smart Web

【ME:Iインタビュー】“未来のアイドル”11人組ガールズグループの夢と希望とは?

執筆者:

「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」から
誕生した未来のアイドル!『ME:I(ミーアイ)』

この記事の画像一覧を見る(3枚)

昨年末の2023年12月16日に最終回が生放送された、日本最大級のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』。この日に誕生した、新たな11人組ガールズ・グループ「ME:I」(ミーアイ)が、待望の本誌初登場!4月17日の華々しいデビューも記憶に新しい彼女たちをsmartが大特集。ME:Iから放たれる、夢と希望に満ちたキラキラのエネルギーがあなたをきっと元気にする!

「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」から誕生した未来のアイドル!

「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」から
誕生した未来のアイドル!『ME:I(ミーアイ)』

──取材時点ではデビューまであと2カ月ほどですが、実感はすでに湧いていますか?

RINON この間、文寧ちゃん(AYANE)と渋谷のタワーレコードに行ったんですけど、そのときに私たちの販売コーナーがあって、そこにファンの方もいらっしゃって「本当にYOU:MEがいるんだな」と実感して。みんなに期待されていることを感じたのはファイナル以来だったのですごく嬉しかったです。

SUZU まだ実感することがなかなかないんですけど、雑誌の撮影で11人の集合カットを撮ったり、MVの撮影でみんなで踊ったりすると「これが世の中に出るんだな」と思います。

RAN 私も11人で画面に映っている姿を見るとグループになったんだなと感じるので、特にこういう雑誌のお仕事のときは実感します。

COCORO まだふわふわしているんですけど、準備していく中で自分たちの曲をレコーディングしたり、MV撮影をして少しずつ実感が湧いている最中です。

KEIKO 私もMV撮影のときに実感がすごく湧いてきて。最後がダンスシーンだったんですけど、その撮影で団結したときに「ああ、チームだな」と思いました。

KOKONA MV撮影の最後は本当にみんなテキパキ動いていたよね(笑)。誰かひとりが撮影しているときに、みんなで「かわいい!」と言って褒め合ったりするんですけど、そういう一致団結するときもチームになったことを感じます。

──ME:Iとして一緒に過ごすようになって見えた、お互いの新たな一面や意外な一面はありますか?

KEIKO 心ちゃん(COCORO)が意外と男前です!パンケーキ♡とかじゃなくてジャンクフードもガツガツ食べるのにめちゃくちゃ細いです!

RINON あと心ちゃん(COCORO)は苦いものも好きで、コーヒーもガブガブ飲んでいます。

TSUZUMI みんなでごはんを食べに行ったときに焦げた茶碗蒸しが出てきたんですけど、私と美羽ちゃん(MIU)は「ちょっと苦い!」と言っていたのに、心ちゃん(COCORO)は『この苦いのがおいしい』と言って食べていたので大人です!

AYANE 私は心菜(KOKONA)と味覚が似ているのが発見でした。

KOKONA あー、確かに!

AYANE 「これ苦手だな」と言うと心菜(KOKONA)も苦手で、おいしいと思うものも同じで。あと璃杏ちゃん(RINON)とも似ています。

──どんなものが好きなんですか?

RINON 卵とか。

AYANE 細かく言うと、調理するときに卵焼きかゆで卵のどっちかを選ぶなら……。

RINON KOKONA ゆで卵!

AYANE こういう感じです(笑)。

COCORO 心菜(KOKONA)と文寧ちゃん(AYANE)は大人しいんですけど、実はノリがよくて。ノリツッコミしてくれたりするので、そこは新たにわかった一面です。

SUZU あと、みんな一旦ネジが外れたらすごいことになります(笑)。

RINON 同じタイミングで同じフレーズを言っちゃうこともよくあります。みんな、脳が一緒なのかもしれないという話をしました(笑)。

MOMONA デビューが決まってから韓国での最初の合宿で鼓(TSUZUMI)がどんどんたくましくなって、私がリーダーとして見落としていた部分を代わりに言ってくれたり、助けられた部分が多いんです。番組の最初の頃からしたら考えられないなと思います。

MIU 考えられない。『Body & Soul』のときと別人。

SHIZUKU 意志がしっかりある子たちが集まっていたので、それぞれやりたいことをやりたいときにやっていたんですけど、美羽ちゃん(MIU)と桃奈ちゃん(MOMONA)は家事もちゃんとしていたので、私たちは二人に言われる前に食器を洗っていました(笑)。

MOMONA しーちゃん(SHIZUKU)、めっちゃ成長した!

MIU うちの子たちは全員ちゃんと食器を洗えます。

RAN めっちゃ親やん(笑)。

──オーディション中のエピソードとして、美羽さん(MIU)がパンを16個食べていたというのも意外な一面だなと思ったのですが。

MIU (このエピソードが広まるきっかけになったMOMONAさんに)笠原(MOMONA)〜!

MOMONA いや、すごいんですよ。番組中の食事はビュッフェ方式でメニューも豊富に用意してくださっていたんですけど、パンだけじゃなくてごはんもおかずも全部が山盛りなんです。カメラが回っていないのに一人だけ違う企画をやっているのかと思いました。

RAN 大食い企画(笑)。

COCORO しかも口をパンパンにして食べるから、めちゃくちゃかわいいんですよ(笑)。

MOMONA 「うまい!うまい!」(高めの声で声真似)って言いながら食べていた(笑)。

MIU 笠原(MOMONA)のモノマネがマジでおもしろい(笑)。

「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」から
誕生した未来のアイドル!『ME:I(ミーアイ)』

──グループのルールや生活の中での決まりごとはありますか?

MOMONA 11人での生活が始まる初日にルールを決めたんですけど、練習生生活でいろんな人との共同生活に慣れている美羽(MIU)と、恵子(KEIKO)も7人きょうだいだからかルール作成に協力的だったよね。

KEIKO お風呂は15分以内に入るんです。

SUZU 違う、10分だよ!

KEIKO え?10分だっけ?! 15分にのびたんだよ! もし時間に遅れたらその日の順番が最後になるというペナルティがあります。

RAN 美羽(MIU)がお風呂のタイムキーパーです。「5分以内に入らないと最後になるよ」ってLINEが来て(笑)。

TSUZUMI あとは洗濯物のことも決めたい! 昨日、心ちゃん(COCORO)と一緒に洗濯する予定だったんですけどなぜか洗濯機が回っていて……。だから心ちゃん(COCORO)と私、洗えていません!

AYANE 怖いこと言っていいですか?それ私たちなんですけど、前日に深夜2時まで誰かが洗濯していて、私たちも回せなかったんです。

TSUZUMI 怖! 

RINON 幽霊がいます。

──最後に、これからME:Iで成し遂げたいことを教えてください!

RINON ME:Iという、どこにも分類されない新しいコンセプトを国内だけじゃなくて世界中に知ってもらって、たくさんの人に愛されるようなグループにすることです。そしてドームツアーをすることが目標です。

SUZU 私は東京ドームでライブをして、そこに家族に来てほしいです。デビューも家族がいなかったら絶対にできていなかったと思うし、家族のおかげで今の私があると思うので、ドームでの私の姿を見てほしいなって。

TSUZUMI 私もみんなでドームに行きたいです!

KEIKO 頑張ろうな! 私はみんなでワールドツアーをしたいです!

ALL イエーイ!(と大盛り上がり)

KEIKO みんなで海外に進出してライブもして、行った国でみんなで旅行もできたらいいなと思っています。世界中で思い出を作りたいです!

RAN 私も、ライブツアーをやりたい気持ちはすごく大きいです。自分の経験上ツアーって成長できる大きなきっかけになりますし、ファンのみなさんにとってもすごく大事な時間になると思うので、早くこのメンバーでツアーをして最終公演はみんなで泣きたいです(笑)。

AYANE 私は応援してくださったファンの方々に賞だったり、大きな形で功績を残してお返しすることができたらいいなと思っています。

MIU 私は、自分が作詞作曲に携わった曲をみんなに歌ってほしくて、そのレコーディングをディレクションしたいです。ダンスも蘭(RAN)やみんなで振り付けをしたり、やっぱり「好きだから音楽をやっている」という自発的にやりたい思いが大きくて。曲を作るまではいかなくても自分たちでやりたい曲をカバーしたり、ユニット組んだりして、いつかYOU:MEの前で披露できたらいいなと思っています。

MOMONA 確かに、自己プロデュースもできるようなグループになれたらいいよね。私は10年後にみんなで改めて乾杯したいです。どうなっているかは全く想像つかないですけど、それを想像すると夢があるなと思います。

COCORO 成人とか、みんなの節目も祝っていきたいです。笠原(MOMONA)が今年の成人の日に振り袖を着た写真を公開したんですけど、これから迎えていく子たちも多いので楽しみですね。

KOKONA 私はどこのチームよりも仲がいいグループにしたいです。やっぱり仲がいいとどこまでも上にいけると思うので、もうめっちゃ仲よくなりたい!

SHIZUKU 私はプライベートで11人で遊びに行きたいなって。まだグループができて間もないときにメンバーのグループLINEに「11人でいつかディズニーランドに行きたい」と送ったらみんなが「いいよ、行こう!」と言ってくれたので、いつか必ず実現したいです。

──もし実現するとしたら誰がプランを立てると思いますか?

RAN 桃奈ちゃん(MOMONA)ですね。

MIU 絶対鬼スケジュールだよ。朝5時起床、このレストランで◯時までに食べ終わるとか。「もうちょっといたいんだけど」と言っても「いや、もう計画立ててあるから」って引っ張られる。

MOMONA いや、みんなに合わせたプランにしたいと思います(笑)。

SHIZUKU お願いします(笑)。

この記事を書いた人

東海林その子

東海林その子

出版社を経てフリーライターに。ファッション誌、エンタメ誌、web媒体などでインタビュー・執筆。smart本誌では田中みな実さん、山本彩さんの連載などを担当。アイドル、アニメ、食、ドラマなど幅広く興味あり。最近は韓国語を勉強中。

Twitter:@sonokotokairin

齊藤美穂子

齊藤美穂子

出版社でファッション誌の編集を経て、フリーエディター兼ライターに。現在は雑誌や書籍、Webなどをメインに、幅広いジャンルで記事を制作。 趣味は陶芸と金継ぎ、料理、旅。 2020年に移住し、湘南暮らしを満喫中。

Instagram:@hana0910

この記事をシェアする

この記事のタグ

03

07:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

【ボカロPの祭典レポート】八王子P、原口沙輔、r-906など超人気PがDJで会場を沸かせた『Voca Nico Japan 2024」

【川西拓実の“トリセツ”大公開】最新MBTI診断で明らかになった意外な一面とは?

【JO1川西拓実インタビュー】音楽と演技で成長を実感 映画『バジーノイズ』と新シングル『HITCHHIKER』を語る

【大胆な演技が話題】中﨑絵梨奈「愛って……と語ってる自分が恥ずかしい(笑)」

【スナップでわかった】お洒落な人は今どんなスニーカーを履いている?【ファッションスナップの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

舞台「千と千尋の神隠し」ハク役・増子敦貴が語る作品の魅力ほか【芸能の人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

smart(スマート)公式SNS