smart Web

連載スタイリスト服部昌孝のマシン沼。

ロンブー田村亮は年1回以上のクルマの乗り換えで、気持ちインテグラ!原動力は「出会えないことで後悔したくない」

執筆者:

ロンブー田村亮は年1回以上のクルマの乗り換えで、気持ちインテグラ!原動力は「出会えないことで後悔したくない」

この記事の画像一覧を見る(11枚)

スタイリスト服部昌孝のマシン沼。VOL.6
服部昌孝と田村亮とマシン沼。

あいみょん、Awich、RADWIMPS、米津玄師などの人気アーティストや有名俳優のスタイリングを多数手がけ、ファッション業界にその名を轟(とどろ)かす男、服部昌孝。そんな彼が、36歳にして人生初の普通自動車運転免許を取得した。「え、今まで車を持ってなかったの?」「ていうか、30代に見えない!」なんて思った人、後者はさておき、はいその通り。

スタイリストという職業は、都内を車でぐるぐると回り、数多くの洋服をリースしてなんぼみたいなイメージがあるでしょう。しかしこの服部昌孝という男は、苦難も多いアシスタント時代を“自力”(免許がないから自転車)で乗り越え、独立後から押し寄せた仕事という数々の荒波をクレバーに(免許ないからタクシーやロケバス、アシスタントが運転するレンタカーで)ぶん回し……失礼。乗りこなしてきた側の人間なわけです。

第6回のゲストは田村亮さん。宿願を果たす最短ルートにまっしぐら

この企画は免許取得直後からどっぷりと“マシン沼”にハマってしまった服部昌孝が、乗り物に対して深い愛情を注ぐ方々に話を聞いていく連載です。第6回のお相手はタレントの田村亮さん。なぜ、次々に車を乗り換えているのか?そんなド直球な質問からトークはあらゆる方向へ。亮さんの若かりし頃の思い出とともに、クルマ愛を振り返ります。

ロンブー田村亮は年1回以上のクルマの乗り換えで、気持ちインテグラ!原動力は「出会えないことで後悔したくない」

【服部昌孝の所有マシンリスト】

自動車

New・マツダ・ロードスター(2023年式)
New・米国トヨタ・タコマ(1995年式)
・マツダ・サバンナRX-7(1983年式)
・フォード・エクスプローラー(2011年式)
・スズキ・ジムニー(2022年式)
・ルノー・ルノー4(1973年式)
・トヨタ・マークⅡワゴン(1990年式)
・ダットサン・240Z(1971年式)

バイク

New・ハーレーダビッドソンXLCR(1977年式)
・スズキ・GSX400インパルス タイプS(1996年式)
・スズキ・GSX750S3カタナ(1984年式)
・ホンダ・スーパーカブ C125(2022年式・タイ製)

一年に何台も乗り替え構想!?ハイペースすぎる理由。

服部昌孝(以下、服部) YouTubeを楽しく観させてもらっていますけど、亮さんが次々と車を乗り替えている理由について、改めて聞いてもいいですか?

田村亮(以下、亮) 乗ってみたい車がまだたくさんあって、年に1、2台ペースでそれほどコストをかけずに乗り換えることができたら楽しいだろうなっていうのが発端ですね。あとは2035年にはガソリン車の新車販売が禁止になるって言われているし、中古車もこの先どうなるかわからない。急がないともう乗れなくなってしまうかもという焦りがさらに火をつけた感じです。

服部 新車やEV車への興味はあまりないですか?

 う〜ん。最近のEV車は乗ってみるとガソリン車に近い感覚もするし嫌いではないんやけど、やっぱり面白みは減っている気がしてしまって……。今は新しさよりも、昔に見たことがあったり興味があった車に触れておきたいって気持ちのほうが強いですね。

ロンブー田村亮は年1回以上のクルマの乗り換えで、気持ちインテグラ!原動力は「出会えないことで後悔したくない」

服部 ストーリーがちゃんとあるんですね。亮さんの車のチョイスっていわゆるメイン車種じゃないというか、ちょっとコアなところだと思っていて。

 「なんでその車種なの?」ってよく言われます。でも、珍しいから乗っているわけではなくて。単純にハチロク(※)やセブン(※)などの人気車種は友達が所有していたのを運転したことがあるから、乗りたいって衝動があまり起きないんやと思う。助手席に座ることすら無理になりそうな車から選んでいるから、どうしても変わった車の印象になってしまうというか。

※ハチロク…トヨタ・AE86型カローラレビン / スプリンタートレノの通称。現在は「GR86」の車名で系譜を受け継ぐ
※セブン…マツダ・RX-7のことで、ロータリーエンジンを搭載したスポーツカー

服部 ホンダ・インテグラ(※)の決め手はどこだったんですか?

ロンブー田村亮は年1回以上のクルマの乗り換えで、気持ちインテグラ!原動力は「出会えないことで後悔したくない」※田村亮氏が所有するインテグラ(1990年式)は、1989年にフルモデルチェンジした通称「2代目インテグラ」。初のVTEC搭載車として知られる。

 今までVTEC(※)にちゃんと乗ったことがなかったんです。一度は、と思ってホンダ・シビックやCR-Xとかも見つついろいろと探した結果、一番最初にVTECエンジンを載せたインテグラを選びました。

※VTEC…「バリアブル(V)バルブタイミング(T)アンド リフト・エレクトロニック(E)コントロール(C)システム」の略。本田技研工業が開発したエンジンの仕組みおよび名称。詳しくはこちらを。

この記事を書いた人

本田圭佑

本田圭佑

インタビュアー/ライター/編集者

この記事をシェアする

この記事のタグ

23

08:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS