smart Web

エイベックス所属の俳優だけで作り上げる舞台プロジェクト「ACTORS STAND」始動!出演の中山優貴、松村 優、砂川脩弥インタビュー

執筆者:

4月に開催されるエイベックス所属の俳優陣で作り上げる舞台プロジェクト『ACTORS STAND(アクターズスタンド)』。その第一弾となる舞台『無垢ども』に出演する中山優貴、松村 優、砂川脩弥の3人の俳優に、舞台にかける思いからプライベートまでを語ってもらった。舞台の見どころも要チェック!!

この記事の画像一覧を見る(7枚)

エイベックス所属の俳優だけで作り上げる舞台プロジェクト「ACTORS STAND」始動!出演の中山優貴、松村 優、砂川脩弥インタビュー

左から松村 優、中山優貴、砂川脩弥

エイベックスは音楽だけじゃないところを見せたい

――エイベックス所属の俳優陣による「アクターズスタンド」の初となる舞台『無垢ども』に参加される3人はもともと交流はあるんですか?

中山優貴(以下、中山)「僕と砂川くんは、去年舞台で一緒になりました」

砂川脩弥(以下、砂川)「数カ月前ですね」

松村 優(以下、松村)「僕は事務所に入ったばかりの頃に、砂川くんと一度ご一緒したことがあるんですけど、がっつりと同じ作品でというのは初めてですね」

――アクターズスタンドという舞台プロジェクトが決まったときはどう思いましたか?

中山「事務所のタレントさんと、共演などがあったら交流できるのですが、なかなか一緒になる機会がないので、キャストがすべて同じ事務所というのが、みんなを知るいい機会なのかなと思います。あとは、同じ事務所同士で盛り上げていきたいという気持ちもあります。中には共演したことがある人もいるので、また同じ作品に参加できるのも楽しみです」

砂川「舞台を中心に活動されている方は、いつか何かの作品でご一緒できるんじゃないかと思っているんですけど、タレントの方とはなかなか交流がなくて。だからこういう機会があると、事務所としての絆も深まるし、普段役者じゃない方も今回は参加されるので、僕らも新しいものを吸収できるんじゃないかと思っています」

松村「事務所が一緒でも、みんなそれぞれ携わっている仕事が別なので、交流はないんですよね。こうやって事務所に所属している人同士で一緒の作品を作り上げていくことで、みんなで実力をつけて、エイベックスの役者ってすごいなって思われるようになれたらいいなと思います。今回は1回目だけど、続けていくことでどんどん箱(会場)も大きくしていけるようになったらいいなと思っているので、まずは最初の一歩である1回目を成功させるべく、しっかり気合を入れて頑張ろうと思っています」

――avexはA-nationなどの音楽フェスなども有名ですよね。

松村「そうなんです。なので、役者もそれに追いつけ追い越せじゃないけれど(笑)。音楽だけじゃないぞ、ってとこを見せていきたいですね」

――まだお稽古は始まっていないそうですが、台本はそれぞれ読んでいるとお伺いしています。弁論をテーマに言葉でぶつかり合う青春活劇とのことなのですが、あらすじを読むと主人公の女子学生が校舎裏のウサギ小屋でブロック肉をドライエイジングしていたところ、用務員さんが動物の死骸(しがい)が吊るされていると勘違いしてしまい通報してしまう……というところからストーリーが展開していくようなんですが……。

中山「なかなかのスタートですよね(笑)。僕も1ページ目を読んだときに『あれ、これはサスペンスなのかな?』って思ったんですけど」

エイベックス所属の俳優だけで作り上げる舞台プロジェクト「ACTORS STAND」始動!出演の中山優貴、松村 優、砂川脩弥インタビュー

「自分の軸がありつつも、心のなかに人にはあまり見せたくないものを抱えているという2面性を持っている生徒の役」を演じる中山優貴

砂川「そこからどう展開していくんだ、っていうね」

松村「でも、とっかかりとしてはいいですよね。なんか激しい感じで始まって。台本を読んで僕が思ったのは、今ってSNSでいろんなことが取り沙汰されている時代で、世の中的に、なんでも叩けばいいっていう風潮があると思うんです。そうではなく、ちゃんと面と向かってお互いの意見を聞きながら話し合ってわかり合うっていうことが大切なんじゃないか、っていう、今の世の中に対してのメッセージ性がある作品なんじゃないかなって思いましたね」

中山「言葉でぶつかり合うっていうシーンが多いので、役者の力も必要なのかなって思っています。あとは、みんなの個性がすごく豊かすぎるので、それをそれぞれがどう表現していくのかも楽しみですね。学校が舞台の中心になるのですが、その中でも個々の関係性があったり、討論でぶつかり合ったりというシーンが色々あるので、それぞれの個性を引き出し合いながら、みんなで輝けたらいいなと思っています」

砂川「俺が台本を見たとき、知らない言葉がすごく多かったんです(笑)。セリフの説得力を増すために今、その言葉を調べたりしているんですけど、調べるほうに夢中になってしまって、どんどん台本から離れていってしまったりしています(笑)」

松村「難しい言葉がたくさんあるよね。討論に必要な専門用語があって『ディベート』とかは有名だけど、普段使わないような言葉がいろいろ台本には盛り込まれているんです」

砂川「弁論する人たちはすごく大変だろうなと思います。俺の役は森にいるので、あまり弁論に参加はしないんですけど」

この記事を書いた人

佐藤玲美

佐藤玲美

東京在住のライター・エディター。『smart』『sweet』『steady.』『InRed』など、ウィメンズ、メンズを問わず様々なファッション誌やファッション関連のwebでライター&編集者として活動中。写真集やスタイルブック、料理本、恋愛心理、インテリア関連、メンタル&ヘルスケアなどの本の編集にも携わる。独身。ネコ好き。得意ジャンルはファッション、ビューティー、インテリア、サブカル、音楽、ペット、料理、お酒、カフェ、旅、暮らし、雑貨など。

Instagram:@remisatoh

この記事をシェアする

この記事のタグ

20

11:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

松本伊代が語る息子との関係性とZ世代の強み Night Tempoの新曲コラボは「若い世代や海外の方も聴いてほしい」

恋愛相談の最中に思わず写真を撮り始める俳優・古屋呂敏。ネイティブとしての英語力を武器に世界へ

【空気階段インタビュー】単独公演タイトル「ひかり」の由来はあの有名女優……!? “新米パパ”かたまりの子育て秘話も

【PSYCHIC FEVER】JP THE WAVYが見出した新境地!YouTube再生回数1100万回超えの話題曲も

タクシーの車内広告で話題♡福岡みなみが語る、タレントと会社経営の二足のわらじの話

【INI 田島将吾&西 洸人インタビュー】2024年のINIのテーマは“開放”。楽曲制作にも携わる二人が2ndアルバム『MATCH UP』を経て思うこと

smart(スマート)公式SNS