smart Web

連載フォトグラファー田中利幸のガジェット“ガチ”レビュー

【プロカメラマンが絶賛したトイカメラ「PaperShoot」】レトロなデザインとエモい写真が人気のカメラをガチレビュー

執筆者:

【プロカメラマンが絶賛したトイカメラ「PaperShoot」】レトロなデザインとエモい写真が人気のカメラをガチレビュー

この記事の画像一覧を見る(40枚)

フィルムカメラや少しレトロなコンパクトデジタルカメラなど、どこか懐かしさを感じる写りや撮影体験が注目されています。連載「色々使ってみなくちゃ気が済まない 〜 フォトグラファー田中利幸のガジェット“ガチ”レビュー 〜」の第22回は、“令和の時代に合ったテクノロジー”と“レトロな撮影体験”の2つの要素が組み合わさった台湾発のトイカメラ「PaperShoot(ペーパーシュート)」を紹介します。

台湾発のトイカメラ「PaperShoot」をガチレビュー!

まずはカメラの組み立てからスタート

基盤むき出しのカメラ本体とケースがバラバラになっています。今回お借りしているのは透明のシンプルなケースのものですが、デザインは50種類以上もあり、個性豊かに楽しめます。

【プロカメラマンが絶賛したトイカメラ「PaperShoot」】レトロなデザインとエモい写真が人気のカメラをガチレビュー

箱に組み立て方の説明が書いてあります。こういった細かい部分のデザインも良く、箱を開けた瞬間から期待感でワクワクしてしまいます。

【プロカメラマンが絶賛したトイカメラ「PaperShoot」】レトロなデザインとエモい写真が人気のカメラをガチレビュー

SDカードと単3電池を装着します。

カメラ本体をケースで挟み、付属のネジで止めます。ネジはドライバーなどの工具なしで、手で取付可能です。

【プロカメラマンが絶賛したトイカメラ「PaperShoot」】レトロなデザインとエモい写真が人気のカメラをガチレビュー

組み立てるとこのような感じに。クリアなケースから透けて見える基盤や電池などのメカ感が男心をくすぐります。

カメラは約130gと軽量です。ポケットに入れられるコンパクトサイズなので、スマートフォン感覚で気軽に持ち歩いて、いつでもサッと取り出し撮影できます。普段仕事で使うような一眼レフカメラとは違って、手軽に撮影できるので普段使いにピッタリだと思いました。

PaperShootにはファインダーのようなのぞき穴がありますが、この穴はあまり当てになりません。右の写真はPaperShootで撮影した写真です。最初のうちは慣れていなくて、バストアップくらいで撮影したつもりでも思っていたよりも広く写っていました。カメラ単体では撮影した写真を確認することができないので、どんな写真が取れているかはスマートフォンやPCに取り込むまでのお楽しみです。

この記事を書いた人

田中利幸

田中利幸

本業はフォトグラファー。雑誌・WEB など、人物撮影から物撮りまで幅広く活躍中 。高校時代に PC にハマり、独学でプログラミングを学び簡単なゲームなどのプログラミングをしていた。 仕事での撮影や PC 作業など“効率よく快適に”をモットーに、最高に快適な環境を作るべく、機材やガジェットを日夜探し求めている 。趣味で機材・ガジェットなどの買ったものをレビューするブログ「Tanaka Blog」を運営。

Twitter:@Tanaka__photo

Instagram:@toshiyuki_tanaka_photographer

この記事をシェアする

この記事のタグ

20

08:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

「IQOSイルマiシリーズ」に夏らしい爽やかな新色が登場!目を惹くアスペングリーン、リーフグリーンを使ったアイテムとは?

【スイマー必見】水泳用AR搭載スマートゴーグルがすごい!「Holoswim2S」でタイパよくトレーニングを

【GoPro】Vlog、YouTube初心者にオススメの最新機種「HERO12 Black」ほか【smart編集部が今、注目するアイテム2選】

【プロカメラマンが絶賛したデジカメ「RICOH GR III」】最強のスナップシューターの進化した性能と変わらぬ魅力

【JBLの最新ゲーミングヘッドセット】モダンカラーで仕上げた未知なる大迫力サウンド

【GoPro最新モデル使用レポート】「HERO12 Black」を使って“韓国Vlog”を撮ってみた!進化したポイントと使いやすさを徹底解説〈初心者向けまとめ〉

smart(スマート)公式SNS