smart Web

行きつけのスナックで「モテる方法」を学ぶ!?チーママ直伝の“スナックでのお作法”4か条

執筆者:

日本では、男性の夜遊びといえばキャバクラにガールズバー、昨今ではコンセプトバーなど、様々な選択肢があります。中でも数年前から人気が急上昇しているのが、スナック。コロナ禍もあって一時期は落ち着きを見せていましたが、人気の繁華街でスナックに入ってみると、満員御礼の客入りはおじさんばかり……かと思いきや、20〜30代の若い男性、はたまた男女で利用しているグループ客もいます。若者視点でスナックをライトに解釈すると「中年御用達(ごようたし)・ボトルキープのできる行きつけの店」。ただ、キャバクラほど推しの女性を指名しに行くイメージもありませんし、カラオケがついている場合も多いので、一人で行っても店全体の空気に入りやすく、意外とどんなシーンでも使いやすいのです。

実は今、スナックは新しい“出会いの場”としても注目されています。スナックで始まる恋愛はどんなものなのか、そしてスナックでモテるためにはどうしたらいいのか……スナック勤務歴10年のアラサーチーママに、そのコツをお伺いしてみました。

行きつけのスナックで「モテる方法」を学ぶ!?チーママ直伝の“スナックでのお作法”4か条

相席系居酒屋よりもホスピタリティの高い「スナック相席システム」

一昔前は、スナックといえば「昭和で古臭い」という印象があったかもしれません。たしかに田舎の繁華街だと、スナックに出入りする年齢層も高くなりがちですし、女性客は珍しいのかもしれませんが……都会のスナックで働く女性に話を聞いてみると、田舎とは違う令和の都会スナックの内情を話してくれました。

「私は世田谷区のスナックで10年ほど働いていますが、若い方も結構いらっしゃいますよ。ご新規様なら、2組に1組くらいは20〜30代の方もいらっしゃいます。意外かもしれませんが、女性グループの利用も珍しくはありません。

大体のお客様は2軒目以降に利用されるので、お店のピークタイムは22時以降ですね。1軒目のお会計が済んで、もう少し飲みたい時の選択肢だと思います。スナックはお店やママの方針によっても雰囲気が変わりますが、意外と敷居の低いお店も多いので、職場の飲み会や接待、合コン、女子会など、意外と利用シーンは幅広いです」

どうやら都会のスナックは、昭和歌謡に出てきそうな渋イケなオジサンがママに絡みながら一杯やる……という場所ではなくなっている様子。しかし、比較して平日は常連客がゆったりと過ごすことも多く、金曜日と土曜日の夜が一番盛り上がりやすいそうです。

「スナックは、カウンターとテーブルを組み合わせているところが多いので、初対面の方とご相席していただくことも。相席指示を出すのはその日のママやチーママですが、お客様のパーソナリティを考えながら接客させていただくので、ご年齢の近そうな方や、なるべく相性の良さそうな方を近い席にご案内するようにしています。お店の女の子たちもテーブル席に入らせていただくので、初対面でご相席になったお客様がいる場合、間を取り持ちながら交流させていただきます」

スナックでの相席システムは、ランダムではなく、店舗を管理するママたちによって考え抜かれたもの……ある意味、相席居酒屋よりもクオリティが高そう。

「異性同士でなくとも、お仕事が近い方、気の合いそうな同性同士をお繋ぎすることも。一気に恋愛まではいかなくても、新しい繋がりが増えやすい場所だと思います。

この記事を書いた人

ミクニシオリ

ミクニシオリ

フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。

この記事をシェアする

この記事のタグ

03

08:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS