smart Web

【キングオブコント2023準優勝】芸人・カゲヤマの“愛され力”に迫る。コンビ結成の口説き文句は「組んだら200%売れる」だった!?

執筆者:

【キングオブコント2023準優勝】芸人・カゲヤマの“愛され力”に迫る。コンビ結成の口説き文句は「組んだら200%売れる」だった!?

10月に放送された「キングオブコント2023」でトップバッターを飾り、準優勝に輝いたカゲヤマがsmart Webに降臨! コンビ結成の経緯からキングオブコント2023の内幕、そして12月20日に開催されるライブ「カゲヤマ見本市  知ることからはじめよう」についてまで、この記事を読めばカゲヤマが丸わかり。ファンなるのは今からでも遅くない! 一度見たら抜けられない、“カゲヤマの沼”にようこそ。

タバやんからもらったサッカーの
ユニフォームはスタメン外

――本誌、Webともにsmart初登場となるカゲヤマのお二人。これまでsmartを読んだことはありますか?

タバやん。「学生のころによく読んでいました!」

――同じ中学出身とのことですが、当時回し読みとかをされていた感じですか?

益田康平(以下、益田)「……それはしてないですね(笑)」

――わかりました(笑)。ところで、お二人は普段どんなファッションがお好きですか?

タバやん。「結構、柄ものが好きです。特にアニマル柄が多くて、今日は牛とヒョウ柄」

【キングオブコント2023準優勝】芸人・カゲヤマの“愛され力”に迫る。コンビ結成の口説き文句は「組んだら200%売れる」だった!?

牛柄、ヒョウ柄がセパレートされたシャツを華麗に着こなすタバやん。

――普段はどちらで服を購入することが多いですか?

タバやん。「今着ている牛・ヒョウ柄のシャツはファンの方からの差し入れです。珍しい柄なので気に入ってよく着ています。普段は、古着屋でも買いますし、ネットでも買いますね」

益田「昔は古着屋とかで買っていた時期もあったんですけど、今はユニクロの黒のパンツにTシャツを合わせることが多いです。今着ているTシャツは、BKB(バイク川崎バイク)さんに幕張のイオンで買っていただいたもの。よしもと幕張イオンモール劇場の出番終わりにBKBさんが『みずぼらしい格好してるな、服買うたるわ』ってお揃いで買ってくれました(笑)」

【キングオブコント2023準優勝】芸人・カゲヤマの“愛され力”に迫る。コンビ結成の口説き文句は「組んだら200%売れる」だった!?

ユニクロの黒のパンツにトップスを合わせることが多いという益田康平

タバやん。「益田は普段、サッカーのユニフォームを着ていることが多いので、今年の誕生日にベトナム代表のユニフォームをプレゼントしたのに全然着てくれないんですよ!」

益田「色が真っ赤で普段使いするには派手なんですよ(笑)!」

――ちなみに、普段使いできるサッカーユニフォームはどこのチームのものですか?

益田「欧州のサッカーチームが好きで、特にレアル・マドリードが好き。 欧州リーグの選手の名前が入ったユニフォームとかをよく着ています」

流行のファッションの
一歩先を行く男・益田

――お二人の10代〜20代ってどんな感じでしたか?

タバやん。「僕たちは中学校からサッカーをずっと一緒にやっていて、社会人になってからも続けていた仲だったんですけど。僕は、高卒で就職して一年で辞めて、ずっとフリーターをやっていました。お好み焼き屋さんだったり、焼肉屋さんだったり。ファッションに関しては、(益田と)共通の友達がいるんですけど、彼に色々教わっていました」

益田「高校生のころは、部活中心の生活でお洒落とかは全然してませんでしたね。大学に入ってからは、割と攻めた服装をしていたこともあったんですけど、周りからバカにされまくって、現在のシンプルな服装に落ち着きました(笑)。ただ、当時自分だけが被っていたバラクラバが今になって流行ったりしているので、皆さんは周りに左右されることなく、自分のファッションを貫いてください(笑)」

タバやん。「被ってたね、ツバつきのやつ!」

次のページ>>キングオブコントでの衝撃的なコントの裏話とは?

この記事を書いた人

山口菜摘

山口菜摘

CM制作会社、出版社で女性誌、男性誌の編集を経てライターに。ヨガとキックボクシング、ダンスなどに励むべく、スポーツジムに週5で通うものの食欲に負けてしまう万年ダイエッター。美容やお笑い、音楽、漫画、韓国ドラマなどが好き。

Twitter:@yam_yam_guchi

Instagram:@yam_yam_guchi

この記事をシェアする

この記事のタグ

18

10:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

松本伊代が語る息子との関係性とZ世代の強み Night Tempoの新曲コラボは「若い世代や海外の方も聴いてほしい」

恋愛相談の最中に思わず写真を撮り始める俳優・古屋呂敏。ネイティブとしての英語力を武器に世界へ

【空気階段インタビュー】単独公演タイトル「ひかり」の由来はあの有名女優……!? “新米パパ”かたまりの子育て秘話も

【PSYCHIC FEVER】JP THE WAVYが見出した新境地!YouTube再生回数1100万回超えの話題曲も

タクシーの車内広告で話題♡福岡みなみが語る、タレントと会社経営の二足のわらじの話

【INI 田島将吾&西 洸人インタビュー】2024年のINIのテーマは“開放”。楽曲制作にも携わる二人が2ndアルバム『MATCH UP』を経て思うこと

smart(スマート)公式SNS