smart Web

“洋服を超えた洋服”進化したテックアウター6選!【かなり街を席巻中】

リバーシブル、2~4WAY、機能素材……などなど、一着で多彩な表情を見せてくれる“テックアウター”。つまりテックアウターとは、一見ただのアウターかと思いきや、実はスゴいアウターたちのこと。知れば知るほど、ここまで洋服って進化しているの?と思わず驚く、テック系のアウターを集めました。特徴別で分かりやすい!

※この記事は2022年smart12月号に掲載した記事を再編集したもので、記載した情報もその時点のものです。

特徴:極暖!
着た瞬間にぽっかぽか♡ もはややみつき級の暖かさ

テックウェア,テックアウター,アウター,コロンビア

コロンビア独自の熱反射テクノロジーである、オムニヒートインフィニティを搭載。通気性を損なうことなく、効率よく体温を反射することで、瞬時に体を温めてくれるという優れモノ。一度着たら、その速さと暖かさにやみつきになること間違いなし。

テックウェア,テックアウター,アウター,コロンビア

裏地の金色ドットプリントパターンこそが、オムニヒートインフィニティ!

ダウンジャケット¥35,200/コロンビア(コロンビアスポーツウェアジャパン ☎0120-193-803)

特徴:燃えにくい!
暖かいだけじゃない!
燃えにくいんです!

テックウェア,テックアウター,アウター,ナンガ

昨今のアウトドアブームから、冬に焚き火を楽しむ人も多いだろう。でももし飛び火したら……なんて心配もこれなら無用! ナンガが独自に開発した、難燃素材アラミドを配合したタキビ生地で作られているため、化学繊維の弱点だった焚き火も楽しめるんです。

テックウェア,テックアウター,アウター,ナンガ

前見頃には6つのポケットとハンドウォーマーも装備。機能満載な上に、高い保温性も約束。

タキビダウンジャケット¥69,300/ナンガ(☎0749-55-1016)

特徴:機能満載すぎ!
ちょっと待って、これ洋服?
カバンいらずのギミックに脱帽

テックウェア,テックアウター,アウター,プロダクトラボ

コーデュラナイロン素材のコートは、素材だけでなく収納力やギミックにも長けた一着。内側にはショルダーストラップを備え、脱いでも背中に背負って手ぶらで行動することが可能。あったらいいなという機能をすべて搭載していると言っても過言ではない。

テックウェア,テックアウター,アウター,プロダクトラボ

バックには、取り外し可能で単体でも使えるザックホルダーを搭載。急な雨でも安心。

テックウェア,テックアウター,アウター,プロダクトラボ

右の身頃にあるファスナーを開くと、ボトルホルダー他さまざまなものが入るポケットが!!

マルチポケットコート¥69,300/プロダクトラボ(シアン PR ☎03-6662-5525)

特徴:別モノになる!
リバーシブルの枠を超えた!?
相反するアウターをドッキング

リバーシブルはよく見るけれど、ここまで違う姿に変わるものってあるんでしょうか。MA-1とテーラードジャケットという二面性を持つアウターは、ユニフォーム エクスペリメントの定番アウター。ぜひ、ブランドの真骨頂ともいえるアウターを堪能あれ。

 

テックウェア,テックアウター,アウター,ユニフォームエクスペリメント

ベースは程よくゆとりを持たせたモダナイズフィット。シンプルかつ上品なデザイン。

テックウェア,テックアウター,アウター,ユニフォームエクスペリメント

生地には、イタリアの高級生地メーカーである〈ロロ・ピアーナ社〉のオーストラリアンウールを使用。

MA-1×ジャケット¥121,000/ユニフォーム エクスペリメント(SOPH. www.soph.net)

特徴:ふくらむ!
これぞサステナブル!
空気を纏う新機能アウター

テックウェア,テックアウター,アウター,エミュレーション

ダウンや中綿の代わりに、「空気」を遮断材として使用しているジャケット。外気温に応じて、入れる空気の分量は自分で調整可能で、心地よく着用するには50〜70%が最適だ。空気という最もエコロジカルな資源を活用した、新感覚アウターを要チェック!

テックウェア,テックアウター,アウター,エミュレーション

胸元内側にあるキャップを開き、付属のノズル・チューブ・マウスピースで空気を充填。

エアダウン¥47,300/エミュレーション(ヘムト PR ☎03-6721-0882)

特徴:丈が変わる‼
ショートにもロングにもアウターにもインナーにも

テックウェア,テックアウター,アウター,シークヤボーティ

高密度ポリエステルリップストップ生地を使用し、軽さと強度を両立したリーバーシブル仕様のノーカラーブルゾン。スナップボタンを取り外せば丈の長さを変えられるため、シンプルなデザインながら4WAYを楽しめる。アウターとしてはもちろん、インナーとしても活躍する。

テックウェア,テックアウター,アウター,シークヤボーティ

丈の長さは、スナップボタンを外すだけで簡単に変えられる仕組み。

パデットライナージャケット¥79,200/シーク ヤボーティ(スタジオ ファブワーク ☎03-6438-9575)

特徴:ベストの使い方が自在!!
4通りの着方が楽しめる本格的な超機能性アウター

テックウェア,テックアウター,アウター,ミレー

ベストOUTバージョン

50年代のタフなミリタリーコートにインスパイアされた無骨さ、そして洗練されたシルエットを持つこちら。ベストはアウトでもインでも合わせられ、それぞれ単体でも使える4WAY仕様。コートはストレッチと防水性に長け、優れた快適性と利便性を併せ持つ。

テックウェア,テックアウター,アウター,ミレー

ベストINバージョン

テックウェア,テックアウター,アウター,ミレー

コートのポケットはiPadなどのタブレットがそのまま収納できる大きさ。

コンポジットパーカ¥53,900/ミレー(ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン ☎03-6417-0492)

特徴:袖が取り外せる!
着脱可能な袖を取れば
ベストに即チェンジ!

テックウェア,テックアウター,アウター,CMFアウトドアガーメント

新素材4WAYストレッチのポリエステルに、800FPのダウンを搭載し、軽さにも配慮した一着。軽さだけでなく、袖の着脱が可能なところにも注目したい。まだ暖かさのある秋〜本格的な寒さが到来する冬まで、2シーズン楽しめる仕様は、まさに一粒で二度美味しい。

テックウェア,テックアウター,アウター,CMFアウトドアガーメント

ファスナーで着脱できる袖。左右のファスナーカラーが違うデザインもオシャレ。

ダウンジャケット¥88,000/ CMF アウトドアガーメント(ロストヒルズ ☎03-5830-6225)

Photography_SHOICHI MURAMOTO[BYTHEWAY]
Styling_ HIKARU KOMURA
Edit & Text_MIHOKO SAITO

発売中のsmart1月号では
THE RAMPAGE・長谷川慎が最旬テックウェアを着用!

テックウェア,長谷川慎,THERAMPAGE,smart1月号

着用ブランドはmeanswhile [ミーンズワイル]!

デザイナーである藤崎尚大氏が提唱するのは「日常着である以上、服は衣装ではなく道具である」。
ファッションの表面的で無稽な部分にアウトドアの要素を取り入れ、道具としての機能を持たせた斬新なプロダクトで、これまでに数々のファッション賞を受賞してきた。今シーズンを象徴するアイテムのひとつであるインサレーションベストは、イギリス軍のタクティカルベストをデザインベースに、現代のファッション的解釈で表現。
素材には、繊維の芯部分に特殊粒子を練り込むことで、吸収した太陽光を熱エネルギーに変換して熱を蓄えられる、ユニチカ・サーモトロンを使用している。

ベスト¥49,500、カーディガン¥33,000、シャツ¥35,200、パンツ¥19,800、キャップ¥15,400、マフラー¥18,700/以上すべてミーンズワイル(info@meanswhile.net)

MODEL_MAKOTO HASEGAWA
PHOTOGRAPHY_AKIRA SHIMAZU[W] 
STYLING_KEISUKE YOSHIDA
HAIR & MAKE-UP_AK[I KIND]
EDIT & TEXT_MIHOKO SAITO

smart編集部

smart編集部

ファッション、カルチャー、ライフスタイルなど、今旬なモノ、コトを厳選してピックアップ。モノ・コトに加えて、“時代の顔”ともいうべき人物をファッションモデルに起用するのはもちろん、インタビューでその人となりに迫るなど、smartを読めば“今”がわかります!

Twitter:@smart_twjp
Instagram:@smart_tkj

この記事をシェアする

03

12:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS