smart Web

手ぶらで楽しめる“トレイルe-bikeライド”。「トレイルアドベンチャー・よこはま」で超・爽快な体験を

先日、都市部での移動手段としてe-bikeのTern Bicycles「Vektron N8」を紹介しました。運動不足で体力に自信がない筆者でも快適に乗ることができるe-bikeは、移動手段として利用するだけではもったいないです。

あわせて読む>>【e-bikeでQOL爆上がり】アクティブに走れて折りたたみも可能なTern Bicycles「Vektron N8」

ということで、連載「色々使ってみなくちゃ気が済まない フォトグラファー田中利幸のガジェット“ガチ”レビュー」の第12回は、森の中で乗り物を楽しむ、スポーツ型のアクティビティであるトレイルアドベンチャーを体験しました。

アクティビティを体験したのは
「トレイルアドベンチャー・よこはま」

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

「トレイルアドベンチャー・よこはま」は神奈川県横浜市にある動物園・ズーラシアに隣接する、自然とふれあいながらアクティビティが楽しめる施設です。横浜町田I.C.から約15分と、都心からのアクセスも良いです。

森や山での自転車走行にはエクストリームスポーツの過酷な環境下で行うスポーツのイメージを持つ方も多いと思いますが、「トレイルアドベンチャー・よこはま」ではコースやレンタル用品まですべてにおいて、初心者でも楽しめるように考えられています。

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

レンタルできる車両はマウンテンバイク、電動アシスト付マウンテンバイク、電動モーターバイクの3種類があり、様々な車種から選ぶことができます。

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

ヘルメットのレンタルもあります。30分間のスキルアップ講習を受けることも可能で、初めてトレイルアドベンチャーを体験するときも、手ぶらで行って楽しむことも可能です。コースの難易度は3種類あり、自転車に乗ることができるなら子供でも楽しむことが可能です。

試乗したのはTREK「Rail9.7」

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

今回試乗したのはTRKE「Rail9.7」です(この車両は、トレイルアドベンチャーのレンタル車両ではありません)。

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

カーボン製のフレーム内にバッテリーが内蔵されています。

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

モーターはBosch Performance Line CXです。小型なのでモーターがあるかどうか、ぱっと見では分からないくらいスッキリとした外観です。

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

前後サスペンション付きです。TREKのトレイルバイクと同じ操作感や走りを備えた本格的な電動マウンテンバイクです。

トレイルバイク初挑戦!
自転車に乗りいざ出発

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

e-bikeには何度か乗ったことがありますが、今までは市街地の舗装路がメインで、本格的な自然の中を自転車で走るのは初体験です。
試乗車としてお借りした「Rail9.7」は、前後にサスペンションがある本格的なトレイルバイクなので、オフロードコース初体験の筆者でも安心して走ることができました。コース内にはところどころにコブや荒れた路面のデコボコがあるのですが、サスペンションが上手く吸収してくれます。

最初は初級コースで、オフロード走行の感覚をつかみます。初級コースといってもトレイルバイク初心者からするとちょっとドキドキするオフロード感があります。

2周ほど初級コースを走り、慣れてきたところで、次は上級コースに挑戦します(トレイルアドベンチャー・よこはまには3種類の難易度のコースがありますが、この日は中級コースが整備中でした)。

上級コースはけっこう急な上りからスタートします。普通の自転車だとスピードに乗っていない状態で登り始めるのは大変ですが、Boschのモーターが力強くアシストしてくれるため、スルスルと登って行くことができます。初級コースに比べると倍くらいの長さで、アップダウンも激しい上級コースですが、「Rail9.7」のおかげか苦もなく走り切ることが出来ました。

トレイルアドベンチャーよこはま,ebike,ズーラシア,横浜市,レジャー

下りのヘアピンカーブやデコボコ道が初めのうちはちょっと怖かったのですが、慣れてくると爽快感を感じるようになり、何周もしたくなります。e-bikeのおかげで楽に登ることができるので、下りの楽しさを何度も味わえます。

Ternの自転車のときも感じましたが、モーターのアシストが静かで自然なので、自転車に乗ることに集中しているとe-bikeということを忘れてしまい、自分の脚力が強くなったかと思ってしまうほどです。夢中になって何周かコースを走った後に、乗り比べのためにアシスト無しの自転車で走ってみましたが、アシストの力を改めて思い出させてくれるくらいハードな上りでした。

モーターのアシストのおかげで、余分な力をかけずに走ることができるので、無理なく楽しく有酸素運動が出来るので運動不足の解消にもピッタリのアクティビティーだと思います。

e-bikeのモーターのアシストは24km/hまでの速度なので、市街地でスピードに乗るとアシスト外のスピードになってしまうことも多かったですが、トレイルバイクの場合は登り中心で、そこまでスピードが出ないので、モーターのアシストの恩恵を最大限受けられると感じました。

大人から子供・初心者も
みんなで楽しめる
トレイルアドベンチャー

トレイルコースはちょっと敷居が高く、上級者が走るものというイメージがありましたが、「トレイルアドベンチャー・よこはま」は子供から大人、初心者もみんなで楽しめるコースとなっています。手ぶらで行って楽しめる手軽さがありながら、森の中を自転車で走るという普段なかなか体験できないアクティビティーの爽快感が満喫できます。

e-bikeに乗ることで、体力差があっても同じコースを楽しむことができるので、デートや大人数でのアクティビティーにはもってこいです!他にもアスレチック施設や、隣の動物園など、家族みんなで1日楽しめる施設がたくさんあるので、ぜひ足を運んで見てください。
年末年始にはトレイルアドベンチャー・よこはまで面白そうなイベントもありますので、トレイルアドベンチャーのHPをチェックしてみてください。

トレイルアドベンチャーに関するお問い合わせ先
トレイルアドベンチャーHP

使用しているe-bike(TREK)に関するお問い合わせ先
問い合わせフォーム

田中利幸

田中利幸

本業はフォトグラファー。雑誌・WEB など、人物撮影から物撮りまで幅広く活躍中 。高校時代に PC にハマり、独学でプログラミングを学び簡単なゲームなどのプログラミングをしていた。 仕事での撮影や PC 作業など“効率よく快適に”をモットーに、最高に快適な環境を作るべく、機材やガジェットを日夜探し求めている 。趣味で機材・ガジェットなどの買ったものをレビューするブログ「Tanaka Blog」を運営。

Twitter:@Toshiyu91246996
Instagram:@toshiyuki_tanaka_photographer

この記事をシェアする

24

08:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS