smart Web

「ベスパ LX 125 ABS」2024年モデルが登場!ミニマルでクラシックなDNAを受け継ぐ新モデルのアップデート点は?

執筆者:

ベスパ LX 125 ABS

この記事の画像一覧を見る(4枚)

ピアッジオグループジャパンは、ベスパのラインナップの中で最も軽量コンパクトで、エレガントなクラシックベスパのDNAを受け継ぎながら、新たなボディカラーやシートカラーを加え、よりモダンにアップデートした 2024年モデル「Vespa LX 125 ABS」を、全国のベスパ正規販売店にて販売します。

ベスパ LX 125 ABS

ベスパ LX 125 ABS 各¥462,000(税込)

ベスパ LX は、ベスパブランド生誕60周年を記念して2005年に誕生しました。「LX」という名前は、ローマ数 字の60を意味しており、21世紀の新しい時代とベスパの伝統をつなぐ架け橋になるという使命を担い、それ以降多くの支持を集めています。2009年から、LXはベトナム工場で組み立てられ、2017年モデルでは、伝統的なベスパを象徴する特徴的なフォルムはそのままに、性能と効率を向上させる新型 I-get エンジンを搭載し、2023年モデルでは、新たにABSを搭載して安全性を高めています。

ベスパ LX 125 ABS

ベスパの独特で欠かすことのできない特徴は、堅牢で頑丈なシャシーとして機能するスチール製のモノコック構造。これは最先端の工法で実現したユニークで希少かつ洗練された伝統的な構造です。よってベスパは頑丈で強度を誇り、高品質で同時に安定性と精度の高い走りを実現します。

ベスパ LX 125 ABS

フロントサスペンションは、ベスパの最も特徴的な要素の一つ。航空工学を起源としたこのサスペンション は、当初はパンク時にすぐフロントタイヤを交換できるように導入されました。長年に渡り幾多の絶え間ない進 化を遂げ、ショックアブソーバーを搭載したシングルサイドアームは、さらに快適な走りの実現に向けて効果的 なソリューションとなっています。

エンジン

形式: i-get 4 ストローク空冷単気筒 SOHC 3 バルブ
総排気量: 124cc
ボア×ストローク: 52 mm × 58.6 mm
最高出力: 10.6HP(7.9 kW) / 7,250 rpm
最大トルク: 10.9 Nm/ 5,750 rpm
燃料システム: 電子制御式燃料噴射システム
トランスミッション: 自動無段階変速(CVT)
クラッチ: 自動遠心乾式クラッチ

車体

フレーム: スチール製モノコックボディ
フロントサスペンション: 片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
リアサスペンション: 4 段階スプリングプリロード調整機構付きモノショックアブソーバー
フロントブレーキ: 油圧式 200 mm ステンレススチール製ディスク ABS
リアブレーキ: 機械式 110 mm ドラムブレーキ
フロントタイヤ: 110/70-11“
リアタイヤ: 120/70-10“

寸法

全長/全幅: 1,770mm/705 mm

ホイールベース: 1,280 mm
シート高: 785 ㎜
車両重量 120Kg
燃料タンク容量: 7.5 ℓ
製造国: ベトナム

Vespa Japan公式サイト
https://www.vespa.com/jp_JA/

この記事の画像一覧
  • ベスパ LX 125 ABS
  • ベスパ LX 125 ABS
  • ベスパ LX 125 ABS
  • ベスパ LX 125 ABS

この記事の画像一覧を見る(4枚)

この記事を書いた人

本間 新

本間 新

スニーカーとアメ車、CODを愛するエディター/ライター。年間約500足のスニーカーを取材し、約400本のスニーカー記事を執筆。

Twitter:@homart01

Instagram:@homart01

この記事をシェアする

この記事のタグ

07

18:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS