smart Web

【サウナが付いたクルマ】サウナ、水風呂、休憩までが車内で完結!大型観光バスをリノベしたプロジェクトの全貌とは?

執筆者:

【サウナが付いたクルマ】サウナ、水風呂、休憩までが車内で完結!大型観光バスをリノベしたプロジェクトの全貌とは?

株式会社NOD、アドレスホッパー株式会社・株式会社フェリックス・株式会社SUNDAY FUNDAYの4社からなる「SAAMO(サーモ)」プロジェクトチームは、本格的な薪サウナと温冷水シャワー、電源を備えたオフグリッド移動空間「SAAMO」をローンチしました。

【サウナが付いたクルマ】サウナ、水風呂、休憩までが車内で完結!大型観光バスをリノベしたプロジェクトの全貌とは?

SAAMOは“Sauna as a movable oasis”の略称。今後来るべきモビリティの未来に先駆けて、移動空間内での体験を構想し、社会実装するためのプロダクトです。中古の大型観光バス(日野セレガ)をリノベーションし、下部トランクには給排水タンクや給湯設備、ポータブル電源を搭載、さらに乗車部奥にはフィンランドNARVI社製の薪ストーブを備えた5名収容のサウナ室、乗車部手前には約四畳半の畳の和室空間を備えています。

【サウナが付いたクルマ】サウナ、水風呂、休憩までが車内で完結!大型観光バスをリノベしたプロジェクトの全貌とは?

サウナは、火や水など、モビリティ空間内で扱いにくい要素が多く、未来のモビリティを構想する上で面白いチャレンジになると考え、今回の企画を決行。サウナ・冷水浴・休憩までが車内で完結できることで、天候に左右されることなく、都市や自然など場所を選ばず、あらゆる場所で“ととのう”環境を立ち上げることができます。

【サウナが付いたクルマ】サウナ、水風呂、休憩までが車内で完結!大型観光バスをリノベしたプロジェクトの全貌とは?

乗車部奥にはフィンランドNARVI社製の薪ストーブを備えた5名収容のサウナ室。

この記事を書いた人

本間 新

本間 新

スニーカーとアメ車、CODを愛するエディター/ライター。年間約500足のスニーカーを取材し、約400本のスニーカー記事を執筆。

Twitter:@homart01

Instagram:@homart01

この記事をシェアする

この記事のタグ

05

21:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS