smart Web

【ファッションスナップ】プロスケーター森中一誠はNIKE SBコラボモデルをどう履く?パンツと帽子のマイルールも

執筆者:

春のお洒落は足元から! いつだって新作が気になるスニーカーだけど、お洒落な人は今どんなものを履いているんだろう?ストリートの表現者であるアーティストやモデルにスケーター。そんな彼らは今年の春、一体どんなスニーカーをどう履きこなすのだろうか。今回はプロスケーターの森中一誠さんのオリジナルスタイリングとともに伺う。

この記事の画像一覧を見る(2枚)

プロスケーター・森中一誠さんのファッションスナップ

休日に大切に履きたいのはデザインに凝った特別な一足

プロスケーター・森中一誠さんのスニーカースナップ

「これはNIKE SBとWelcome Skateboardingのコラボモデルなんですけど、スケートボードするときには使わずに、普段履き用にしている最近のお気に入りです。上品なレザーや千鳥格子柄のシューレースや、ヒールタブのギザギザの編み込みレザーと、デザインが凝っていて気分がアガるアイテムです」。そう話すのは、プロスケーターとして活動している森中一誠さんだ。NIKE SBのズーム ブレーザーに太めなシルエットのストレートパンツ、そしてビーニーというのが彼のお決まりのスタイル。

プロスケーター・森中一誠さんのスニーカースナップ

「太めのストレートパンツにペイズリー柄のジャケット、そして自分でやっているブランドのKYC TIMESのTシャツで、スニーカーを色合わせしてみた感じですかね。僕は自転車で移動することが多かったりするんで、スケートするときも休日も常に動きやすい服装っていうのはマイルールかもしれないですね」。

Profile/森中一誠
京都出身のプロスケーター。グラフィックアーティストやDJとしても活動しており、現在は自身のブランドKYC TIMESも立ち上げ、精力的に活動を続けている。

※この記事は2024年smart4月号に掲載した記事を再編集したもので、記載した情報もその時点のものです。

この記事の画像一覧
  • プロスケーター・森中一誠さんのスニーカースナップ
  • プロスケーター・森中一誠さんのスニーカースナップ

この記事の画像一覧を見る(2枚)

この記事を書いた人

戸谷祐貴

戸谷祐貴

ストリートカルチャー雑誌の編集部とファッションPR会社を経て、2022年に独立しフリーランスのライター/エディター/ビデオディレクターとして活動中。プライベートでは、長年続けていたスケートボードをお休みし、ランニングとフグの飼育に没頭。

Instagram:@_yukitoya

この記事をシェアする

この記事のタグ

20

09:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS