smart(スマート)

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest
  • Youtube

smart 最新号

smart2023年1月号

smart2023年1月号

2022年11月25日(金)発売
特別定価¥790(税込)

smart 最新号を見る

閉じる

へそまがりスニーカー愛好家・ITOのスニーカー探訪「逸足触発」4足目:アディダス オリジナルス 「JSニューウィングス」 @ミタスニーカーズ

ストリートを中心としたファッション業界で幅広い人脈を擁(よう)する「伊藤商店」のITOさん。“へそまがりスニーカー愛好家”を自認し、他の人とは違ったニッチな目線でスニーカーを楽しむ彼に、いま気になる新作モデルを紹介してもらう不定期連載【へそまがりスニーカー愛好家・ITOのスニーカー探訪「逸足触発」】。自由な視点で探す自分だけの逸足、そして見つけた瞬間に爆発する物欲。周りと被らず、かつ個性も発揮できちゃう。そんな一足を教えます!

連載開始4回目にして、
これ以上ないくらいベタ褒め!
アディダスの
“翼が逆になったエンジェル”は
「アリです!!」

TOMMYいやはや、若干間隔が開いちゃいましたが、無事に不定期連載4回目でございます。ここまで新宿→渋谷→原宿ときましたが、今回訪れるエリアは上野! この街でスニーカーといえば、皆様ご存知の名店「ミタスニーカーズ」にやってまいりました。ITOさんはよく来るんですか?

ITO:上野は仕事で結構来るので、その度に覗(のぞ)くようにしています。僕らなんかは『Boon』世代ですし、当時から日本のスニーカー文化の中心というか震源地って、上野だったじゃないスか。

TOMMY:しかもディレクターの国井(栄之)さんといったら、日本のスニーカー・カルチャーの最重要人物の1人ですしね。上野に来て、ここに寄らないなんてスニーカーヘッズ的にはモグリですよ!

ITO:どうしたんですか? いきなり鼻息荒めで(困惑)。まぁ、僕ら世代にはマストですよね。何か目当てのモデルがあって狙っていくというワケではなく、上野のランドマークであるアメ横センタービル内という場所にあって、1階が路面店でフラフラ引き寄せられて、2階のヘッドショップでついつい長居しちゃう止まり木のようなスポット。じゃあ、早速、店内に突撃してみましょうか!

今回は2Fのヘッドショップにお邪魔! レジ裏のステッカーが貼られまくった壁にニンマりのITOさん。「めっちゃストリートっスよね、このノリが」。では、今回もテンション上げていきましょうか?

「オレは“ヘソまがりスニーカー王”になる!」と元気に両手を振り上げたITOさん。決して“もうお手上げです”という意味ではないので、あしからず。

ITO:おっ、いきなりきましたね、〈ナイキ スポーツウェア〉の「ナイキ GTS 97」!

「そうそう、コレコレ」。脳内には中学時代の思い出がフラッシュバックしていることでしょう。お値段は¥7,150

TOMMY:以前、「ビリーズ」でもこの名前は出ました。なので伊藤さんのイメージがありますね、このモデルは。

ITO:世代っスよね。僕だって、中学生のときに「GTS」の白を上履きとして履いていたんですよ。当時、ウチの中学校はカラーが白なら、どんなスニーカーを履いていてもOKって校則で。

TOMMY:上履きが〈ナイキ〉なんてイケてますね。

ITO:いやいや〜、当時は『Boon』なんかの後ろのほうに掲載されていた広告ページで安売りされているようなモデルだったじゃないですか!(苦笑)。

TOMMY:そうそう、「イトーヨーカドー」や「オリンピック」のようなスーパー、量販店でも売られていて、しかもセールにかかったりしていたのを思い出しました。

ちょっと気分を変えて、物陰からパパラッチ風に隠し撮りするも気づかれる。「今回、もうコレでよくないスか?」。もちろんダメです(笑)。

ITO:テニスシューズなんだけど、なんかイイんスよね。シンプルなデザインに小さなスウッシュといい、すべてが控えめで。ちなみに通学靴は〈ハルタ〉のローファー。なので、周囲と差をつけるポイントだったんですよ、上履きが。

TOMMY:それだと室内での体育の授業で、結構スペックの差が出ちゃいませんか?

ITO:大丈夫ですよ、体育の授業ではまた運動用の室内履きに履き替えていたんで。あの頃は¥5,000以下で買えたんだけど、今だと(税込み¥7,150と記されている値札を見つつ)……あんまり変わんないっすね(笑)。それで、こっちが同じく〈ナイキ〉で「ダンク ロー」。今や「エア・フォース1」を超えるほどの人気を誇る定番ですが、最近は落ち着いてきたっぽいですね。しかもコレはウィメンズモデルですか。

「いや、人気なのは分かるんスよ、『ダンク』が」。好みではなくともしっかりチェックする抜け目のなさ。お値段は¥12,100

TOMMY:伊藤さんだとクレイジーパターンのモデルを履いていた記憶がありますが、これはモノトーンで合わせやすそうですね。

ITO:そうスね。個人的にはスニーカーは派手でなんぼっていう感覚があるから、もっと飛ばしている感じだけど、実用性は高そう。その点、この〈リーボック〉の「ビートニック モック」なんかは、たまらないっスね。絶妙な“コレジャナイ感”に心惹かれるっていうか。ベースモデルの「ビートニック」ですら、“90年代に欲しくても買えなかった勢”のオジさんしか復刻を喜ばなかったのに、さらにそのアップデート版ですよ?

TOMMY:でもほら、特徴的なセンターシームやリップルソールは継承していますしね。

「デザインもですが、この色もヤバくないですか⁉」。目は笑っていませんが、マスクに隠された口元は微笑んでいます。お値段¥16,500

ITO:どうせなら、この勢いに乗って「ビートニック JPE」も復刻してもらいたいっスね。同じようにブーツライクで、2ホールのシューレース仕様なんですが、〈クラークス〉の「デザートトレック」みたいでイイんですよ! リーボックさん、復刻する際は僕にカラー提案させてください!

TOMMY:この公開ラブコールも、もはや毎度のお約束になってきました(笑)。皆様、ぜひ! ……で、話を戻しますが、今回改めて驚いたのが〈パトリック〉の品揃えですよ。

こちらの〈パトリック〉の品揃えはエリア随一と思われます(編集部調べ)。「やっぱ時代はミュールですよ」。お値段は¥14,300

ITO:これだけ揃っているということは一定層のファンがいるんでしょうね。小綺麗なオジさまとか。渋谷や原宿では、あまり履いている人を見かけませんが、上野という街にはなんか似合うんよスね。この「ブロンクス ミュール “メイド・イン・ジャパン“」なんて特に、お父さんの散歩靴に最適。これはプレゼントにも良さそうっスね。

TOMMY:そして、ITOさん注目の〈プーマ〉も。

ITO:今年は、この「スウェード ヴィンテージ」のように、一見普通の定番モデルだけど“よく見たらこだわってる感じ”のノリがマジでイイと思います。〈ジョウンド〉ともコラボしますし、感度の高い人はチェックしています。でもなぁ〜、どうしようかなぁ……って、コレいいかも!

「いいんスよ、こういうので」と、まるで『孤独のグルメ』の井之頭五郎のようなセリフをボソリと。お値段は¥11,000

“逸足触発”な4足目は
アディダス オリジナルス
「JSニューウィングス」
¥25,000

「こんな風にシレッと復活しているから、怖いですよね」。何が怖いのか分かりませんが、落語の『まんじゅう こわい』的な意味合いかと。

TOMMY:〈アディダス オリジナルス × ジェレミー・スコット〉の「JSニューウィングス」ですね。2003年にデビューし、2015年まで展開されていたあのコレクションが、昨年6年ぶりの復活! いやぁ〜当時は一世を風靡(ふうび)しましたよね。

ちょっとあおって写真を撮る筆者に対して、「なんで下からなんスか⁉」と『一日外出録 ハンチョウ』の沼川的ツッコミを入れるITOさん。

ITO:マジでめちゃめちゃ流行ったじゃないですか、ジェレミーアディダス。あのぬいぐるみがついたモデルなんてインパクト抜群でしたよね。ゴリラ、プードル、パンダとか(笑)。これは復刻になるんスかね? あれ、でもオリジナルモデルとちょっと違う……? ベースモデルが「フォーラム」なのは変わりませんが、なんかアンクルストラップが「エア・フォース1」のように脱着できる仕様になっているし、そもそもウィングってこんなところにありましたっけ?

まずはオーソドックスな位置からワンショット。オールブラックということもあってかウィングパーツが普通に馴染んでいます。

斜め後ろからバックビューを。アンクルストラップがバックタブを貫通しているのが一目瞭然。要は、取り外し自由ということです。

シュータン部分には、ブランドの象徴であるトレフォイルが鎮座(ちんざ)。この白が絶妙なアクセント効果を発揮します。お値段は¥25,000

TOMMY:そうなんです! オリジナルモデルの「ウィングス 1.0」は、甲部分のシューレースホールにウィングパーツを取り付ける仕様でしたが、こちらはアッパーのアンクルサイドに一体化。しかも前方に向かって翼を広げるようになっています。これに気付くとは、さすがだなぁ!  そういえばこの連載でピックアップしたモデルを見ていると、“伊藤さんはハイカットを選びがち”説が浮上します。

ITO:やっぱりショーツを履いていると、バランス的にボリューミーなモデルが調子イイってのはあるかもっスね。じゃあ、今回はコレでいきましょう! ちょっと履いてみましょうか。

恒例の試し履きタイム! この日は〈ニューバランス〉のミュールタイプを履いてきていたので、脱ぎ履き楽チンです♪

履き終えた自分の足を見下ろして一言。「……へぇ〜」。ちょっと、良いの? 悪いの? どっちのリアクションなんですか⁉

ITO:めっちゃイイじゃないスか。履き方的にはシューレースを結ばずユルめに通して、ベルクロだって留めないで垂らす感じがオススメ。スウェットパンツをインして合わせるのも良いと思いますし、くるぶし丈のパンツなんかでも面白いんじゃないっスかね。オリジナルモデルでは、やりすぎ感から敬遠していたウィングパーツが前後逆に装着されていることで、シルエット的にも悪目立ちせず、意外に馴染みますね。

「……めっちゃイイじゃないスか」とご満悦のITOさん。色鮮やかな水色のショーツにも負けない存在感で、今にも飛んでいきそう!

TOMMY:たしかにあのインパクトがありすぎた翼の主張が、オリジナルに比べると薄まっていますよね。

ITO:僕なんかは、いっそ前後逆でガルウィングのように主張してほしいところではありますが(笑)。ちょっとモード系にもイケるし、色んなジャンルのスタイルに合いそう。もし普通の子がこれを履いていたら、スレ違う瞬間に2度見しますね、確実に。それだけ攻めたシューズではあると思いますよ。

レイザーラモンRGさんのキモ撮り風にいってみましょうか! 「こんな感じっスか?」とキメポーズ。なんか違う気がしますが、概(おおむ)ね合っているので、良しとしましょう。

TOMMY:お気に召していただけたようで、何よりです!

ITO:羽根を休めているイメージなのか、オリジンの再解釈なのかはさて置き、キャッチコピーを付けるなら”翼が逆になったエンジェル”。クセを抑えつつモード感は残すように、今っぽくアップデートしてくれているんですよ。これはアディダスサイドがPRをしっかり頑張ったら、もっと売れると思いますね。それだけの実力と魅力を秘めたモデルと断言できるかなと。

(了)

今回お邪魔したのは……
「ミタスニーカーズ」

ミタスニーカーズ
(住所)東京都台東区上野4丁目7−8 アメ横センタービル 1F・2F
(電話番号)03-3832-8346
(営業時間)11:00〜19:30  (土・日・祝)10:00〜
(定休日)第三水曜日

Profile/ITO(伊藤忠宏)
2008年に古着屋「T」を高円寺にオープン。ストリートに根ざしたセレクトが話題を呼ぶ。その後、渋谷に移転し、ミュージシャンやファッション業界人などにもファンを拡大。現在は古着や、自身が手がけるヘッドウェアブランド〈ギーク〉などをセレクトした、遊び半分のウェブショップ「伊藤商店」を運営。さらに不定期でポップアップストアも開催している。
ITO公式HP
ITO公式インスタグラム

撮影・聞き手・文・構成=TOMMY

この記事をシェアする

17

21:00

smart の
記事をシェア!

この記事をシェアする

関連記事

smart(スマート)公式SNS