頻度で行けばいいものなのでしょうか?

山村「脱毛の場合は、回数が自(おの)ずと決まってきますが、お顔の場合は一度に全部と欲張らず、少しずつケアしていくことをおすすめします。季節によってもケアすべきところは変わってくるので、ヘアサロンのような間隔で月1程度のルーティンにしていただければよいのではないかと思います」

——美容クリニックに足を踏み入れるのは30代や40代になってからでも間に合うのでは?と思っているメンズも多いようです。

山村「30代までケアをあまりせずに過ごしていると、いろいろな部分に対応しなければならず、余計、金額がかさんでしまうこともあります。20代からコツコツとしっかりケアしていくことで、トータルでかかる美容医療の金額は抑えることにつながると思うので、早めから美容に対して関心を持っていただきたいです」

 

東京美容クリニックには、男性の来院も多いそう。まずは「自分の今の肌の状態」を知ることが大切。間違ったスキンケアやボディケアは、肌トラブルに発展することもあるので、プロの正しい診断をもとに自分の肌に有効なスキンケアやクリニックメニューを取り入れて、キレイな自分を目指そう。

【美容クリニック vs エステ、どっちに行くべき?】スマートな男性のための美容施術トレンドと効果的なケア

【東京美容クリニック 表参道本院】

住所:東京都港区南青山3-18-17  エイジービル6F
電話:03-6434-7447
診療時間:10:00〜19:00(最終受付18:00)

※9月末まで「ハイドラフェイシャル」キャンペーン実施中!
詳しくはこちらまで!

【美容クリニック vs エステ、どっちに行くべき?】スマートな男性のための美容施術トレンドと効果的なケア

東京美容クリニック
理事長
山村菜実先生

今は女性だけではなく、男性も清潔感があり、若々しい印象を与えることがお仕事の場面でも必要になってきている背景もあり、多くの男性患者も来院するようになってきている。お悩みが少しでもあるようなら、まず一度来院を。一人一人に合わせた方法で、美のサポートをさせていただきます。

インタビュー&文=佐藤玲美

この記事の画像一覧
  • 東京美容クリニック理事長の山村菜実先生
  • 東京美容クリニック表参道本院
  • 左:ゼオスキン バランサートナー/7,040円、右:ゼオスキン ジェントルクレンザー/6,160円
  • 左:プラスリストア クレンジングソープ泡 ホームケア/3,850円、右:プラスリストア クレンジングソープ泡 ピールケア/3,960円
  • 東京美容クリニック理事長の山村菜実先生

この記事の画像一覧を見る(5枚)

この記事を書いた人

佐藤玲美

佐藤玲美

東京在住のライター・エディター。『smart』『sweet』『steady.』『InRed』など、ウィメンズ、メンズを問わず様々なファッション誌やファッション関連のwebでライター&編集者として活動中。写真集やスタイルブック、料理本、恋愛心理、インテリア関連、メンタル&ヘルスケアなどの本の編集にも携わる。独身。ネコ好き。得意ジャンルはファッション、ビューティー、インテリア、サブカル、音楽、ペット、料理、お酒、カフェ、旅、暮らし、雑貨など。

Instagram:@remisatoh

この記事をシェアする

この記事のタグ

27

10:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

松本伊代が語る息子との関係性とZ世代の強み Night Tempoの新曲コラボは「若い世代や海外の方も聴いてほしい」

恋愛相談の最中に思わず写真を撮り始める俳優・古屋呂敏。ネイティブとしての英語力を武器に世界へ

【空気階段インタビュー】単独公演タイトル「ひかり」の由来はあの有名女優……!? “新米パパ”かたまりの子育て秘話も

【PSYCHIC FEVER】JP THE WAVYが見出した新境地!YouTube再生回数1100万回超えの話題曲も

タクシーの車内広告で話題♡福岡みなみが語る、タレントと会社経営の二足のわらじの話

【INI 田島将吾&西 洸人インタビュー】2024年のINIのテーマは“開放”。楽曲制作にも携わる二人が2ndアルバム『MATCH UP』を経て思うこと

smart(スマート)公式SNS