smart Web

【ポケモンSV】「後編・藍の円盤」先行レポート。“交換留学”をガイドします! ようこそ「ブルーベリー学園」へ

執筆者:

smartが注目したピックアップポイント!②

なつかしのパートナーポケモンがあちこちに!?

ヒトカゲが! フォッコが!! 「テラリウムドーム」の中には、これまでの「ポケットモンスター」シリーズに登場したパートナーのポケモンが登場する。もちろんバトルすることもゲットすることも可能。往年のポケモンファンにとっては念願の再会!

【ポケモンSV】「後編・藍の円盤」先行レポート。“交換留学”をガイドします! ようこそ「ブルーベリー学園」へ

「ブルベリーグ」でポケモンバトルの腕を磨こう

キャニオンエリアは山と崖が続くワイルドなエリア。険しい山を超えるには、山道を進んだり、白いブロックによる足場を越えていくことになる。伝説のポケモンであるコライドン・ミライドンの 「がけのぼり」を覚えているとスイスイ進めるのが楽しい。山を飛び、 谷を越え、やってきたところは白いブロックに囲まれたピラミッドのようなエリア。ここは四天王のネリネの本拠地キャニオンスクエアだ。

「ブルーベリー学園」には「ブルベリーグ」と呼ばれる生徒同士でポケモンバトルの強さをランク付けする制度がある。四天王とバトルをするには、まず四天王チャレンジに挑まないといけない。ネリネの四天王チャレンジは「そらとぶタイムアタック」。コライドン、ミライドン の「ひこう」で空中を飛んでゴールを目指すというもの。

実は今回、コライドン、ミライドンは「ひこう」というライド技を覚えられ、空を自由自在に飛ぶことができるのだ(ここではネリネの四天王チャレンジに挑むために一時的に覚えるが、のちに冒険を進めていくうちに、常に「ひこう」ができるようになる!)。
この「そらとぶタイムアタック」のコースには幾つかのリングが空中に浮かんでおり、このリングをくぐることでタイムの短縮が可能。このチャレンジを終えると、ネリネに挑むことができる!

ネリネとの対戦はダブルバトル。それぞれが手持ちのポケモンから2匹ずつを出し、バトルをさせるというルールだ。
ほかにも各エリアに四天王がいるといわれている。四天王を倒すくらい強くなることが最初の目標になりそうだ。

【ポケモンSV】「後編・藍の円盤」先行レポート。“交換留学”をガイドします! ようこそ「ブルーベリー学園」へ

【ポケモンSV】「後編・藍の円盤」先行レポート。“交換留学”をガイドします! ようこそ「ブルーベリー学園」へ

この記事を書いた人

志田英邦

志田英邦

ライター、編集者。ゲームを作ったり、小説を書いたり、本を作るお手伝いなどいろいろ。日々さまざまな制作現場にお邪魔して面白いことを探しております。美味しいカレーと極上のうどんを探し求めつつ。

Twitter:@shidaill

Instagram:@hidekunishida

この記事をシェアする

この記事のタグ

08

18:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS