smart Web

【『風間公親- 教場0- 』に出演中】結木滉星ほか今、最も注目を集めるダンサー&スケーターのファッションを深掘り

執筆者:

ファッションも趣味もライフスタイルも、自分らしさを貫くのが真のお洒落さん。インスタグラムのフィードだけではわからない、リアルな男女全32人の声を取材した、令和版・ストリートスナップをお届け!初回は今、話題沸騰の俳優・結木滉星をはじめ、ダンサー、スケーターなどカルチャーシーンをけん引する20代のキーパーソンに迫ります。

この記事の画像一覧を見る(3枚)

この記事は2023年smart5月号に掲載した記事を再編集したもので、記載した情報もその時点のものです。

01_[俳優/結木滉星]淡い色みを取り入れたラフなスタイルが今のお気に入り

俳優/結木滉星さんストリートスナップ

「最近は淡い色みの服が好きで、今日もお気に入りのスウェットとデニムで合わせてきました」。そう笑顔で話してくれたのは、本誌でもおなじみで、今注目の俳優、結木滉星さん。ドラマ『テッパチ!』や映画『凪の島』をはじめ、舞台などでも幅広く活動する彼は、普段のファッションにもこだわりが。「僕はスウェットやジャージなどのカジュアルな格好が好きなんですけど、ラフになりすぎないよう気をつけていて。モックネックを合わせたり、足元を革靴にして全身のバランスを整えるようにしています」。そう話す結木さんが、ファッションの参考にしているものとは? 「それこそ、撮影の現場でスタイリストさんのアイテムを見て学んだりすることは多いです。常にアンテナを張って、『これいいな』って、スタイリストさんの衣装の組み合わせから学んだりしています」。ファッションにも前向きな姿勢を見せる結木さんは、ネットで買い物をすることはないそう。「自分のルールとして、実際に手に取って見てみないと物のよし悪しってわからないので、お店に足を運んで買うようにしています」。自分流のこだわりを持つ彼は最近ファッションも込みでゴルフにハマっていて、この夏は新たにサーフィンと釣りに挑戦したいのだとか。常に新しいことにも関心を持ち続け、前向きに行動し続ける彼から今後も目が離せない。

トップス =メゾン マルジェラ、インナー =ユニクロ、デニム =ノーマティーディー、スニーカー =コンバース

PROFILE/結木滉星
smart専属モデルであり、映画やドラマをはじめ、幅広く活動する俳優。4月10日スタートのドラマ『風間公親- 教場0- 』(フジテレビ系/月曜よる9時)に尾山柔役で出演。Instagram:kouseiyuki_official

02_[ダンサー・コレオグラファー/KAZtheFIRE(Dr. SWAG)]その日の用途に合わせたコーデに小物でアクセントを
03_[ダンサー・コレオグラファー/KAITA(Dr. SWAG)]レッドカラーが目を引くバランス感のある色合わせ

KAZtheFIREさんとKAITAさんのストリートスナップ

[写真右]KAZtheFIREさん
相方のKAITAさんとともに〈Dr.SWAG〉として日本のダンスシーンを牽引(けんいん)するKAZtheFIREさんは、友人からもらったアイテムを中心に、カジュアルな服装の中にハイブランドのアクセサリーや蛍光色のスニーカーをアクセントにしたコーディネイト。「その日何をするかでファッションを決めていて。今日はリハーサルがあるので、カジュアルでストリートな格好をイメージしてきました。アクセサリーも好きで、自分のブランドのネックレスやロレックスの時計を着こなしのアクセントにしています」。そう話すKAZtheFIREさんは、ラッパーのMVやInstagramでクリス・ブラウンやトラヴィス・スコットが着ているものをチェックし、流行も
捉えたファッションを意識している。

キャップ =WAVY & FRIENDS、トップス =AFB、パンツ =ナイキ、スニーカー =ナイキ×UNDEFEATED

PROFILE/KAZtheFIRE
1998年4月2日生まれ、東京都出身。若い世代にファンが多く、日本だけではなくグローバルに活躍の場を広げている。Instagram:kazthefire

[写真左]KAITAさん
赤を自身のテーマカラーとしているダンサー・コレオグラファーのKAITAさん。この日はTシャツの色をアクセントにコーディネイトを組んでいた。「洋服を選ぶときは、自分のテンションが上がる服がマストです。あとはその日の気分で色合わせをしています」。派
手さとシンプルさの融合を意識しているKAITAさんは、蛍光色のスニーカーと赤のTシャツをアクセントに、ブラックのスラックスとダークグリーンのダウンベストが絶妙なカラーバランス。「韓国のラッパー、ZICOさんのファッションが好きで、作品によっていろんな着こなしをしているのが魅力的です」。流行りだけでなく自己流に着こなすアーティストから影響を受けて、この日もオリジナル
なスタイルを作り上げていた。

ハット =ノーブランド、メガネ =グッチ、インナー =古着のTシャツ、ダウンベスト =プーマ、スニーカー =モンクレール

PROFILE/KAITA
1998年7月19日生まれ、東京都出身。KAZtheFIREとともに、14歳のときにダンスグループ〈Dr.SWAG〉を結成。今最も影響力のあるダンサー/コレオグラファーの一人。Instagram:kaita_the_hataboy

04_[スケーター/吉岡賢人]スケートボード×パンクの独自に融合されたオリジナルスタイル

スケーター吉岡賢人さんのストリートスナップ

スケート界の異端児こと吉岡賢人は、自身のマインドが顕著にファッションにも表れている。過去さまざまなファッションに身を包むも、今彼の中で熱い着こなしは、ジャパニーズパンク・ハードコアカルチャーを取り込んだスタイルだ。「the 原爆オナニーズってバンドをはじめ、80年代の日本のパンクバンドをよくディグっていて、ファッションもおのずとその当時のものに近くなってきましたね」。実は彼自身も昨年からバンド活動をスタートさせ、ボーカルとしてもその実力の片鱗を示している。そんな独創性のある彼のファッションは、一体誰から影響を受けているのだろうか?「スケーターのジム・グレコと、先輩のシェイク ジュンジですね! スケーターなのに綺麗な格好をしていて、その格好がスケートで汚くなってる。そんな矛盾したスタイルが好きです」。スケーターらしい着眼点の彼は、着るブランドにもこだわりが。「靴以外、すべて日本のブランドなんです。海外に行くことが多いんですけど、日本のカッコいいブランドをもっと世界中の人にも知ってもらいたいですし、日本のスケートスタイルを海外に発信したくて。なので、日本のブランドのアイテムを身にまとって、街に出るように意識しています」。そんな彼は〈KNTHW〉という自身のスケートブランドから、新たなスケートビデオの発表と、それに合わせた複合的なオールナイトイベントを開催予定なのだとか。毎年クリエイティブな動きで見る者を虜にする彼の今後の動きに注目したい。

アウター =エビセン スケートボード、シャツ =コネクターズ、パンツ =コネクターズ、ベルト =エビセンス ケートボード×新宿租界、スニーカー =アディダス、ソックス =ウィムジー

PROFILE/吉岡賢人
15歳で上京後、東京のストリートを拠点に活動するスケーター。〈KNTHW〉の立ち上げやバンド活動をはじめ、23歳の若さでストリートを縦横無尽に動き回る若き表現者。Instagram:japanese_super_rat

Photography_RYO KUZUMA, RYOHEI OBAMA, CHO ONGO, SATOSHI OMURA
Text_Teneight, smart

この記事の画像一覧
  • 俳優/結木滉星さんストリートスナップ
  • KAZtheFIREさんとKAITAさんのストリートスナップ
  • スケーター吉岡賢人さんのストリートスナップ

この記事の画像一覧を見る(3枚)

この記事を書いた人

smart編集部

smart編集部

ファッション、カルチャー、ライフスタイルなど、今旬なモノ、コトを厳選してピックアップ。モノ・コトに加えて、“時代の顔”ともいうべき人物をファッションモデルに起用するのはもちろん、インタビューでその人となりに迫るなど、smartを読めば“今”がわかります!

Twitter:@smart_twjp

Instagram:@smart_tkj

この記事をシェアする

この記事のタグ

04

12:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS