smart Web

【M!LKの魅力を凝縮したアルバムが完成】バラエティに富んだメジャー1作目『Jewel』誕生!

執筆者:

音楽だけではなくドラマや映画、舞台と俳優としても活躍する5人組ダンスボーカルユニット、M!LK(ミルク)。2021年のメジャーデビュー以降、次々にシングルをリリースし、コンサートを行う規模感も飛躍的に大きくしてきた。いよいよ世間の大きな注目が集まる中、ついにメジャー 1st アルバム『Jewel』を6月14日にリリース。“M!LK を彩るすべての宝石(ピース)” をテーマとした本作はどんな内容に仕上がっているのか? そして、きたる10月に開催予定の横浜アリーナでのワンマンライブへ向けた意気込みやいかに!

この記事の画像一覧を見る(3枚)

【M!LKの魅力を凝縮したアルバムが完成】バラエティに富んだメジャー1作目『Jewel』誕生!

これまでのシングル曲も再録したベスト的な内容

――ついにメジャー1stアルバム『Jewel』がリリースですね! おめでとうございます。まずは、今の率直な気持ちから教えていただけますか?

吉田仁人(以下、吉田)「メジャーデビュー以降、1年半ほど活動してきて、ようやく1stアルバム『Jewel』が完成したわけですが、本当にバラエティに富んだ内容になったなと思います。M!LKの根底には“変幻自在”といったコンセプトがあります。このアルバムに収録されている新曲や、新しい振り付けのことを思うと、まさに僕たちらしいなと。今までにない楽曲をたくさん用意していただけてありがたいですし、これをライブで披露するのが今から楽しみです!」

山中柔太朗(以下、山中)「これまでもアルバムはリリースしてきたので、“メジャー初のアルバム”と聞くと、そうだったっけ? なんて思っちゃうんですけど(笑)。でも、実際に新曲もたくさん収録されているし、レコーディングも楽しかったので、シンプルに世に出すのが待ち遠しいですね」

塩﨑太智(以下、塩﨑)「メジャーだからと言って気負うことはなかったですし、今までと同じ気持ちでアルバム制作に臨んだのですが、過去曲をレコーディングし直すという作業は初めてで大変でしたが新鮮でしたね。また、ここからスタートできる良いアルバムになったと思います」

曽野舜太(以下、曽野)「収録されている曲を見ると、新曲に限らずこれまでリリースしてきたシングル曲を再録していたりするので、“ベストアルバム”と言っても過言ではない内容になっているんですよ。だからこそ、1人でも多くの人に手に取ってもらいたい作品です」

佐野勇斗(以下、佐野)「みんなが言う通り、バラエティに富んだ内容に仕上がったと感じています。10月には横浜アリーナでのワンマンも決まっていますし、そのステージでやることも想像しながら期待とワクワクを込めて制作を進めていった感じですね」

――おっしゃる通り、ベスト的な豪華な内容になっているのでファンにとっては、まさしく待望だと思います。再録の楽曲もあるわけですが、制作で大変だったのはどんなことでしたか?

曽野「僕と柔太朗に関しては、M!LK加入以前の曲もあるので原曲を大切にしながら、自分のものにしていこうということを心がけていました。レコーディングは初めてであっても、ライブでは何回もやっている曲ではあったので、ステージで得た経験の積み重ねの集大成として録音した形です」

山中「あと、単純にレコーディングする曲数がすごく多かったので大変でしたね。1日で何曲もレコーディングするのは喉にも負担がかかりますし、そこはしんどかったかもしれないです」

佐野「僕の場合は撮影中の別の作品もあり、並行して新曲を覚えなくちゃいけなかったりもしたので、そういう意味で辛い部分がありました。でも、一生懸命歌うしかないですからね。自分なりに真摯に曲と向き合ったんです」

吉田「メインのメロディだけじゃなくてコーラスパートも多いですからね。メンバーだけじゃなく、スタッフさんもヘトヘトになっちゃったんですが、なんとか鼓舞し合いながら走り抜けた感はありましたね。でも、そうやって努力したからこそ、完成したアルバムを聴いたときには頑張って良かったと思いましたし、心からアルバム収録曲すべてがいい曲だと感じたんです。改めて、これからの活動に向けて自信が湧いたレコーディングでした」

【M!LKの魅力を凝縮したアルバムが完成】バラエティに富んだメジャー1作目『Jewel』誕生!

王子様感が板についてきたかな? と思えた「topaz」

――アルバム収録曲の中から、あえて思い出深い1曲をピックアップして教えてもらえますか?

塩﨑「やっぱり10曲目の『コトノハ』ですね。楽曲提供してくれた、さくらしめじは同期で研究生の頃からずっと一緒に遊んだりしてきたんですが、そんな彼らが今こうして活躍していて、僕らに曲を書いてくれて、それを歌えるっていうのは光栄なことです。実際にギターのレコーディング現場を覗かせてもらったんですけど、すごくこだわってくれているのが伝わってきたんですよね。なので、僕もこの曲を大切にしていきたいです」

曽野「僕は5曲目の『ジブンエール』ですね。あらかじめ曲をセレクトする段階から全員で携わらせてもらって要望も伝えつつ、メンバー5人で作詞して。みんなで作り上げた曲なので、ファンのみなさんと一緒に歌って楽しみたいと思います」

佐野「僕も同じで『ジブンエール』です。本当に自分でも好きな曲になりましたし、早くみんなの前で歌いたいです」

山中「僕が好きなのは1曲目の『Aiシャンデリア』です。アルバムの導入曲的な立ち位置ですし、テーマパークの入り口に立ったときのワクワク感があるというか。M!LKにありそうで意外となかった曲で、聴いていてもテンションが上がりますし、すごくライブ映えもすると思いますね」

吉田「難しいですが、リード曲でもある2曲目の『topaz』ですね。僕らのメジャーデビュー曲が3曲目に収録されている『Ribbon』なんですが、この曲には王子様っぽいラグジュアリーな雰囲気があって、そういうパフォーマンスをしてきたんですね。そこから1年半ほどが経って、新たにもらった曲、『topaz』にはお城っぽい空気が感じられたというか。洗練されていて、自分たちも少しは王子様として立ち振る舞いが板についてきたのかな? と。そう感じられて嬉しかった曲でもありますね。歌詞の内容もいいんですよ。これまでは、自分たちの現状を歌う内容が多かったんですが、『topaz』はしっかりとファンを導いていくような力強さと安心感があると思います。あと、トパーズは11月の誕生石で僕らの結成月と同じですからね。僕らのスタート地点を示しながら、未来を見せてくれる素敵な曲だなと感じたんです」

――この春は自身最大規模のコンサートツアー『CHECKMATE』も開催しましたが、ツアーを経て得られたものはありますか?

山中「やっぱりお客さんの声出しがOKになったのは大きかったですね。M!LKのライブは声を出し合ってこそ、その楽しさが倍増するものなんだと改めて思いました。やっぱり、大きな声援があると、僕らもテンションが上がりますから」

塩﨑「配信だとカメラを向いてパフォーマンスをしていたわけなので、それを考えると全然違いますね。本当にみんなに会えて、声を出してライブができるのがありがたいと思います」

吉田「こんなにコールって大きかったっけ? って。帰ってくる声の“圧”がすごくて、体力的には倍必要だな、なんて思ったんですよ」

曽野「意外と、みんな歌うのが恥ずかしいんじゃなくて我慢してたのかな? って思うと、なんだかみんなで歌えるのがすごく嬉しくなりましたね。そんな風に全員で一体になれる喜びを再確認できたのが大きな収穫だったと思います」

【M!LKの魅力を凝縮したアルバムが完成】バラエティに富んだメジャー1作目『Jewel』誕生!

横浜アリーナではたくさんの幸せを感じてほしい

――序盤にも話題に上がりましたが、10月22日には横浜アリーナでのワンマンライブの開催が決定しています。今の心境はいかがでしょうか?

吉田「前のツアータイトルが『CHECKMATE』に決まったときから、10月に控えている横浜アリーナでのワンマンライブに向けた決意がありましたね。そこに向けて帆を張って進んでいこうという気持ちがずっとあります」

塩﨑「アリーナ公演のタイトルが『HAPPY! HAPPY! HAPPY!』なので、文字通りライブに来てくれた人が楽しくて本当に幸せな気持ちになれるパフォーマンスにしたいと思います。そこで感じた幸せを、各々の生活に持って帰ってもらえるように頑張らなくちゃって気持ちですね」

佐野「M!lKと横浜アリーナっていう文字の並び自体が嬉しいです。そう思うと、いつも以上に楽しみになっているかもしれないですね」

山中「僕らとしては初の横浜アリーナなわけで、未経験な状態ではあるんですけど、しっかりとアリーナの舞台が似合っていると思われるコンサートにするので、絶対に遊びにきてほしいですね」

吉田「僕らとしてはドームツアーを目標としているので、1つの通過点と考えたいところですし、あまり気張っていても仕方ないんですが、今までと比べて断然にキャパが大きいですからね。世間的な注目度も上がると思いますし、アルバム『Jewel』を携えて、これからも全力で頑張っていきます」

(了)

Profile/M!LK(ミルク)●2014年11月結成のダンスボーカルグループ。佐野勇斗、塩﨑太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人の5人から成る。いろいろなものに混ざりやすく、さまざまな形状に変化することのできる “変幻自在” のユニットとして活動している。2021年11月に、ビクターエンタテインメントよりシングル「Ribbon」をリリースしメジャーデビュー。2023年6月 14日、メジャー 1st アルバム『Jewel』をリリース。10月22日に自身最大キャパとなる横浜アリーナでワンマンライブを開催する。

写真=加藤雄太
インタビュー&文=田島諒

この記事の画像一覧
  • メジャー1stアルバム『Jewel』を6月14日にリリースするM!LK
  • メジャー1stアルバム『Jewel』を6月14日にリリースするM!LK
  • メジャー1stアルバム『Jewel』を6月14日にリリースするM!LK

この記事の画像一覧を見る(3枚)

この記事を書いた人

田島 諒

田島 諒

DMRT inc.所属。コンテンツディレクター。数々のインディペンデントカルチャーメディアを経て2016年に独立。ロック全般をベースとする音楽コンテンツの制作、メディアディレクション、地域振興系メディアのエディットなどを行う。日夜チャリで渋谷を爆走する漆黒のCITY BOYとして、365日スコッチを手放さない。

Instagram:@ryotajima_dmrt

この記事をシェアする

この記事のタグ

15

12:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

【大胆な演技が話題】中﨑絵梨奈「愛って……と語ってる自分が恥ずかしい(笑)」

舞台「千と千尋の神隠し」ハク役・増子敦貴が語る作品の魅力ほか【芸能の人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

INI 田島将吾&西 洸人2ショットインタビュー 、MELOGAPPAアーティストブック制作秘話ほか【音楽の人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【佐野勇斗インタビュー】美容ルーティンも公開 疲れていても毎日必ずすることは?

大人気「友達がやってるカフェ / バー」で働く店員に話を聞いてみたら想像以上に楽しそうだった

JO1木全翔也がアイドルを目指す女子の“熱量の差”に共感 「チームで働く人に刺さる作品」

smart(スマート)公式SNS