smart Web

ロイヤルエンフィールドのロードスター・モデル「HUNTER 350」が日本で発売開始!

執筆者:

美しいオートバイを作り続けている世界最古のモーターサイクルブランド「ロイヤルエンフィールド」によって新開発された「HUNTER 350(ハンター・サンゴ―マル)」が、日本で販売開始されました。

この記事の画像一覧を見る(7枚)

 

HUNTER 350

都会の雑踏を俊敏に駆け抜けるために設計した新型HUNTER 350は、スタイリッシュかつコンパクトな車体でありながらも、ロイヤルエンフィールドの特徴であるシンプルで個性的なデザインを再定義し、ロードスター・モデルとして構築。混雑した市街地や入り組んだ裏路地などでも俊敏に、そして快適に走行することができます。

HUNTER 350

HUNTER 350

HUNTER 350

HUNTER 350 Dapper 各¥657,800(税込)

HUNTER 350には「Dapper(ダッパー)」と「Rebel(レべル)」と呼ぶ2つのバリエーションを用意。カラーは、Dapperはダッパー・グレー、ダッパー・ホワイト、ダッパー・アッシュの3種類、Rebelはレべル・ブルー、レべル・レッド、レべル・ブラックの3種類、合計6種類が用意されました。

 

HUNTER 350

HUNTER 350

HUNTER 350

HUNTER 350 Rebel 各¥664,400(税込)

どちらのバリエーションも、アルミキャストホイールとワイドな前:110/70×17インチおよび後:140/70×17インチのチューブレスタイヤを装着。また、前:300mm径および後:270mm径のディスクブレーキ、デュアルチャンネルABS、便利なセンタースタンドを装備することで、優れたハンドリングと操作性、そして力強いスタイルを実現しています!

この記事の画像一覧
  • HUNTER 350
  • HUNTER 350
  • HUNTER 350
  • HUNTER 350
  • HUNTER 350
  • HUNTER 350
  • HUNTER 350

この記事の画像一覧を見る(7枚)

この記事を書いた人

本間 新

本間 新

スニーカーとアメ車、CODを愛するエディター/ライター。年間約500足のスニーカーを取材し、約400本のスニーカー記事を執筆。

Twitter:@homart01

Instagram:@homart01

この記事をシェアする

22

18:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

国道134号線を走る20代湘南ローライダーがガチだった!愛車のこだわりポイントをインタビュー【ローライダーの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

ラーメン二郎大好き女性モデルがジロリアンになった理由 | ファッションモデル・アイリの好きなもの

週8回サウナに行くガチサウナ―が3秒でギブアップした“氷の水風呂”がヤバかった。さらに北海道くったり湖ならではの外気浴とは?

人気ユーチューバーの自宅拝見、センスがいい人に学ぶ“マネできる”お部屋づくり ほか【インテリアの人気記事 月間ベスト8】(2024年3月)

【インテリアスタイリストがおすすめする家電7選】お洒落すぎ!コケを使った“まるで観葉植物”な空気清浄機ほか

【清潔家電って知ってる?】花粉症対策にもなる空気清浄機、梅雨対策にもなる衣類乾燥除湿器に家電のプロが熱視線

smart(スマート)公式SNS