smart Web

イクメン・つるの剛士さんも受賞!【Hello Femtechアワード2022】を実況中継!

すべての女性が自由で生きやすい世界を目指して、フェムテック・フェムケアプロジェクト「もっと話そう!Hello Femtech(ハローフェムテック)」を展開している宝島社が、去る12月12日に「Hello Femtechアワード2022」を開催しました。今年1年、フェムテックに貢献した企業やタレントに送られる「Hello Femtechアワード2022」の授賞式を始め、有識者によるフェムテックについての講演、製品を実際に見て体験できるブースなど注目コンテンツが満載。今回は、盛り上がりを見せたイベントリポートをお届けします。

Femtech,HelloFemtech,つるの剛士,バービー,潮田玲子,宝島社,Hello Femtechアワード2022

「もっと話そう!Hello Femtech」とは?

2021年12月より宝島社の女性誌11誌、男性誌2誌の計13誌でスタートさせたフェムテック・フェムケア啓発プロジェクト。フェムテックの認知度向上を目的に、長らくタブー視されてきた女性の健康問題に関わる具体的な話題を話す機会を増やすことで、女性がより活躍できる社会につなげ、ひいては男女に関係なくヒトが生きやすい社会を目指すための活動です。

「Hello Femtechアワード2022」は
つるの剛士さん、バービーさん、
潮田玲子さんが受賞

Femtech,HelloFemtech,つるの剛士,バービー,潮田玲子,宝島社,Hello Femtechアワード2022

著名人部門では、5人の子を持ち、イクメンとしても知られている、つるの剛士さん、ご自身の著書を始め、YouTubeやテレビ番組などで女性の性や健康について発信をしているバービーさん、2021年6月に女子アスリートの体の変化や生理などの課題に向き合いサポートすることを目的として『ウーマンズウェイズ』を立ち上げた潮田玲子さんの3名が受賞。

その他、サービス部門では、花王株式会社の職場のトイレにナプキンを常備する取り組み『職場のロリエ』が受賞。また、プロダクト部門では、夫婦ふたりで始める『ふたり妊活』に最適なロート製薬株式会社の『ドゥーテスト』が受賞しました。

Femtech,HelloFemtech,つるの剛士,バービー,潮田玲子,宝島社,Hello Femtechアワード2022

つるの剛士さんコメント「普段の生活の中で、男性は『女性の体調の変化を察すること』が大切なのかな、と思います。気がついたら少しでも楽になるように手伝うようにしています。女性の体調の変化に敏感でいたいと思っていても、やはり気がついて理解することはなかなか難しいですよね。女性から言ってもらえたら、男性が理解できることも増えていくんじゃないかなと思います」

Femtech,HelloFemtech,つるの剛士,バービー,潮田玲子,宝島社,Hello Femtechアワード2022

有識者による講演やトークショーを始め協賛ブースも大盛り上がり!

有識者による講演では、コロナ禍において自宅に手軽にできるPCR検査や抗原検査キットの販売を始めたICheck株式会社の「ICheckのFemtechへの取り組みー乳がん検査の新時代―」についての取り組みや、オンライン診察を行うクリニックフォアの山田光泰氏(産婦人科専門医)と株式会社コジマ 総務人事本部人事部 女性活躍・ウェルネス推進室の大野幸恵氏と野口弥生氏、SPRiNG編集長の丸山摩紗の4人が「福利厚生の新トレンド『オンラインピル処方』で変わる働き方」についてのトークショーを行うなど、フェムテックを取り巻く医療や仕事環境についてのプレゼンテーションを行いました。

そのほかにも、経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長 川村美穂氏、渋谷区役所グローバル拠点都市推進室の瀬野小枝子氏、丸紅株式会社 フェムテック事業チーム長 兼 経営企画部 国内事業推進課の野村優美氏、大塚製薬株式会社 ニュートラシューティカルズ事業部 女性の健康推進プロジェクト 家原光平の4人による『働き方アップデートーフェムテックと女性のこれから』のパネルディスカッションが行われました。

Femtech,HelloFemtech,つるの剛士,バービー,潮田玲子,宝島社,Hello Femtechアワード2022

また協賛ブースでは、旭化成ファーマ株式会社の『骨検』、株式会社アドバンスト・メディカル・ケアの『エストール』、株式会社ハナミスイの『インクリア』の紹介に来場者たちは興味津々でした。

Femtech,HelloFemtech,つるの剛士,バービー,潮田玲子,宝島社,Hello Femtechアワード2022

お土産には、生理後のしつこい残りの経血をすっきりジェル洗浄できる『インクリア』(株式会社ハナミスイ)、エストール(株式会社アドバンスト・メディカル・ケア)の『インナージェル』、骨検に関するリーフレット(旭化成ファーマ株式会社)などが配られました。快適な日常を送るために取り入れたいフェムテックアイテムが来場者の興味を引いていました。

「フェムテックなんてメンズには関係ない」という考えはもはや時代遅れ。家族やパートナーとの良好な関係性を作るため、女性も働きやすい職場を作るため、ハローフェムテックの活動は、男性も興味を持って参加することが不可欠です。性別に関係なくよりよい社会を作るために、まずは皆がフェムテックに興味を持つこと。それが、ハローフェムテックへの入り口です。

佐藤玲美

佐藤玲美

東京在住のライター・エディター。『smart』『sweet』『steady.』『InRed』など、ウィメンズ、メンズを問わず様々なファッション誌やファッション関連のwebでライター&編集者として活動中。写真集やスタイルブック、料理本、恋愛心理、インテリア関連、メンタル&ヘルスケアなどの本の編集にも携わる。独身。ネコ好き。得意ジャンルはファッション、ビューティー、インテリア、サブカル、音楽、ペット、料理、お酒、カフェ、旅、暮らし、雑貨など。

Instagram:@remisatoh

この記事をシェアする

15

08:00

smart Web の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS