smart Web

連載Z世代PRパーソンのキニナルTrendope

大人気「友達がやってるカフェ / バー」で働く店員に話を聞いてみたら想像以上に楽しそうだった「いいひとすぎるよ展」にも抜てきされた大久保 輝人さん

執筆者:

Z世代に高い人気を誇り、SNSでも度々話題になることが多い東京・原宿にある「友達がやってるカフェ / バー(以下、TYC)」。入店と同時に、どんな客に対してもまるで旧知の友達かのような接客をしてくれる一風変わったカフェだ。そのカフェには、“周りに必ず一人はいる友達”のような性格を持った店員がいる。それが俳優・大久保 輝人(おおくぼ・てるひと)さんだ。その人柄と表情の豊かさで、同じくZ世代に人気の高い「いいひとすぎるよ展」にも抜てきされ、話題になった大久保さん。そんな大久保さんの人柄と、TYCで働く楽しさなどをざっくばらんに聞いてみました!

この記事の画像一覧を見る(6枚)

店員が証言「友達がやってるカフェ / バーで働くって楽しい!」

TYCにて出迎えてくれた大久保輝人さん

TYCにて出迎えてくれた大久保輝人さん

――今日はよろしくね!

大久保 輝人(以下、大久保):よろしく!こういうの初めてだから緊張するね(笑)。

――気にしないで(笑)。まずは大久保くんのプロフィールを教えてください。

大久保:今年30歳になる、長崎出身の大久保 輝人です!身長は185㎝で12年間野球をやっていました。

――出身は長崎だったんだ!いつから東京に来たの?

大久保:高校を卒業してすぐだったかな。俳優になるって決めてから!

――そうなんだ!今はTYCで働きながら俳優をやっていると思うけど、俳優になろうと思ったきっかけは何だったの?

大久保:進路に悩んでる友達がいて、その友達がドラマを観て美容師になると決めたのを聞いて、僕は逆に観てくれる人に夢や影響を与えられる俳優になりたいなと思ったのがキッカケでした。

――どのドラマを観たのがきっかけだったの?

大久保:木村拓哉さん主演の『ビューティフルライフ』!

――じゃあ、今でも俳優としてのロールモデルは木村拓哉さん?

大久保:今は少し違うかも!もちろん木村拓哉さんはかっこいいし、憧れだけど。木村拓哉さん以外でも、三浦春馬さんとかにも憧れたけど、ロールモデルとなる俳優は特にいないかな。

――そうなのか。それは何か理由はあるの?

大久保:そうだね、今の自分の表現できるものには限界があるし、自分の長所は等身大の自分だと思っていて。そこは憧れの人たちにはない部分だと思っているから、俳優としてのロールモデルではないのかなって。

大人気「友達がやってるカフェ / バー」で働く店員に話を聞いてみたら想像以上に楽しそうだった

稽古中の大久保輝人さん

――なるほどね!自分の武器をしっかり見つめ直した中で見つかった結果なんだね。ちなみにドラマ『ビューティフルライフ』以外にも影響を受けた作品とかはある?

大久保:そうだね~、映画『グッドウィルハンティング』は自分の中で一番の作品かも。あの作品でのマッド・デイモンさんの演技には毎回泣いてしまうかな……。

――確かに『グッドウィルハンティング』は不朽の名作だよね、設定も良かった!演技をする時って何か意識していることはあったりする?

大久保:めちゃくちゃあるかも。自分には結構癖があるから、そういうところもだけど、キラキラしている人っていうより、等身大の役を演じさせていただくことが多いから、自分の経験に基づきながら役に入り込むことが多いかな。

――等身大……!確かに輝人さんと話していると、身近な感じが魅力的だなと思うもんね。

大久保:そうなの、自分の性格の中で表現することが多いね!

TYCにて楽しそうに話してくれる大久保輝人さん

TYCにて楽しそうに話してくれる大久保輝人さん

――自分の性格の延長線上で演技するのもいろいろと大変そうだね(笑)。

大久保:そうだね。5年前の舞台稽古中に、難しすぎて蕁麻疹(じんましん)とかも出てきたり(笑)。

――そんな状況、想像つかないな(笑)。俳優という仕事はそういうところがきつい?

大久保:いや、いただいた役には誠心誠意真剣に向き合うし、本当に役をいただけることがありがたい!あとは、オーディションも多いから毎日就活している感じで、それは大変だなって思うかな。

――毎日が就活……想像もしたくないね(笑)。

大久保:チャンスが多い分、取りこぼしたくないし、できることは挑戦し続けたいから負けないけどね!(笑)

――バラエティにもCMとかにも出演しているけど、これも一つの経験?

大久保:そうだね!前の事務所とかはバラエティ番組も多く紹介してくれたこともあって、いくつか出演させていただいたね。そういうのも経験で、今の演技にもつながっているし、それぞれいい経験になったね。

――ちなみにTYCで働いてみてどう?

大久保:本当に楽しい!北海道から沖縄までいろんな人が来てくれて、親友になって帰ってくれる。こんな場所はないし、また来るねって言われるとここで働いてて本当によかったって思うよ。

――そもそも、どういう経緯でTYCで働くことになったの?

大久保:これは本当に人の縁で、先輩からの紹介っていうのが近いかな。先輩の紹介で「こういうカフェがあるからどうかな?」って声かけてもらって、それで働きだした感じ。

この記事を書いた人

石井亮仁

石井亮仁

神奈川県藤沢市出身。不動産売買仲介業に従事した後、中途でアンティルに入社。toBからtoCまで幅広くPRを担当。趣味はバスケとバドミントン、映画鑑賞など。湘南生まれながら、サーフィンなどは全くの未経験。最近はK-POP、アニメ、マンガなどのエンタメにドはまり中。推しはTWICEのジヒョとBTSのジョングク。

Instagram:@chrisjohn_248

この記事をシェアする

この記事のタグ

18

08:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS