smart Web

連載Z世代PRパーソンのキニナルTrendope

【Z世代女子が実体験を語る】あざとい系男子の萌え&萎えエピソード

執筆者:

今回は、バリバリ働くZ世代女子3名に数年前から流行っている“あざとい系男子”について、インタビューしてみました!実際に体験したあざとい系男子のきゅんエピソードと、がっかりエピソードをご紹介します。それぞれ本人たちからのレビュー、コメントも添えているので、「この行動ってどうなの?」「意外とコレNGだったんだ……」と参考にしていただけるかもしれません……!

“あざとい系男子”のきゅんエピソード3選

まずは、きゅんとときめいたあざとい系男子のエピソードを3つご紹介!これをすればあなたもあざとい系男子の一人になれるかも……?

①Sさん(26歳、商社/営業)の体験談

【Z世代女子が実体験を語る】あざとい系男子の萌え&萎えエピソード

王道かもしれないのですが、1つ年下の後輩Aくんと一緒に担当している案件の資料を作成しているときのエピソードです。思いのほか作成に時間がかかってしまい集中力も切れてきたので、私は糖分を摂取しようとチョコレート菓子を食べたんです。その時、斜め前に座っていたAくんと目が合ったので「食べる?」と聞くと、「やったー!いいんですか?これで残りも頑張れます!ありがとうございます!」と喜んでくれて……その時の笑顔にときめきました!普段は同期の中でもしっかり者ポジションのAくんだったので、ギャップとこんなあざといことをできるのかと驚きもありました(笑)。

②Hさん(27歳、不動産/人事)の体験談

【Z世代女子が実体験を語る】あざとい系男子の萌え&萎えエピソード

その日は私が所属する部署に異動してきたBさんの歓迎会。会社では、寡黙で業務を淡々とこなす2つ年上の先輩というイメージのBさんってどんな方なんだろうと思っていました。歓迎会も盛り上がり、二次会でカラオケに行った時に、ときめきあざとい系男子の一面が垣間見えたのです!それは、カラオケの採点バーを指差しながら一生懸命歌い、しばらく音程が合ってると「見て見て〜!」と少年のように喜ぶ姿。まさかの姿に「おおお、この人意外とあざといな?ずるい……」とときめいてしまったのです!いつもの寡黙な男性から少年のような無邪気な一面が見えて、やられました……!

③Mさん(23歳、IT/広報)の体験談

【Z世代女子が実体験を語る】あざとい系男子の萌え&萎えエピソード

付き合って9カ月になるCくんが私の家にお泊りにきた時の話です。お泊りの翌日は平日でお互い仕事があり、私のほうが早く家を出発して会社に向かいました。しかし、少し寝坊してしまい急いでいたせいか、私はまさかの家の鍵を忘れてしまったのです。まだCくんが家を出発していないタイミングで私が鍵を忘れたことに気づいたので、ドアに鍵をかけ、その鍵をポストに置いてもらうよう彼にお願いすることにしました。「ちゃんとポストにある鍵を取れるかな?」と不安も抱えつつ、帰宅してポストに手を伸ばすと無事にポチ袋に入った鍵を取ることができました。ポチ袋を開けると鍵と、「○○ちゃん、いつもお仕事お疲れさま!もう鍵は忘れちゃダメだよ。気をつけようね!」と書かれたお手紙が入っていました。こういうちょっとした気遣いがとても嬉しく感じ、幸せな彼のあざとさを感じました!

次のページでは“あざとい系男子”のがっかりエピソード3選を公開!

この記事を書いた人

寺田みちる

寺田みちる

PR会社アンティル所属。新卒で不動産業界に入社した後、中途でアンティルに入社。これまで主にベンチャー企業への新規営業活動に従事。大学時代にスターバックスでアルバイトをしていたこともあり、今でも好き。他にも好きなことは多く、お酒・シーシャ・Youtube鑑賞・食べ歩きをして休日は過ごす。

Twitter:@hiimmichiru

この記事をシェアする

この記事のタグ

17

09:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS