磯村勇斗が着こなす“今”のDIESEL~DIESEL 2021 Pre A/W COLLECTION~

2021/06/29

ミリタリー、ワークウェア、デニム、スポーツという普遍的かつ不変的な4つのキーワードのもと、ブランドの原点に立ち返るワードローブを完成させた〈ディーゼル〉2021年プレ秋冬コレクション。素材、そしてテイストで“今”を表現したアイテムの数々を、注目の次世代俳優・磯村勇斗が着こなす。

 

鮮烈なブルーカラーとデコラティブなポケット使いが、ワークウェアを出自とするベストをインパクトのある装いに塗り替える。対するボトムスは、ジャージ素材のトラックパンツで“スポーツ×ワーク”を体現してみせた。

ベスト¥52,800、Tシャツ¥13,200、パンツ¥23,100 スニーカー¥25,300/以上すべてディーゼル

ISOMURA’S COMMENT

「これまであまり着る機会のなかったベスト。挑戦したくても合わせ方が分からずに敬遠していましたが、このデザインなら使いやすそう。ポケットが豊富なので手ブラもOK! これを着て久しぶりにスケボーがやりたくなりました」

 

武骨なミリタリースタイルも〈ディーゼル〉の手にかかれば、程よい温度感でストリートナイズされる。深めのバケットハットにビーズをあしらったベルト、そしてお家芸のスニーカー。まずは小物使いから真似てみるのも正解だ。

コート¥63,800、Tシャツ¥19,800、パンツ¥38,500 ハット¥19,800、ベルト¥48,400、スニーカー¥20,900/以上すべてディーゼル、ネックレス、ソックス/ともにスタイリスト私物

ISOMURA’S COMMENT

「カモフラ柄のパンツもこうやって薄手のコートやバケットハットと合わせると、ハードな印象がいい感じに中和されて大人っぽく着こなせますね。これは表参道や代官山など、ちょっと大人な街を散策するのによさそう」

 

“クリーンの代名詞”であるホワイトは、グラフィック入りのTシャツ&オーバーオールでキザにならないようにバランスを調整。ワーク由来のアイテムと真っ赤なサンダルが描き出す対比が、軽やかな着こなしのスパイスに。

オーバーオール¥56,100、Tシャツ¥8,800、サンダル¥8,800/以上すべてディーゼル、ネックレス/スタイリスト私物

ISOMURA’S COMMENT

「オーバーオールが好きなので結構好みのコーデでした。爽やかなホワイトはデートでも使えそう。ちょっと都心から離れた海沿いのお洒落なカフェ。そのテラスでアイスコーヒーを飲むとか、最高に似合うと思いません?」

 

スウェットショーツがスポーティなアイテムであることは言うまでもないが、合わせるトップスにより、纏まとう空気感も大きく変容することはご存じか。胸元から色気あふれるオープンカラーの柄シャツに、鮮やかな赤をきかせて。

シャツ¥27,500、ショーツ¥18,700/ともにディーゼル

ISOMURA’S COMMENT

「このシャツ、すごく着心地がいいんです! スポーティさとバカンスっぽさを両方とも備えていて、リラックス感もありながら色気もある。この格好なら、カジュアルなバーでお酒を飲むなんてシチュエーションにハマりそう」

 

表面にコーティングが施されたデニムシャツは、自由に着こなせればより楽しい。例えばボタンのあしらい。ネイビー、ブラックで切り替えたイージーパンツにタックインしてみると、この上なくフレッシュな着こなしが完成する。

シャツ¥35,200、Tシャツ¥19,800、パンツ¥38,500/以上すべてディーゼル

ISOMURA’S COMMENT

「ネイビーを基調とした落ち着いた色合いに、シャツのボタン全開け&左右をクロスさせてのタックインによって、どこかモードな表情に。着こなし1つで雰囲気が一変するので、どんなシチュエーションにでも対応可能です」

 

ワークウェアのディテールを落とし込んだセットアップは、褪たいしょく色したベージュカラーが大人のこなれ感を演出。足元のシャワーサンダルが、ゆったりとしたサイジングにより生み出されるリラックスムードをさらに加速させる。

ジャケット¥64,900、カットソー¥17,600、パンツ¥46,200、サンダル¥12,100/以上すべてディーゼル

ISOMURA’S COMMENT

「こういう風にラフに着られて普段使いによさそうですね。リラックス感があって着心地もいいので、セットアップはドライブのときなんかに着たいかな。ちょっとクラシカルで大きめの車に乗ってふらっと買い物に! 的な」

 

ディーゼルの商品に関するお問い合わせ先

DIESEL JAPAN

(フリーダイヤル)0120-55-1978

DIESEL公式HP

 

PROFILE

いそむら・はやと●1992年生まれ、静岡県出身。中学生のときに脚本・監督・主演を務めた自主映画を制作したことをキッカケに俳優を志す。大学進学を機に上京し、俳優デビュー。2017年にNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの恋人役を演じて話題に。その後、ドラマ『今日から俺は!!』、映画『ヤクザと家族 The Family』など話題作に出演し、2021年は出演映画『東京リベンジャーズ』『劇場版きのう何食べた?』の公開を控えている。

磯村勇斗公式Twitter

磯村勇斗公式Instagram

 

磯村勇斗のスペシャル動画をsmart公式Twittersmart公式Instagramで公開中!

 

※この記事は2021年smart7月号に掲載したもので、記載した情報もその時点のものです。

Model_HAYATO ISOMURA Photography_KOJI SATO[UM] Styling_TOM KASAI Hair & Make-up_TOMOKATSU SATO Text_TOMMY Edit_YOHEI KUMAGAI

この記事のタグ

タグから探す

smart公式SNS紹介