smart Web

【窪塚愛流&蒔田彩珠インタビュー】W主演映画『ハピネス』は恋人を失うのに、なぜ“ハピネス”なのか5月17日(金)公開。原作は嶽本野ばらの同名小説

執筆者:

映画『ハピネス』窪塚愛流、蒔田彩珠

この記事の画像一覧を見る(7枚)

いま大注目の若手俳優、窪塚愛流さんと蒔田彩珠さんがW主演を務める映画『ハピネス』が5月17日(金)、公開される。原作は「下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん」などで知られる嶽本野ばらの同名小説。ある日「私ね、あと一週間で死んじゃうの」と唐突に告げられ、戸惑いながらも恋人に寄り添う国木田雪夫役を窪塚さん、余命を宣告されつつも自らの運命を受け入れ、自分らしく生きる女子高生・山岸由茉役を蒔田さんが演じた。17歳という若さで告げられた残酷な運命と対峙し、慎重に生きることよりも残りの人生を笑顔で幸せに過ごすことを選んだ2人の、“悲しくて最高に幸せな7日間”が映し出される。難役を好演した窪塚さんと蒔田さんに、本作の見どころを聞いた。

映画初主演となる窪塚愛流、「逃したらもったいない」と出演決意

映画『ハピネス』窪塚愛流、蒔田彩珠

日々の当たり前を見直すきっかけになる作品に

――余命1週間と宣告された少女とその恋人という難しい役どころです。出演が決まった時はどんなお気持ちでしたか?

窪塚愛流(以下、窪塚) お話を頂いた時は嬉しかったですが、主演を担えるなんて全然思っていませんでした。でも脚本を読ませていただいてからは、弱音が一切なくなりました。それは自分に自信を持てたからではなくて「この作品を逃したら、自分の俳優人生もったいない!」と思ったからです。「できるかできないかの弱音は、クランクアップしてから吐こう!」と思って、切り替えて気合を入れました。せっかく今の自分にいただいたお仕事なのだからこそ、感謝の気持ちを持って本気で臨もうと思いました。そして、自分だけではなく、(主演としての)“責任の重さ”を蒔田さんが半分担ってくれたことは、とても心強かったです。

蒔田愛珠(以下、蒔田) 私も愛流くんと一緒で、1人じゃないっていうのはすごく心強かったですね。今までやったことのない役柄だったので、楽しみでした。一方で、衣装の着こなしをはじめ、話し方や言葉の一つ一つも難しかったので、不安ももちろんありました。でもそれ以上に、いただいた脚本が本当に素晴らしかったんです。2人で演じている姿というのが想像できたので「挑戦したい!」と思いました。

――この作品に出演される前と後では、死生観のようなものに変化はありましたか?

窪塚 やっぱりまずは“命の大切さ”っていうのを、改めて実感しました。これまでも考える機会はあったとは思いますが、いざ「自分の大切な人が亡くなる」ということを考えたときに、今まで感じたことのない感情が湧き上がってきました。(本作に出演することで)自分の人生にすごく大きなアクセントをもらったことが、“受け容れる”っていうことでした。僕が演じた雪夫が(蒔田さんが演じた)由茉の幸せのために“受け容れる”ことをしたように、大切な人や家族の幸せのためには、自分のエゴよりも相手のやりたいことや想いを最大限に受け止めることが、ゆくゆくは自分の幸せになるのだと思いました。

蒔田 私も愛流くんと同じように思っています。普段は当たり前に過ごしていても、そばにいてくれる人のことをもっと大切に考えないといけないんだなっていうのは、演じてみてもそうですし、完成された作品を観ても、改めて思いましたね。

映画『ハピネス』窪塚愛流、蒔田彩珠

――余命一週間と宣告された由茉の人としてのあり方に、憧れや共感を抱くことはありましたか?

蒔田 自分のことよりも周りのことを幸せにできて、こういう状況でもそれを貫き通せるっていうのがすごく強いことだな、と。もし自分がそうした似たような状況になったときに、自分のことだけじゃなくて、周りのことも想える人になりたいなと思いました。

――ご自身や恋人が余命1週間と宣告されたとして、どんな行動を取ると思いますか?

蒔田 演じてみても(自分が“余命1週間”と宣告されることは)なかなか想像し難いことではあるんですが、私も由茉のように自分の好きな人と好きなことに囲まれながら最後まで生きられるのが一番いいと思います。やっぱり雪夫をはじめ、両親や周りのみんなも由茉への愛が本当に深くて、演じながらもその愛を実感しました。

窪塚 僕は雪夫のようには到底なれないなと思いました。いくら好きな人や大切な人の幸せを願ったとしても、1週間という短さは僕には耐えられない。あそこまで幸せそうに一緒に笑ってあげられることは、正直想像できないので、やっぱり雪夫のことは尊敬します。

――劇中では雪夫も心が乱れ、気持ちが追いつかずにいる場面もありました。

窪塚 共感しました。でも僕だったら自分の中で決心したことがあったとしても、葛藤がずっと続いてしまって、やっぱり相手の前で涙が出てしまうこともあると思います。由茉の前で、あそこまで悲しさを隠すことはできないです。

この記事を書いた人

石野志帆

石野志帆

TV局ディレクターや心理カウンセラーを経て、心を動かす発見を伝えるライター。趣味はリアリティーショー鑑賞や食べ歩き。海外在住経験から、はじめて食べる異国料理を口にすることが喜び。ソロ活好きが高じて、居合わせた人たちの雑談から社会のトレンドをキャッチしている。

Twitter:@heartsilvermist

この記事をシェアする

この記事のタグ

11

08:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS