smart Web

松本伊代が語る息子との関係性とZ世代の強み Night Tempoの新曲コラボは「若い世代や海外の方も聴いてほしい」

執筆者:

Night Tempoの新曲でコラボした松本伊代さん

この記事の画像一覧を見る(5枚)

韓国人プロデューサーでDJのNight Tempoさんが松本伊代さんとコラボし、新曲「Tokyo Love (feat. Iyo Matsumoto)」を4月10日(水)にリリース!smart Webでは、作詞とヴォーカルを担当した松本伊代さんに、数々の昭和歌謡を令和に新しく甦らせてきたNight Tempoさんとの関係や、秋に開催する単独コンサートへの想い、そしてsmart世代の息子2人との関係性について話を聞いた。

最近感じる“若い世代が昭和歌謡を愛する”という喜び

Night Tempoの新曲でコラボした松本伊代さん

――新曲『Tokyo Love (feat. Iyo Matsumoto)』では、ヴォーカルはもちろん作詞も担当されたということですが、どういう世界観で書かれたのでしょうか?

松本伊代(以下、松本) 最初にNight Tempoさんから「東京タワーの曲です、歌ってもらえませんか」と言っていただいて「是非!歌います!」と答えました。“東京タワー”というテーマは最初から決まっていたので調べてみると、ちょうど3月に東京タワーがチェリーピンクっていう色に点灯するということを知ったんです。「チェリーピンクってかわいい!」と思って歌詞に入れることにしました。ただ、ラブストーリーを今の私の現実で書くのはちょっと……と思って(笑)。昔に戻って書くと、イルミネーションはないからどうしよう……と悩むこともありました。そこから、現在・過去という時空を超えるようにして仕上げていきました。

――今回、コラボレーションした韓国人プロデューサーNight Tempoさんとは以前から親交があったとのことでした

松本 2年くらい前に早見優ちゃんから「Night Tempoさんと一緒にご飯いかない?」と誘われて、そこで初めてお会いしました。その時から「一緒に何かやりたいです」っていうふうにおっしゃってくださっていて。それからライブやイベントに参加させてもらうようになりました。22年に再販された私のアルバムから「Private fileは開けたままで・・・」っていう1曲をリミックスして素敵によみがえらせてくれたこともあって。ライブではNight Tempoさんを目掛けて来るお客さんですごく盛り上がっていたんですが、私の曲でもみなさん分け隔てなく盛り上がってくださったので、すごく楽しく歌わせてもらいました。

――Night Tempoさんは伊代さんからご覧になって、どんな方ですか?

松本 若いのに本当にいろいろ知っていて、シティポップや昔の昭和歌謡はもちろん、日本についてのことは全般的にすごく詳しい方です。今回の曲もそうですが、色々プロデュースもしてくださり、尊敬しています。おしゃべりがお上手なので、いろいろなことをわかりやすく教えてもらいながらお話させてもらっています。カセットテープとかアナログレコードとかもすごく大切に持っていて「伊代さんのカセットテープ、見つけました!」と教えてくださったこともありました。

Night Tempoの新曲でコラボした松本伊代さん

――昭和で愛された曲の良さを、若い世代が知るきっかけにもなっていますよね。

松本 そうですね。息子たちもそうですけど、ヘアメイクさんとかも「Night Tempoさんで(初めて)知った曲があります」とおっしゃる方がいます。実は昨日もNight Tempoさんとお会いしたんですが、入ったお店の方が気を遣ってNight Tempoさんの曲を流してくれていたんです。でも、私は気づかずに「この曲いいよね!私すごく好きだったの~」と言ったら、Night Tempoさんが「これ、僕がやったやつです」って(笑)。選曲もいいですし、すごいなって思います。私達の世代も懐かしく新しく聴けるし、若い世代の人たちはさらに新しい感じで聴けますよね。

――2人の息子さんたちとも音楽の話はしますか?

松本 2人とも昔の曲がすごく好きで、次男はclassさんの『夏の日の1993』や堺正章さんの『さらば恋人』も好きみたいです。そういった昔の曲を「なんで知ってるの?」って聞いたら「ドラマで流れてて『いい曲だな』と思った」って。Night Tempoさんもそうですけど、やっぱり今の世代のアーティストさんやメディアなどが昔の歌謡曲や文化を若い世代に広げていってくれているのは本当に嬉しいし、ありがたいと思いますね。

この記事を書いた人

石野志帆

石野志帆

TV局ディレクターや心理カウンセラーを経て、心を動かす発見を伝えるライター。趣味はリアリティーショー鑑賞や食べ歩き。海外在住経験から、はじめて食べる異国料理を口にすることが喜び。ソロ活好きが高じて、居合わせた人たちの雑談から社会のトレンドをキャッチしている。

Twitter:@heartsilvermist

この記事をシェアする

この記事のタグ

13

08:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

【ボカロPの祭典レポート】八王子P、原口沙輔、r-906など超人気PがDJで会場を沸かせた『Voca Nico Japan 2024」

【川西拓実の“トリセツ”大公開】最新MBTI診断で明らかになった意外な一面とは?

【JO1川西拓実インタビュー】音楽と演技で成長を実感 映画『バジーノイズ』と新シングル『HITCHHIKER』を語る

【大胆な演技が話題】中﨑絵梨奈「愛って……と語ってる自分が恥ずかしい(笑)」

【スナップでわかった】お洒落な人は今どんなスニーカーを履いている?【ファッションスナップの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

舞台「千と千尋の神隠し」ハク役・増子敦貴が語る作品の魅力ほか【芸能の人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

smart(スマート)公式SNS