第6回 WEGオーディション・グランプリの早坂海斗さんにインタビュー!

2021/07/26

数多くの芸能人を育成してきたワタナベエデュケーショングループ(WEG)が、smartとタッグを組んで開催している全国モデル・俳優・タレントオーディション。
見事 第6回でグランプリに輝いた早坂海斗さんは、この日(7月2日)初めての撮影に臨みました! 撮影の模様は、本日7月26日(月)発売のsmart9月号でCHECK!!  今回は、この撮影の裏話や、WEGオーディションに応募したきっかけを聞いちゃいます!

衣装すべて本人私物

 

――初めてのsmart専属モデルとしての撮影、いかがでしたか??

めちゃくちゃ緊張しました(笑)。でも、姿勢や表情などをどうすればいいかスタッフのみなさんに教えてもらえて、とても勉強になりました! 現場も終始和やかな雰囲気だったので、緊張はしましたけど変なプレッシャーとかはなく、楽しく撮影できました。

 

――それはよかった! もともとモデルになりたいという夢があって、このオーディションに参加したんですか?

はい! 僕は大学までずっとサッカーをやっていたんですが、それを辞めて就活をする、となったとき、自己分析をして自分と向き合って。そうやって考えたら、人前に立つ仕事がしたい、というのが自分の一番の夢だと思って。そんなときに、インスタグラムの広告でこのオーディションの存在を知りました。それで、就活を辞めてこのオーディションに参加することに決めました。

 

――オーディションに参加していかがでしたか?

一次予選がオンラインでの試験だったのですが、すごく緊張しました! でも、WEGの担当の方が優しく励ましてくれたおかげで、なんとかやり切れたかと思います。

 

――実際にオーディションではどんなことをしたんですか?

僕はK-POPが好きで、それがきっかけで韓国語を勉強するようになったんです。それを生かして、韓国語での自己紹介をやりました。

 

――オーディションで事前に準備していたことはありますか?

簡単なことなんですが、オンラインでの面接だったので照明を使って、顔をハッキリと明るく見せられるように工夫しました。第一印象はとても大切だと思うので、そこで悪印象になったりしたら後悔してもしきれないので。

――その結果、見事グランプリに! グランプリになって今の心境は?

すごく嬉しいと同時に、挑戦心がムクムクと湧いています! 決まった瞬間に、やってやろう! と思いました。自分がどこまで出来るのか、挑戦したいです。

 

――スクールに入って学びたいことはありますか?

演技は頑張りたいな、と受けるときから思っていました。審査のときの演技も緊張して、何をしたかも覚えていないんです(笑)。もっと上手になりたいですね。発声練習やダンスも、せっかく学べる機会なので頑張っていきたいと思います。

 

――卒業後は何を目指したいですか?

やっぱり、一番はモデルとして人気になりたいです。僕の憧れ像は、「かっこいい女性モデルタレント」なんです。モデルとして第一線で活躍しながら、いろいろなメディアやバラエティでも人気のある人になれたらな、と思っています。あとは、舞台俳優にも挑戦したいです。そのためにも、演技頑張らないとな、と思っています(笑)。

――頑張ってください! ちなみに、好きなファッションはどんなスタイル?

基本的には、きれいめコーデが一番自分らしいかなと思っています。シャツを着るときはタックインをするし、選ぶ服は無地が多いかな。ブランドでいうと、ZARAやH&Mをよく着ています。あと、韓国の通販サイトで買うことも多いですね。憧れのブランドは、PRADAです。もともとサッカー一筋だったので、オシャレに詳しくはないんですが、ファッション自体は大好き。インスタグラムなどで気になる人のコーディネイトもチェックしています。

 

――それでは、最後にsmart読者に向けて一言!

smartって、ファッションだけじゃなくアニメやメンズコスメなど、いろいろな情報が載っていて楽しいですよね! 僕も、そんないろいろな誌面に合うモデルとしてみんなに見てもらえるようになりたいです! 応援よろしくお願いします! 

 

【WEG担当者からのコメント】

グランプリ受賞おめでとうございます。予選審査から礼儀正しく、真面目に取り組んでいる姿が印象的でした。予選審査から今日まででも成長を感じます。

これからも早坂さんらしく真面目にコツコツ楽しみながらレッスンに励んで、多くの方から愛されるモデル・俳優として飛躍してください!

期待しています!

 

【smart編集長からのコメント】

グランプリ受賞、おめでとうございます。

smart9月の巻頭企画でモデルデビューしましたね! 

これから撮影を重ねることで、モデルとしての引き出しがどんどん増えていくことと思います。『smart』誌面での活躍を期待しています! 

 

Photo_TOSHIYUKI TANAKA

Hair&Make-up_RAISHIRO YOKOYAMA[Yolken]

Interview_smart

 

タグから探す

smart公式SNS紹介