smart Web

「私の人生、朝ドラ向きだと思いません?」松本梨香の“面白がる”波乱万丈の人生に迫る自身の半生を語るエッセイ『ラフ&ピース』を上梓

執筆者:

自分自身の半生を語るエッセイ『ラフ&ピース』(宝島社)を上梓した女優・声優・歌手の松本梨香さん

この記事の画像一覧を見る(3枚)

ミュージカルや2.5次元などの舞台や、TVアニメ『ポケットモンスター』『NINKU -忍空-』『伝説の勇者ダ・ガーン』、そして、サンドラ・ブロック(『スピード』『デンジャラス・ビューティー』シリーズなど)やミラ・ジョヴォヴィッチ(『ジャンヌ・ダルク』『フィフス・エレメント』など)、テレビシリーズ『ビバリーヒルズ高校白書』のケリー役など幅広い役柄で活躍してきた女優・声優・歌手の松本梨香さん。彼女が自分自身の半生を語るエッセイ『ラフ&ピース』を上梓した。そこには赤裸々な松本梨香さんの素顔が記されていた。この本に込めた思いはどんなものなのか。松本梨香さんにお話を伺った。

大衆演劇の座長だった父のスピリットを伝えたくて

――松本梨香さんの初となるエッセイ『ラフ&ピース』を拝読しました。松本さんの半生が語られていて、非常に読み応えがありました。有名なエピソードも知らなかったエピソードもたくさん語られていて、松本さんという一本の線で貫かれていく力作でした。

松本梨香(以下、松本) 自己紹介じゃないけど、「松本梨香ってこういう人なんです」って、わかってもらえたらいいなと思ってました。いろいろな作品や歌を通じて、私のことを初めて知る人もたくさんいらっしゃると思うんですよ、そういう方に、手に取っていただきたいな。

――松本さんは舞台女優や声優、歌手として活動をして芸歴は36年以上。なぜこのタイミングに半生をまとめたエッセイを出版されたんですか?

松本 学校で先生として教える機会があって、そういうときに自分の話を生徒さんにたくさんしていたんですね。いつか、それをまとめて本にできないかなって思っていたんですよ。活字にして残しておいて、皆さんに読んでもらいたいなと思っていた矢先に、今回の単行本のお話をいただいて。すごくナイスタイミングだったので、これは運命かなって思ってね。ぜひ、やらせてくださいってお返事したんです。

――松本さんは先生のときも、自分の人生のエピソードをお話されているんですね。

松本 そうですね。声優や役者を目指す人にとって、技術的なものも大事かもしれないけど、でもやっぱり心が大事なんだと思っているんですよね。表現をするには、人となりがやっぱり大事。私のエンタメの師匠は父なんですが、その父もそういう考えを持っていて。父のスピリットを後世に残したいという気持ちもありましたね。

――『ラフ&ピース』にもお父様のことがたくさん書かれていましたね。大衆演劇「新青座 中村雄次郎劇団」の座長を務めていらしたと。松本さんは学生の頃からお父さんの舞台に立って、いろいろなことを教わったそうですね。

松本 パパは亡くなったけれど、梨香の中には今もパパがいて。父から教えてもらったことがいっぱいあるんです。技術よりも気持ちや心のほうが、相手に伝わるということもそうですし、ほかにもたくさん……。私の中にはそれがいっぱいあって、細胞にまで染み込んでる。私はそれをみんなに残したいなって思うんです。自分には子どもがいないので、エンタメを通じて育児しているみたいなところがあって。この本を読んでくれた人たちや後輩たちが、私の思いやスピリットを一つでも受け継いでくれれば、魂は続いていくのかなって思っていますね。

――ご自身のエピソードを包み隠さず書かれていて。松本さんのご家族が見えてくるようでした。

松本 もっともっといっぱいあるんですよ。パパのことも、ママのこともたくさん話があって。あれも本に入れたかった、これも本に入れたかったと思っちゃう。この本ができたときにね、今朝も半分くらい読み返したんですけど……読んでいて泣けてきちゃったんですね。読んでいると、どんどん記憶がよみがえってくるんですよ(松本さんが感極まる)。

――……そうでしたか。

松本 ごめんなさい。家族のことを思うと涙もろいところがありまして。あんちゃん(松本さんの兄)のことであるとか、昔を思い出すと涙が出ちゃうんですよね。まだまだ一杯お話があるんですよ。この本に載せられているのはごく一部なんです。

――この本に載っているだけでも、ずいぶん面白いエピソードぞろいなのに!

松本 パパからよく「アニメみたいだなお前は」って言われていたんですよ。たぶん、私の人生って振り幅が大きくて面白いんだと思います。だから、どうでしょう、『ラフ&ピース』を朝ドラにしてみては。

――どうでしょうって言われても!(笑) でも、松本さんの半生が朝ドラになるなら観てみたいです。『ラフ&ピース』を拝読するかぎり、かなり波乱万丈の人生じゃないですか?

松本 そうでしょう。まだまだ、いろんなエピソードがありますよ。この本を朗読してみても面白いんじゃないかと思うんですよ。どうしても文章だから、冷静な感じに読めちゃうところがあるんだけど、もっともっとふざけてたり、楽しかったりするんですよ。だから……どうでしょう、『ラフ&ピース』を朗読の台本にしてみては!

この記事を書いた人

志田英邦

志田英邦

ライター、編集者。ゲームを作ったり、小説を書いたり、本を作るお手伝いなどいろいろ。日々さまざまな制作現場にお邪魔して面白いことを探しております。美味しいカレーと極上のうどんを探し求めつつ。

Twitter:@shidaill

Instagram:@hidekunishida

この記事をシェアする

この記事のタグ

04

07:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

【ボカロPの祭典レポート】八王子P、原口沙輔、r-906など超人気PがDJで会場を沸かせた『Voca Nico Japan 2024」

【川西拓実の“トリセツ”大公開】最新MBTI診断で明らかになった意外な一面とは?

【JO1川西拓実インタビュー】音楽と演技で成長を実感 映画『バジーノイズ』と新シングル『HITCHHIKER』を語る

【大胆な演技が話題】中﨑絵梨奈「愛って……と語ってる自分が恥ずかしい(笑)」

【スナップでわかった】お洒落な人は今どんなスニーカーを履いている?【ファッションスナップの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

舞台「千と千尋の神隠し」ハク役・増子敦貴が語る作品の魅力ほか【芸能の人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

smart(スマート)公式SNS