smart Web

自動車内でゲームが楽しめる⁉ アメリカ発の高性能なクラウド ゲーミング サービスが登場

PCゲームシーンを牽引する、アメリカはカリフォルニア発の半導体メーカー「NVIDIA(エヌビディアコーポレーション)」が展開する高性能な「GeForce NOW ™」クラウド ゲーミング サービスが、自動車に導入されることを発表しました。

今回導入するのは「Hyundai」「Kia」「Genesis」のブランドを擁する自動車メーカー「現代自動車グループ」。そして、新エネルギー車 (NEV) の世界有数のメーカーである「BYD」、スウェーデンのプレミアム電気自動車およびライフスタイル ブランドの「Polestar」という4社。

NVIDIA

前席の乗員が駐車中にゲームをストリーミングすることができるほか、後部座席に画面がある場合は後部座席でもゲームをプレイすることが可能に。主要な PC ゲーム ストアから入手可能な、『A Plague Tale: Requiem』、『ウィッチャー3 ワイルドハント』、『サイバーパンク2077』などを含む 1,000 を超えるタイトルを、車内のモニターでリアルタイムでプレイできちゃいます。

車両の充電や乗車中の時間を、飽きさせないものにしてくれますね!

本間 新

本間 新

スニーカーとアメ車、CODを愛するエディター/ライター。年間約500足のスニーカーを取材し、約400本のスニーカー記事を執筆。

Twitter:@homart01
Instagram:@homart01

この記事をシェアする

22

14:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS