smart Web

【ボカロPの祭典レポート】八王子P、原口沙輔、r-906など超人気PがDJで会場を沸かせた『Voca Nico Japan 2024」

執筆者:

ニコニコ超会議で大人気のイベント『ボカニコ』がライブハウスにスピンアウト。気鋭のボカロPがDJとしてステージに登場。満員のファンの前でさまざまな楽曲を披露した、イベントの模様をレポート!

この記事の画像一覧を見る(3枚)

人気ボカロPたちのDJパフォーマンスの競演!

原口沙輔『Voca Nico Japan 2024 Powered by ボカコレ』

今回の「ボカニコ」用に作ったイントロ曲とともに原口沙輔がDJブースに登場。「スターダストメドレー」や「メルト」など踊れる楽曲で観客を魅了した。

ボーカロイドを駆使するクリエイターやそのファンが集う、ボカロ楽曲投稿祭「ボカコレ2024冬」の最終日となる2月25日、渋谷のライブハウスで「Voca Nico Japan 2024 Powered by ボカコレ」が開催された。このイベントはもともとニコニコ超会議で開催されていたもの。今回はそのスピンオフ版として、SHIBUYA THE GAME を舞台に人気ボカロPたちのDJパフォーマンスが披露された。出演したボカロPは、ささみにく、なみぐる、Fushi、柊マグネタイト、rー906、原口沙輔、八王子P、picco、えあの9人。それぞれが自作曲だけでなく、自分の好きな楽曲をダンサブルにリミックス。変幻自在のビートとリズムで満員の観客へ送り出す。観客はペンライトを振ったり、ハンドクラップをしたりと思い思いのやり方でイベントを盛り上げる。DJもまたその熱気に応えるように楽曲をスピンする。まさにDJイベントならではの盛り上がりを味わえた。

r-906『Voca Nico Japan 2024 Powered by ボカコレ』

「まだ盛り上がれますか!?」「まだまだ盛り上げていきましょう」とr-906が観客に呼びかけると、観客は熱いレスポンスで応える!

その中で、rー906は「三日月ステップ 2023」や「まにまに」といった自作曲に加えて新曲を披露。「ボーカロイド最高!」と叫びながら踊るファンたちをあおった。また、八王子Pは「今回の『ボカニコ』はお酒を飲んでもいいんですよ!」とライブハウス開催ならではの自由さを感じさせるパフォーマンスを見せた。クライマックスにはkzや栗山夕璃とのコラボソング「トリコロール」などをかけて会場をヒートアップさせた。新しいボカロPを知ることができ、おなじみのボカロPの新たな魅力を発見することができるリアルイベント。まだまだボカロPの可能性は無限に広がっている。

この記事を書いた人

志田英邦

志田英邦

ライター、編集者。ゲームを作ったり、小説を書いたり、本を作るお手伝いなどいろいろ。日々さまざまな制作現場にお邪魔して面白いことを探しております。美味しいカレーと極上のうどんを探し求めつつ。

Twitter:@shidaill

Instagram:@hidekunishida

この記事をシェアする

この記事のタグ

27

19:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

「ファストファッションは買わない。古着には音楽と同じ味がある」Eminataが語る、日本とフランスとの往復で気づいた伝統美

【水曜日のカンパネラ・詩羽インタビューも】10代限定の音楽の甲子園「閃光ライオット」がアツい!応援アンバサダーたちが意気込みを語る

【SUPER★DRAGON池田彪馬インタビュー】その日着る服は“朝、聴きたいと思った曲”に合わせて決めるのがマイルール

【FANTASTICS木村慧人インタビュー】俳優業も好調!プライベートでハマっているのは〇〇集め

【キャンピングカーが欲しい22歳アイドル】可愛い見た目からは想像もつかない、アウトドア気質な超とき宣・坂井仁香

明日花キララ、マグロが好きすぎてマグロ漁船に乗る。「脚出しミニスカ」がマイブームという話も

smart(スマート)公式SNS