smart Web

PR

【待望】カワサキが人気車種「Z900RS」のニューカラーモデルの発売をスタート!“レトロモダン”なスタイルが進化

執筆者:

PR

カワサキモータースジャパンは、NEWグラフィックの「Z900RS」を7月15日(土)から発売を開始しました。また、「Z900RS CAFE」、「Z900RS SE」も、カラーを継続し同日7月15日(土)より販売を開始されています。

この記事の画像一覧を見る(4枚)

Z900RS

メタリックディアブロブラック(ブルー/ブラック)

 

Z900RS

メタリックディアブロブラック(ブラック・ピンストライプ)

Z900RS
メーカー希望小売価格¥1,485,000
(本体価格¥1,350,000、消費税¥135,000)
※カワサキケア含む

2017年の発売開始以来、多くの方々の支持を得ている「Z900RS」。カワサキならではの伝統を感じさせる、Z1をオマージュした造形美と、エンジンやサスペンションに象徴される最新テクノロジーの融合は、登場から6年を経ても他の追随を許さず、高い人気を保ち続けています。このたび新たにブルー/ブラックのツートーンと、ブラックにピンストライプを配した2つのカラーリングがリリースされました。

Z900RS CAFE

Z900RS CAFE
メーカー希望小売価格¥1,518,000
(本体価格¥1,380,000円、消費税¥138,000)
※カワサキケア含む

レトロモダンなスタイルで高い人気を保ち続けている「Z900RS」をベースに、フロントカウル、低めのハンドルバー、シングル風シートなどの専用装備を施した、「Z900RS CAFE」。少し低く構えたそのシルエットは、トラディショナルなヨーロッパのカフェレーサースタイルを醸し出します。深みのあるメタリックディアブロブラックにゴールドのストライプを配し、フューエルタンクのKawasakiマークもゴールド仕上げ。

Z900RS SE

Z900RS SE
メーカー希望小売価格¥1,705,000
(本体価格¥1,550,000、消費税¥155,000)
※カワサキケア含む

時代を超えた普遍的なスタイリングでユーザーから高い人気を得ているZ900RSシリーズに設定されたハイグレードモデル、「Z900RS SE」。ブレンボ社製のフロントブレーキパッケージと、オーリンズ製のハイグレードリヤショックを装備して、より上質なライディングフィールとコントロール性をライダーに提供します。 ブラックとイエローの鮮やかなカラーリングと、ゴールド仕上げのフロントフォークアウターチューブとホイールが、Z900RS SEのスタイリングを一層引き締めています。

いずれも安心・安全なモーターサイクルライフをサポートするため、1カ月目点検に加え、3年間の定期点検とオイル交換(オイルフィルター含む)を無償で受けられるカワサキケアも付くので安心です!

この記事の画像一覧
  • Z900RS
  • Z900RS
  • Z900RS CAFE
  • Z900RS SE

この記事の画像一覧を見る(4枚)

この記事を書いた人

本間 新

本間 新

スニーカーとアメ車、CODを愛するエディター/ライター。年間約500足のスニーカーを取材し、約400本のスニーカー記事を執筆。

Twitter:@homart01

Instagram:@homart01

この記事をシェアする

この記事のタグ

19

20:30

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

smart(スマート)公式SNS