smart Web

人気俳優・古屋呂敏は元祖“二刀流”どころか“四刀流”!?モデル→フォトグラファー→俳優という異色のキャリアの築き方【インタビュー前編】BL作品『恋をするなら二度目が上等』でのW主演が話題

執筆者:

人気俳優・古屋呂敏は元祖“二刀流”どころか“四刀流”!?モデル→フォトグラファー→俳優という異色のキャリアの築き方

この記事の画像一覧を見る(5枚)

毎回様々なジャンルで活躍するゲストをモデルに迎え、大判カメラで10枚(ONE ROLL)の写真を撮影し、その写真からストーリーを紡いでいく連載「4×5(シノゴ)」。「4×5」という連載名は、大判カメラで使用されるシートフィルムのサイズが由来です。第10回のゲストは、モデル・役者・フォトグラファー・映像クリエイターと幅広い顔を持つ古屋呂敏(ふるや・ろびん)さんをフィーチャー。『恋をするなら二度目が上等』(MBS/TBSドラマイズム枠)での長谷川慎さん(THE RAMPAGE)とのW主演も話題の古屋さんに、マルチに活躍するこれまでのキャリアをインタビューしました。

古屋呂敏インタビュー前編スタート!

人気俳優・古屋呂敏は元祖“二刀流”どころか“四刀流”!?モデル→フォトグラファー→俳優という異色のキャリアの築き方

私服はモノクロームだけ!ミニマリストとしての素顔

――まず、この撮影に来てもらったゲストの方に最初に必ず聞いているのですが、今日の撮影はいかがでしたか? 

古屋呂敏(以下、古屋) やっぱりこうやって時間をかけて撮影する機会がどんどん減っていく中で、じっくりと一枚一枚フィルムで大事に撮るっていうのはとても新鮮でした!

――スタイリングも普段の呂敏さんとはちょっと違うイメージというか、いい意味で呂敏さんっぽくない洋服のイメージなのかな?と思うのですが。

古屋 そうですね。確かに、最近こういうスタイルの服を自分で着ることは少ないのですが、今回ご一緒した3人(フォトグラファー、スタイリスト、ヘアメイク)の皆さんとは昔から知り合いというか、一緒にファッション撮影をしていた仲間で。ファッション誌でお仕事させていただいていた時期にこういうスタイルの洋服を着ることが多かったので、なんかちょっとカムバックしてというか、昔のことを思い出しました。特にsmartさんは昔出させてもらっていたのが 6、7年前とかなので、帰ってこられて嬉しいです。

――最近の私服は、SNSなんかを見てると黒系が圧倒的に多いですよね?

古屋 モノクロがめちゃくちゃ多いので、カラーの服をこうやって着るのは本当に超久しぶりですね。特にこの青のパンツなんかは……撮影以外では穿いたことがないくらい、本当に珍しいと思います。

――モノトーンっていうのは、何かこだわりがあってのことですか?

古屋 ここ4、5年でミニマリストになったというのも大きくて。モノをあまり持たなくなってから、洋服に関してもシンプルに黒が多くなって。あと、やっぱり自分がフォトグラファーとして撮影する際に映り込まないようにってのを意識し始めると、必然的に黒ばかりになっていったっていうのはありますね。

人気俳優・古屋呂敏は元祖“二刀流”どころか“四刀流”!?モデル→フォトグラファー→俳優という異色のキャリアの築き方

――呂敏さんといえば、モデル、役者でありながら、同時にスチールとムービーのフォトグラファーでもあります。今をときめく大谷翔平と同じ時期くらいから、二刀流どころか四刀流として活躍してるっていうのが面白いですよね。

古屋 大谷翔平さんと同じっていうのは、さすがにちょっとおこがましいですけど(笑)。いろいろやらせていただいています。ただ、実はそれぞれ並行して活動していた時期ってあんまりなくて。モデルから始まって、フォトグラファーをやって、役者になって……っていう順序なんですよ。一度、前の事務所を辞めて、2年半くらい裏方しかやっていない時期があったので、その時はもうフォトグラファーがずっとメインでしたし。

この記事を書いた人

画画画

画画画

2022年に始動した、オルタナ育ちのエキセントリッククリエイティブ集団。「ガガガ」と読む。 合言葉は「ヴィジュアルショック フロム ウォーターヒップ」! スチール撮影、動画撮影などのディレクションから、 シューティング、スタイリング、ヘアメイク、キャスティング、デザインまでトータルでプロデュースする。 STANFORD(スタンフォード)所属。

Instagram:@gagaga_tokyo

この記事をシェアする

この記事のタグ

30

09:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

松本伊代が語る息子との関係性とZ世代の強み Night Tempoの新曲コラボは「若い世代や海外の方も聴いてほしい」

恋愛相談の最中に思わず写真を撮り始める俳優・古屋呂敏。ネイティブとしての英語力を武器に世界へ

【空気階段インタビュー】単独公演タイトル「ひかり」の由来はあの有名女優……!? “新米パパ”かたまりの子育て秘話も

【PSYCHIC FEVER】JP THE WAVYが見出した新境地!YouTube再生回数1100万回超えの話題曲も

タクシーの車内広告で話題♡福岡みなみが語る、タレントと会社経営の二足のわらじの話

【INI 田島将吾&西 洸人インタビュー】2024年のINIのテーマは“開放”。楽曲制作にも携わる二人が2ndアルバム『MATCH UP』を経て思うこと

smart(スマート)公式SNS